1222173835 このブサイクな生き物の正式名称、生態その他もろもろの情報を下さい。


また、もしこのブサイクな生き物に和名がなかった場合、私が「ハナデカヌルブサイク」と命名したいのですが、どう手続きをすれば和名として命名できますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/09/23 21:43:57
  • 終了:2008/09/28 10:14:04

ベストアンサー

id:jo_30 No.1

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532008/09/23 23:16:38

ポイント34pt

ウラナイカジカの一種だそうです。深海魚なので、普段は水圧を跳ね返すための体内圧力があるため、地上にでてふくれあがっていますが、水中ではおたまじゃくし様の姿をしているようです。

ニュージーランドの深海、深さ1,013mから1,340mの間で2003年に見つかった深海魚でウラナイカジカ科 の一種らしいです。

2003年発見の新種のようなので、ひょっとしたらまだ和名は無いかもしれませんね。


なお「和名の命名」に関して言いますと、こんな説明がありました。

新種と名前

 人と自然の博物館では,生物の多様性を調べるため国内や国外で幅広く自然史資料の収集をおこなっています(下図)。集められた資料は,地域の動植物誌の作成や特定の生物群についての分類学的研究などに利用されますが,その過程で見つかるのが「新種」とよばれるものです。

 新種を野外で発見すること自体は,それほど難しいことではありません。キノコやごく小さな昆虫の仲間のように,まだあまり研究の進んでいないものでは,野外で一日採集すれば10以上見つかることもあるそうです。もっとも大変な作業は,新種を見つけることではなく,自分の採ったものがまさしくこれまでも報告したことのない,新しい種であることを確認することにあります。だからという訳ではないでしょうが,新種を学会に報告する人には,自分で名前(学名や和名)をつけられるという特典があります。学名の付け方には「国際命名規約」という厳格な定めがありますが,和名にはこのような規則はなく,好き勝手につけてもかまいません。そうはいっても,あまり変な名前をつけると誰も従ってくれないのは,どの世界でも同じです。

要約すると

学会発表する必要がある。

・その際に学名はともかく和名は勝手につけても構わない(つまり公式なものでない)

・逆に言えば公式でないだけに、他の人も従う義務はない

ということのようです。

「ハナデカヌルブサイク」に関して言いますと、「命名」はできるかもしれませんが「定着」については難しいという感じでしょう。「○○カジカ」ぐらいにとどめておくのが無難だと思います。

id:motsura

ありがとうございます!!

では「ヌルブサカジカ」でどっかで言いふらそうと思います。

2008/09/23 23:44:05

その他の回答(2件)

id:jo_30 No.1

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532008/09/23 23:16:38ここでベストアンサー

ポイント34pt

ウラナイカジカの一種だそうです。深海魚なので、普段は水圧を跳ね返すための体内圧力があるため、地上にでてふくれあがっていますが、水中ではおたまじゃくし様の姿をしているようです。

ニュージーランドの深海、深さ1,013mから1,340mの間で2003年に見つかった深海魚でウラナイカジカ科 の一種らしいです。

2003年発見の新種のようなので、ひょっとしたらまだ和名は無いかもしれませんね。


なお「和名の命名」に関して言いますと、こんな説明がありました。

新種と名前

 人と自然の博物館では,生物の多様性を調べるため国内や国外で幅広く自然史資料の収集をおこなっています(下図)。集められた資料は,地域の動植物誌の作成や特定の生物群についての分類学的研究などに利用されますが,その過程で見つかるのが「新種」とよばれるものです。

 新種を野外で発見すること自体は,それほど難しいことではありません。キノコやごく小さな昆虫の仲間のように,まだあまり研究の進んでいないものでは,野外で一日採集すれば10以上見つかることもあるそうです。もっとも大変な作業は,新種を見つけることではなく,自分の採ったものがまさしくこれまでも報告したことのない,新しい種であることを確認することにあります。だからという訳ではないでしょうが,新種を学会に報告する人には,自分で名前(学名や和名)をつけられるという特典があります。学名の付け方には「国際命名規約」という厳格な定めがありますが,和名にはこのような規則はなく,好き勝手につけてもかまいません。そうはいっても,あまり変な名前をつけると誰も従ってくれないのは,どの世界でも同じです。

要約すると

学会発表する必要がある。

・その際に学名はともかく和名は勝手につけても構わない(つまり公式なものでない)

・逆に言えば公式でないだけに、他の人も従う義務はない

ということのようです。

「ハナデカヌルブサイク」に関して言いますと、「命名」はできるかもしれませんが「定着」については難しいという感じでしょう。「○○カジカ」ぐらいにとどめておくのが無難だと思います。

id:motsura

ありがとうございます!!

では「ヌルブサカジカ」でどっかで言いふらそうと思います。

2008/09/23 23:44:05
id:hokuraku No.2

hokuraku回答回数529ベストアンサー獲得回数972008/09/23 23:24:20

ポイント28pt

http://weblog.greenpeace.org/makingwaves/archives/2006/11/blobfi...

写真のお魚はblobfishと呼ばれているもので、深海魚の一種のようです。


環境保護団体グリーンピースのブログによると、質問の写真の下のものは2003年7月にニュージーランドの北西、Norfork Ridgeの深さ1013~1340mのところで捕らえられたものの写真のようです。


さて、blobfishを検索すると、日本語でもいくつかページが出てきます。

UMAファンさんによると、ウラナイカジカの仲間だとの事です。

また、釣絶!魚ゲノムさんの分類を見る限り、ウラナイカジカ科ウラナイカジカ属に属し、Psychrolutes marcidusという学名がつけられているようですが和名は付けられてなさそうです。


なお、魚類の和名の命名については、日本魚類学会にて標準和名検討委員会というのが開催され、国内での共通語としての標準和名については検討されているようですので、広く一般に用いられる和名として名づけたいのであればそちらにご提案されてはいかがでしょうか。


blobfish、Youtubeでも出てるみたいですね。




質問者さんへの3つのお願い

※先日より、回答にはこのリンクをつけることにしました。よろしかったら一度ご覧になってください。

id:motsura

ありがとうございます。

youtubeにも沢山出てますよね。あんまりにもブサイクでインパクト強いんですよね。

質問が変わっちゃいますが、もし、このブサイクの他の画像があったらURL教えて下さい!

ポイント進呈します。

2008/09/24 15:01:17
id:choco-latte No.3

choco-latte回答回数186ベストアンサー獲得回数22008/09/25 11:32:05

ポイント18pt

ヌルブサカジカ 気に入りました!

気になっちゃって眠れなくなりそうで探しちゃいました

http://museumvictoria.com.au/marine/index.aspx?page=1&img=mn0125...

http://www.thejump.net/id/blobfish.htm



でもやっぱり正面からのブサ面が一番ですね。

id:motsura

1枚目のは初めてみたアングルでしたー

いいですねー、ふてぶてしくて!!

2008/09/25 11:38:15
  • id:hokuraku
    すいません、回答を書いているうちにjo_30さんの回答が入ってました…。
    jo_30さんの回答で十分でしたら、当方の回答はオープンしなくても結構です。
  • id:jo_30
    (><)hokurakuさんの回答のクオリティに目が眩んでます…。
    もっと精進しなくちゃ……。


  • id:hokuraku
    いえ、私のなどjo_30さんのものに比べると劣るとも勝らない…です。
    特に和名については「基本的に勝手につけちゃっていい」というのは、標準和名云々の前にまず断っておくべきことでした。
    和名は「言ったもん勝ち」なので、今のところ和名がないのをいいことにあちこちで「ヌルブサカジカ」を言いふらして既成事実化してしまうのが標準和名獲得への近道かもしれません。


    ついでなので、blobfishの生態について、「blobfish」+「ecology」で検索した結果を要約しますと、

    ・深さ600~1200mほどに棲む底生生物
    ・生息域は南西太平洋のうち、オーストラリア周辺(New South Wales~タスマニア)
    ・(生態じゃないけど)学名はPsychrolutes marcidus (McCulloch, 1926)ということで最初に学名が命名されたのは(名前が変わっていなければ)1926年。
    ・ほとんど筋組織がなく、体はゼラチン状の物質が主。このゼラチン質は水よりも少し比重が軽く、これにより浮力を得て海底面から少し浮いている。

    だそうです。


    情報ソース
    http://www.fishbase.org/Summary/SpeciesSummary.php?id=14347
    http://worldbiggestspider.blogspot.com/2008/08/blobfish.html
    http://en.wikipedia.org/wiki/Blobfish
    http://itsablobsworld.blogspot.com/ ←blobworldなるブログが(笑)添付写真の上のものもありますね。profileが面白いです。
  • id:motsura
    いろいろありがとうございます。
    ブログw
    でも、ブログやらなんやらの「自分の顔」の欄にこのブサイクを使ってる人って、沢山いますねーw
    私は正面の画像も好きですが、貼った画像の右上の切なく横たわってる奴が好きです…
  • id:choco-latte
    ちなみにヌルブサは食べられるのですか?
    アンコウみたいに調理したら食べれそうな気がしますが…
  • id:motsura
    私が答えるのもあれですが、jo_30さんの回答から察するに、鍋に入れた瞬間にとろけると思います。
    全身がゼラチンなわけですからね。
    たしか駿河湾でとれる深海魚にも全身ゼラチンの魚がいますが、鍋に入れるととろけてなくなるということでした。

    というか、ブタの解体ショーを見てブタ肉食べた私でも、こいつがなべで口を開けてる姿は直視できないと思います…
  • id:sayonarasankaku
    今にも、しゃべりだしそうだ!(笑)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません