1、2年前にあったはてなの人気エントリーについて探しています。

サイトの内容は、「偽の論理」についてとかそんなようなものです。

間違った前提で、主張を導き出す。その、間違った前提の事例が数点
載っていました。

そのサイトを教えていただくか、間違った前提の事例がたくさん載っている
サイトを教えてくれると幸いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/09/26 01:25:31
  • 終了:2008/10/03 01:30:02

回答(3件)

id:nofrills No.1

nofrills回答回数874ベストアンサー獲得回数1592008/09/26 13:28:35

ポイント35pt

これでしょうか……主に2005年から2007年にかけてじわじわとブクマされています。

「詭弁の特徴のガイドライン」

http://bio-diversity.hp.infoseek.co.jp/kiben.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://bio-diversity.hp.infoseek.co....


はてなのキーワードにも、「詭弁のガイドライン」の項があります。

例:「犬ははたして哺乳類か」という議論をしている場合

あなたが「犬は哺乳類としての条件を満たしている」と言ったのに対して否定論者が…

1.事実に対して仮定を持ち出す 「犬は子供を産むが、もし卵を生む犬がいたらどうだろうか?」

2.ごくまれな反例をとりあげる 「だが、尻尾が2本ある犬が生まれることもある」

3.自分に有利な将来像を予想する 「何年か後、犬に羽が生えないという保証は誰にもできない」

……以下略……


それから、こんな本も。

その前提が間違いです。 (講談社BIZ)

その前提が間違いです。 (講談社BIZ)

  • 作者: 清水 勝彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 単行本

読者レビューから:

前提自体が間違っていないかという個々事例は、どれもある意味、身に覚えのあるものばかりであり、物事をステレオタイプに考える傾向がある日本人にある意味新しい見方を教えてくれている気がする。

id:domohorun-junkuru

これは探していたものとは違いますが、すごい面白いですね。

ありがとうございます!

2008/09/28 18:28:39
id:ardarim No.2

ardarim回答回数897ベストアンサー獲得回数1452008/09/27 14:12:53

ポイント35pt

誤謬(ファラシー)と言われるものの説明だと思います。


こちらにいくつかの例示と、説明があります。

誤謬 - Wikipedia

ロジックがくずれる時

id:domohorun-junkuru

なるほど、誤謬という言葉があるのですか!(4年生大学、哲学科卒。笑)

これも探していたものとは違いますがありがとうございます♪

2008/09/28 18:29:55
id:jo_30 No.3

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532008/09/29 00:11:23

ポイント10pt

ある程度以上ブクマ数を得た記事を探してみました。

近いかなと思ったのが

「間違っている論理展開」と「わら人形論法」に耐性の無い人々「模型とキャラ弁の日記」(201users)2006.10

間違っている論理展開

論理展開には様々な約束事があります。ダマシはその約束事を破ることで己が望む解を導き出します…


みな論理的に話をしている(96users)2006.6

以前も書いたのだけれど、感情論はたいてい、論理がしっかりしている。

私は白い壁が好き+あなたは壁にポスターを貼るのが好き+あなたにとってポスターを貼ることより私の気持ちの方が大切なはず→我慢してくれるわね?

といった感じ。(大筋で)論理の破綻はない。無論、前提がひっくり返れば結論は変わりますけれども、話者の想定している条件が満たされている限りは、おかしなところはありません。

でした。そこからいくつか貼られているリンクも関連のようです。


ちょっと外れますが

数字・統計に明るいと何がいいのか(24users)2008.2

でも、演繹思考の問題は

・前提さえ換えればどんな結論でも出せる

というところです。「飯田は東京に住んでいる」「東京はジンバブエの首都である」という前提から導かれる「飯田はジンバブエに住んでいる」という結論は「論理的には正しい」のです。

なども。


色々見ていて、関連するお奨め本としては

13歳からの論理ノート

13歳からの論理ノート

  • 作者: 小野田 博一
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

詭弁論理学 (中公新書 (448))

詭弁論理学 (中公新書 (448))

  • 作者: 野崎 昭弘
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 新書

あたりがおもしろそうですね。

  • id:domohorun-junkuru
    domohorun-junkuru 2008/10/11 23:32:14
    ありがとございます。

    一番上のサイトのデザインが該当のものと
    近かったような気がします。

    ただ、内容としては私の求めていたものなので
    誠にありがとうございます!

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません