高校化学の学習計画をテキストベースで立ててください。

全くの未習から始めて、どの大学の入試にも対応できるくらいのレベルまでです。
計画は時間的な無駄がなく、なおかつ進度として無理のない確実なものにしてください。
また、自分は社会人ですから、学校の授業は受けられません。尚、自分なりに手元にそろえた
テキストは以下のものですが、必ずしもこれらを使用する必要はありません。
『センサー化学(啓林館)』『チャート式・新化学』『新化学入門(駿台)』『化学(教科書/啓林館)』
よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/09/19 10:46:55
  • 終了:2008/09/19 23:18:42

ベストアンサー

id:yuki333zityo No.1

yuki333zityo回答回数719ベストアンサー獲得回数132008/09/19 21:44:43

ポイント180pt

自分は高2のこの時期くらいまで、全く勉強していませんでした。それで、10月の半ばくらいから化学の受験勉強をし始めていきました。これから説明していくのは、自分のやり方です。

まず用意するものですが、問題集とテキストと資料集です。

http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32035750

この「資料集」というのは、理解する上で非常に役立ちます。↑に自分が使っていたのと同じタイプのものを載せておきます。特別に上の資料集が良いというわけではありません。写真が貼ってあり、カラー見やすいものならどれでもよいと思います。(写真も何も貼っていなく、文字だけのようなものはオススメしません!読む気が失せます!)

化学を学んでいくと、とても抽象的な表現がいくつも現れます。「これを加えると○○色に変化します」みたいな感じで。そういう風に文字を読んで覚えるよりも、実際の写真を見た方が頭に入りやすいですし、楽しいです。なので、資料集はオススメです。

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31611855

さて、問題集ですが、一番やってはいけないこと、それは問題集を何種類も使ってしまうことです。どれか「これだ!」と決めた一つの問題集をやり込み、もう完璧だ!と思ったら、それよりも難しめの問題集に挑戦する、というのがベストです。上に自分が使っていたものを載せておきます。もちろん、これでなくてはダメというわけではないです。

テキストは、今持っているものを使いましょう。あまり古すぎるものでなければ、正直どれでもOKです。4つもあるのだから、1つベースにするものを決め、それで理解できないなら他のものも読んでみる、というのが良いかもしれません。読んでみて、一番「楽しい」と感じたものをお使いください。

さて、まずは基礎からやっていきます。最初の三ヶ月で、化学に慣れましょう。最初に第Ⅰ章の「物質の構成」をやってみましょう。物質には混合物と純物質があるということ、ではその混合物を純物質に分離するのはどんな方法があるのか。そして純物質には単体と化合物があること、などなど。とりあえず、化学とはどんなことを学ぶのか、物質とは何なのか、少しずつ理解していってみてください。それが終わったら原子とは何なのか、その原子はどんな構造をしているのか。原子の中に電子と陽子と中性子が存在するということ。そして「化学結合」と呼ばれる、様々な結合が存在する事。それらの結合の特徴、そして、物質量「mol」やmol濃度、密度の計算などなど、第Ⅰ章だけでかなりのボリュームです。今僕がダラダラと書き綴った内容が、全て理解できるくらいまでテキストを読んだり問題集をこなしましょう。初めて化学を勉強するとなると、やはり三ヶ月くらいはかかってしまうかと思います。最初は時間をかけていいから、まずは慣れます。テキストを見つつ、資料集を見つつ。そして、テキストと資料集だけでわからなければ、インターネットで調べることだって出来ます。wikipediaや2ちゃんねる、もちろん「はてな」だって構いません。びっくりするくらいインターネットは武器になります。自分もwikipediaにはお世話になりました。

それで第Ⅰ章が終わったら、周期表を覚えていってください。水素からカルシウムまでは覚えましょう。

ここまでが全ての基盤となります。そのあと、いよいよ第Ⅱ章に入っていきます。化学反応式の作り方、その反応式のそれぞれの係数にはどんな意味があるのか、そして化学の基本法則など。はっきりいって、ここから先は、テキストを読んでは問題を解き、テキストを読んでは問題を解きの繰り返しです。第Ⅱ章を3ヵ月、第Ⅲ章を1ヶ月、第Ⅳ章を2ヶ月、第Ⅴ・Ⅵ章をまとめて3ヶ月。そこから2ヶ月間、今までやってきた問題をもう1度解き直し、その後1ヶ月間第Ⅶ章をする。残り2~3ヶ月は赤本&応用問題をひたすら解く。そして暗記する分野を何回も復習する。

という感じです。

他の科目と同時に学習していくとなると、これでもかなりきついです。もちろん上の○ヶ月というのは目安であり、自分で大丈夫だと思ったらどんどん進んでいって構いません。とにかく、問題を重ねることが大事。テキストで基礎を身につけ、問題集で応用力をつける。これをベースにしてみてください。

と、こんなに時間をかけながら上手くアドバイスできなくて申し訳ない。m(__)m 

学習計画を経てるのは初めてで、すごい曖昧な感じになっちゃいました。わからないことがあったらコメントに書いてください。自分にできるのはそれくらいです・・・。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。

id:massa-will

こんなに丁寧な回答をいただき、恐縮です。

考えていた以上のことを要求した結果になってしまいました。すみません。

自分としては『テキストA』→『テキストB』→・・・→『テキストX』

といった簡単なものを想像していました。。。m(__)m

ところで、導入本で何か薦めていただけるものはありませんか?

2008/09/19 22:19:16

その他の回答(1件)

id:yuki333zityo No.1

yuki333zityo回答回数719ベストアンサー獲得回数132008/09/19 21:44:43ここでベストアンサー

ポイント180pt

自分は高2のこの時期くらいまで、全く勉強していませんでした。それで、10月の半ばくらいから化学の受験勉強をし始めていきました。これから説明していくのは、自分のやり方です。

まず用意するものですが、問題集とテキストと資料集です。

http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32035750

この「資料集」というのは、理解する上で非常に役立ちます。↑に自分が使っていたのと同じタイプのものを載せておきます。特別に上の資料集が良いというわけではありません。写真が貼ってあり、カラー見やすいものならどれでもよいと思います。(写真も何も貼っていなく、文字だけのようなものはオススメしません!読む気が失せます!)

化学を学んでいくと、とても抽象的な表現がいくつも現れます。「これを加えると○○色に変化します」みたいな感じで。そういう風に文字を読んで覚えるよりも、実際の写真を見た方が頭に入りやすいですし、楽しいです。なので、資料集はオススメです。

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31611855

さて、問題集ですが、一番やってはいけないこと、それは問題集を何種類も使ってしまうことです。どれか「これだ!」と決めた一つの問題集をやり込み、もう完璧だ!と思ったら、それよりも難しめの問題集に挑戦する、というのがベストです。上に自分が使っていたものを載せておきます。もちろん、これでなくてはダメというわけではないです。

テキストは、今持っているものを使いましょう。あまり古すぎるものでなければ、正直どれでもOKです。4つもあるのだから、1つベースにするものを決め、それで理解できないなら他のものも読んでみる、というのが良いかもしれません。読んでみて、一番「楽しい」と感じたものをお使いください。

さて、まずは基礎からやっていきます。最初の三ヶ月で、化学に慣れましょう。最初に第Ⅰ章の「物質の構成」をやってみましょう。物質には混合物と純物質があるということ、ではその混合物を純物質に分離するのはどんな方法があるのか。そして純物質には単体と化合物があること、などなど。とりあえず、化学とはどんなことを学ぶのか、物質とは何なのか、少しずつ理解していってみてください。それが終わったら原子とは何なのか、その原子はどんな構造をしているのか。原子の中に電子と陽子と中性子が存在するということ。そして「化学結合」と呼ばれる、様々な結合が存在する事。それらの結合の特徴、そして、物質量「mol」やmol濃度、密度の計算などなど、第Ⅰ章だけでかなりのボリュームです。今僕がダラダラと書き綴った内容が、全て理解できるくらいまでテキストを読んだり問題集をこなしましょう。初めて化学を勉強するとなると、やはり三ヶ月くらいはかかってしまうかと思います。最初は時間をかけていいから、まずは慣れます。テキストを見つつ、資料集を見つつ。そして、テキストと資料集だけでわからなければ、インターネットで調べることだって出来ます。wikipediaや2ちゃんねる、もちろん「はてな」だって構いません。びっくりするくらいインターネットは武器になります。自分もwikipediaにはお世話になりました。

それで第Ⅰ章が終わったら、周期表を覚えていってください。水素からカルシウムまでは覚えましょう。

ここまでが全ての基盤となります。そのあと、いよいよ第Ⅱ章に入っていきます。化学反応式の作り方、その反応式のそれぞれの係数にはどんな意味があるのか、そして化学の基本法則など。はっきりいって、ここから先は、テキストを読んでは問題を解き、テキストを読んでは問題を解きの繰り返しです。第Ⅱ章を3ヵ月、第Ⅲ章を1ヶ月、第Ⅳ章を2ヶ月、第Ⅴ・Ⅵ章をまとめて3ヶ月。そこから2ヶ月間、今までやってきた問題をもう1度解き直し、その後1ヶ月間第Ⅶ章をする。残り2~3ヶ月は赤本&応用問題をひたすら解く。そして暗記する分野を何回も復習する。

という感じです。

他の科目と同時に学習していくとなると、これでもかなりきついです。もちろん上の○ヶ月というのは目安であり、自分で大丈夫だと思ったらどんどん進んでいって構いません。とにかく、問題を重ねることが大事。テキストで基礎を身につけ、問題集で応用力をつける。これをベースにしてみてください。

と、こんなに時間をかけながら上手くアドバイスできなくて申し訳ない。m(__)m 

学習計画を経てるのは初めてで、すごい曖昧な感じになっちゃいました。わからないことがあったらコメントに書いてください。自分にできるのはそれくらいです・・・。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。

id:massa-will

こんなに丁寧な回答をいただき、恐縮です。

考えていた以上のことを要求した結果になってしまいました。すみません。

自分としては『テキストA』→『テキストB』→・・・→『テキストX』

といった簡単なものを想像していました。。。m(__)m

ところで、導入本で何か薦めていただけるものはありませんか?

2008/09/19 22:19:16
id:yuki333zityo No.2

yuki333zityo回答回数719ベストアンサー獲得回数132008/09/19 22:39:30

ポイント20pt

http://www.amazon.co.jp/%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%97%E3%82%84%E3%...

↑の「理解しやすい」シリーズはオススメです。自分は「理解しやすい数学ⅢC」というのを使っていたのですが、なかなかわかりやすかったです。もし今持っているテキストが導入本にならなさそうなら、これはオススメです。

http://www.amazon.co.jp/review/product/4062573342?filterBy=addFi...

amazonですごい好評価を受けているものがあったので、紹介しておきます。マンガで化学を始めるので、もしかしたら上の本より、導入本としては良いかもしれませんね!どちらにせよ、マンガで勉強に興味を持ち始めるというのは素晴らしいことだと思います。

id:massa-will

マンガもよさそうですね。ありがとうございます。

また、初めのほうの回答は今後の勉強にとても役立ちそうです。

いま一度、ありがとうございます。

2008/09/19 23:16:43
  • id:yuki333zityo
    yuki333zityo 2008/09/19 18:17:41
    自分も、受験では化学を使いました。(物理がサッパリだったので、理科は化学一本でいくしかなかった・・・orz。)

    まず、試験をいつ受けるかです。2009年の入試を受けるのか、それとも2010年の入試を受けるのか。来年(2009年)のものを受けるとなると、どの大学の入試にも対応できるレベルに達するのは厳しいと思われます。2010年の入試を受けるのなら、1年半くらい期間がありますから、だいぶ高いレベルを目指していけるはずです。(といっても、かなり努力が必要です。)

    どちらの年を受ける予定でしょうか。
  • id:massa-will
    2010または2011年です。2010年は荒削りでも受けられる状態をつくっておきたいという
    年として考えています。でも、もちろん受かりたいです。数学に詳しいyuki333zityoさんが
    物理不得意とはとても意外です。自分は理科を2科目選択しなければなりませんが、まだ、
    生物と物理を決めかねています。yuki333zityoさんが苦手となれば、物理に少しびびって
    しまいます。。。
    ともかく、回答を待っております。お願いします。
  • id:yuki333zityo
    yuki333zityo 2008/09/19 19:40:24
    1年半あれば、大丈夫そうですね!とりあえず、2010年に受けると考えて回答してみます。

    物理はダメでした~。速度や加速度の問題はなんとか出来るんですけど、他の分野は崩壊してました。でも物理も楽しそうだから、いつか学び直したいって思ってます。

    ちなみに、

    (計算問題):(知識問題)

    の比率は、

    物理→10:0

    化学→5:5

    生物→1:9

    くらいのようです。ですから、暗記が得意なら生物、思考問題を得意とするなら物理を選んだ方が良いかなって思います。これはあくまで参考程度で!

    ちなみに、自分も化学と物理、どちらを使うか迷いました。なぜかって、どっちも苦手だったから!それで、まだ化学の方が物理よりできたので、化学を選択したわけです。

    それでも、友達の中には「物理の方が化学より簡単」という人もたくさんいますし、それは人それぞれだと思います!物理と生物も軽くやってみて、面白そうだなって思った方を選ぶのも手かもしれません。
  • id:massa-will
    「参考程度」でも、とても参考になります。ありがとうございます!
  • id:idetky
    参考書の方は、yuki333zityoさんが薦めてくださっているので、勉強の方針について書かせていただきます。

    どの程度の大学に進学希望なのかわかりませんが、
    「どの大学の入試にも対応できるくらいのレベル」ということで
    東大に対応できるようなレベルの話をします。

    (1)有機化学

    ノートを1冊用意し、各章ごとの勉強が終了したら、見開き左側のページに、
    自分なりに各章ごとのまとめを書きます。
    まとめ終わったら各章に関する問題を解き、
    新たに得た知識・間違って覚えていた知識・新しい着眼点を右側に書いてゆきます。

    こうして基本的な参考書と問題集を通じで出来上がったノートは貴方の
    「基本ノート」です。
    基本ノートを作成したら、読み返してあやふやなところだけを自分なりにまとめた
    「基本ノート2」を作っても良いと思います。

    次に新しいノートを用意し、高度な問題集を解きはじめます。
    やはり各章ごとに新しい知識や、間違って覚えていた知識、新しい着眼点を、
    ノートの左側に書き留めてゆきます。
    そして最後に受験校レベル・及びそれ以上の問題集および過去問を解きます。
    その時に得た知識をノートの右側に書き付けて行き完成したものが、
    「受験用ノート」です。

    あとは受験用ノートに追加したり、
    受験用ノートの中でいまだあやふやな知識を自分なりにさらにまとめて、
    「精鋭ノート」を作成します。

    ここまで作れば完璧です。


    次に各分野の学習方法です。

    (2)無機化学
    これはひたすら暗記です。どんなに下らない暗記本でもかまいませんので、
    とりあえず基本は全て暗記してください。
    一通り暗記したら、自分なりの反応表をまとめて作ってください。
    あらゆる金属イオンに関して、どのような反応が問題に出るのか、
    一目でわかるように表にし、それを暗記します。


    (3)理論化学
    基本的な知識については暗記する必要がありますが、
    後は計算です。計算と言っても「物質やエネルギーの状態」を意識した計算が必要になります。
    そこらへんの所に注意して、「何が大切なのか」を意識しながら問題をこなし、
    有機化学と同様にノートを作成してゆけば、
    きっと合格点にたどり着けるでしょう。。

    頑張ってください!
  • id:massa-will
    終了後にもかかわらず、アドバイスを寄せていただきました。
    真っ先にまずお礼を申しあげます。ありがとうございます。
    志望校は東大で大丈夫です。ひとりで勉強を進めていくなかで、本当にこの計画で大丈夫なのか、
    学校や塾に通ってすら難しいことを自分ひとりで達成できるのか、しかも短期間で。。。
    そんな思いのなかで、いただけるアドバイスは大変に貴重です。年内は数学に集中するとして、
    来年から化学を始めるつもりでいます。いただいたアドバイスは大事に取り入れていきたいです。
    重ねて、ありがとうございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません