http://www.insead.edu/facultyresearch/research/doc.cfm?did=1244

上記URL中にあるpdf論文の
ACCOUNTING FOR GROWTH:
THE ROLE OF PHYSICAL WORK

という論文を読んでいるのですが、P3の15行目にある以下の文の解釈ができません。(文法的にはなんとなくわかるのですが)

There is a further assumption that is very important to the original version of the theory:
incomes allocated to "factor shares" are assumed to be proportional to their "relative productivities",
as predected to by the theory of income allocation in a perfectry competive market economy
脳内直訳ですと、
「オリジナル版のその理論にとってとても重要な更なる仮定が存在する。:
 factor sharesに割り当てられる所得はそれらの"相対的生産性"(=完全競争市場における
所得分配の理論によによって示されるところの)に比例するとみなす。」
このように翻訳されるのですが、""で括った部分"factor shares"、"relative productivities"、"income allocation "
の意味がさっぱりわかりません。

特に"relative productivities"は文脈を追うとスティグリッツの入門書の定義とは違う定義のような気がして困っております。

上記の英文の訳と文意に沿った上記用語解説が可能な方はご回答願います。

難問につきベスト回答には400pt進呈いたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/09/25 15:40:06
  • 終了:2008/10/02 10:45:23

ベストアンサー

id:el_ciclo No.3

el_ciclo回答回数1ベストアンサー獲得回数12008/10/02 10:33:58

ポイント400pt

1."There is a further assumption ~ " の"further"はadditionalの意味で使われているのではないでしょうか?


2.~shareで~の取り分、割合という訳があります。

そうすると、"incomes allocated to factor" が~の部分に相当するとみなせるのではないでしょうか?

すると、

incomes allocated to "factor shares" are assumed to be proportional to their "relative productivities"

の訳は

要素に振り分けられる収入の割合は、それぞれの相対的生産性に比例する。

ではないでしょうか?

(factorがいったいどんな要素を示すのかが気になりますが、文中でのfactorは相対的生産性を有する何かでしょうから、

name_k_kさんのご指摘のとおり生産要素(機械,土地,資源,労働力・etc)だと思われます。)

3. "as predected to by the theory of income allocation in a perfectry competive market economy"

income allocationは所得分配でいいと思います。

id:Xenos

share の解説ありがとうございます。

これで何となく文法的な解釈と文脈上の解釈が一致したような気がします

2008/10/02 10:44:06

その他の回答(2件)

id:youku554 No.1

youku554回答回数95ベストアンサー獲得回数02008/09/26 02:16:32

id:Xenos

0点進呈いたします。

2008/09/28 11:48:40
id:name_k_k No.2

name_k_k回答回数2ベストアンサー獲得回数02008/09/28 07:44:08

ポイント400pt

incomes allocated to "factor shares" are assumed to be proportional to their "relative productivities"

この部分は、

収入のうち生産要素に振り分けられたものは、「相対的な生産性」に比例していると思われます

となって、つまり設備投資をすれば生産性はそれに比例して相対的に決定されるということを示していると思います。

 

as predected to by the theory of income allocation in a perfectry competive market economy

に登場する"income allocation"は恐らくですが、"income distribution"のつもりで書いていると思います。

 

"factor shares"はwikipediaから引用すると、

Factor shares - Wikipedia, the free encyclopedia

In macroeconomics, factor shares are the share of production given to the factors of production, usually capital and labor. This concept uses the methods and fits into the framework of neoclassical economics.

となっていて、この場合文意では"Incomes allocated"となっていますから、"capital"を指していると思います。

 

経済学を専門にやっているわけではないので、専門用語似間違いがあるかもしれません。

id:el_ciclo No.3

el_ciclo回答回数1ベストアンサー獲得回数12008/10/02 10:33:58ここでベストアンサー

ポイント400pt

1."There is a further assumption ~ " の"further"はadditionalの意味で使われているのではないでしょうか?


2.~shareで~の取り分、割合という訳があります。

そうすると、"incomes allocated to factor" が~の部分に相当するとみなせるのではないでしょうか?

すると、

incomes allocated to "factor shares" are assumed to be proportional to their "relative productivities"

の訳は

要素に振り分けられる収入の割合は、それぞれの相対的生産性に比例する。

ではないでしょうか?

(factorがいったいどんな要素を示すのかが気になりますが、文中でのfactorは相対的生産性を有する何かでしょうから、

name_k_kさんのご指摘のとおり生産要素(機械,土地,資源,労働力・etc)だと思われます。)

3. "as predected to by the theory of income allocation in a perfectry competive market economy"

income allocationは所得分配でいいと思います。

id:Xenos

share の解説ありがとうございます。

これで何となく文法的な解釈と文脈上の解釈が一致したような気がします

2008/10/02 10:44:06

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません