日本において、バブル崩壊からの知見はなかったのでしょうか? アメリカでおこっていることは、日本で起こったことのよりひどい事例のようにしか見えません。政策的にどのようなのが効果的かという議論はないのでしょうか? 

過剰流動性が発生した場合しても、投資対象が存在しないなら、問題ないようにも思えます。また、今回のサブプライムのようにバブルが発生しないようにすることはできないのでしょうか? もしくは、意図的にバブルやりたい放題の経済活動をつくりその中でやるようにするというのはないのでしょうか?
このあたりの議論をつめて考えているアカデミックな論文などの情報ありましたら、お願いします。意見をもとめているわけではなく、リファレンスをもとめているのでよろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/09/15 21:46:16
  • 終了:2008/09/22 21:50:03

回答(2件)

id:guskonbudori No.1

guskonbudori回答回数113ベストアンサー獲得回数42008/09/15 22:26:35

ポイント35pt

世界の多極化に向けた一連の動きと、その背後にあるアメリカ金融資本と政権内部の暗闘のシッポを掴んできては起こっていることのライトモチーフを描きだそうとしてきた田中宇の仕事(国際ニュース解説)は一読のものあると思います。


・世界金融危機のおそれ(2007年8月6日配信)

 http://tanakanews.com/070806crisis.htm


・広がる信用崩壊(2007年8月21日配信)

 http://tanakanews.com/070821credit.htm


・ドルは歴史的役目を終える?(2007年11月6日配信)

 http://tanakanews.com/071106dollar.htm


・サブプライム危機の再燃(2007年11月13日配信)

 http://tanakanews.com/071113subprime.htm


・イギリスの凋落(2008年1月15日配信)

 http://tanakanews.com/080115UK.htm


・隠れ多極主義の歴史(2008年4月27日配信)

 http://tanakanews.com/080427multipole.htm


・覇権の起源(2008年8月14日配信)

 http://tanakanews.com/080814hegemon.htm

 

・覇権の起源(2)ユダヤ・ネットワーク(2008年8月29日配信)

 http://tanakanews.com/080829hegemon.htm

・覇権の起源(3)ロシアと英米(2008年9月3日配信)

 http://tanakanews.com/080903russia.htm

・リーマンの破綻、米金融の崩壊(2008年9月15日配信)

 http://tanakanews.com/080915Lehman.htm

id:matsuda158 No.2

matsuda158回答回数38ベストアンサー獲得回数02008/09/17 03:28:59

ポイント35pt

まったくちがいますね。http://www

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません