「抗体」と「免疫」がなんかイメージ似てて混同します。どのように把握すればいいでしょう。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/09/23 19:25:56
  • 終了:2008/09/24 13:11:19

回答(5件)

id:gu252525 No.1

gu252525回答回数24ベストアンサー獲得回数02008/09/23 19:41:21

ポイント20pt

「抗体」、、、物

「免疫」、、、行動

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:hisyo_ro No.2

hisyo_ro回答回数25ベストアンサー獲得回数42008/09/23 19:42:33

ポイント20pt

免疫とは・・・

生命そのものを脅かす変質した「自己(ガン細胞など)」を攻撃・殺傷・排除して「疫病(病気)を免れる」働きのこと

http://www.menekiplaza.com/meneki.html


抗体とは・・・

抗体は私たちの免疫細胞がつくる蛋白物質です。

http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_sippei/8alenanbyou/allergy/al...


つまり

免疫=外的と戦う仕組み、働き自体の事。

抗体=外的と戦うための道具、武器のような物。


と、捕らえられると思います。

id:toukadatteba No.3

toukadatteba回答回数155ベストアンサー獲得回数42008/09/23 19:43:52

ポイント20pt

抗体<免疫

と覚えましょう。免疫というシステムの中に抗体はあるのです。

なので、免疫という大枠の中に抗体があるのですよ~。

もっといえば、免疫システムというのが作動するために抗体が必要といえます。

どうでしょ?わかりやすいといいのですが・・・。

ここなんかわかりいいですよ^^同じことを考える人もいるのですね~。

http://questionbox.jp.msn.com/qa1699651.html?StatusCheck=ON

id:kiryu113 No.4

kiryu113回答回数103ベストアンサー獲得回数32008/09/23 19:50:54

ポイント20pt

こちらは如何でしょうか

免疫について、簡単に説明がなされています

http://www.menekiplaza.com/sikumi.html


つまるところ、

体内への侵入者を倒す仕組み全体が、【免疫】

体内への侵入者を倒す仕組みの過程で作られる、攻撃用の道具が、【抗体】

という考えでいいと思います

id:rsc96074 No.5

rsc回答回数4388ベストアンサー獲得回数4022008/09/23 21:47:15

ポイント20pt

 簡単にいえば、「免疫」系には、いくつかあって、その中の1つに「抗体」があるということです。

■体外から進入・体内で発生した異物への攻撃方法は2つに分類されます。

 ●直接攻撃:異物に対して免疫細胞による直接攻撃。

      ・顆粒球(主に好中球)

      ・マクロファージ

      ・リンパ球(T/キラー細胞、NK/ナチュラルキラー細胞)

 ●間接攻撃:異物に対して作られる免疫物質による攻撃。

      ・サイトカイン(トランスファー因子、インターロイキン、TNFーα、インターフェロンなど)

      ・抗体(免疫グロブリン)など。

http://www.menekiplaza.com/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません