「債権差押命令が来た。第三債務者になってしまった。債務者が潰れて

返品できなかった商品代金の様ですが商品は手元にまだあります、さらに
請求額が商品代より遙かに高額で記載されています。
陳述書の書き方を教えてください。」詳しくはコメント欄に記載しました。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 登録:2008/10/04 00:35:54
  • 終了:2008/10/11 00:40:02

回答(2件)

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/10/04 09:24:39

ポイント35pt

送られてきた陳述書の書式にもよりますが、たとえば「陳述書に何を記載すればいいのですか?」にある書式を例に挙げるなら、2に事実をありのままに記述ください。

コメント欄にある経緯については、別紙の形で添付してください。書式はフリーですが、コメントのように時系列に沿って書いていけばよいでしょう。

また、債権の金額が分かるような確証(例:商品の定価表、仕入れ価格が変わるような伝票類)があれば、その複写を添付して返送すれば more better です。

id:koyama2000

ご返答ありがとうございます。委託品として預かっていた

商品なので潰れてしまって返品できない状態で1年ほど経っております。

返品していない分を勝手に現金に換算して債権者が

200万円と記載してきているのだと思います。

商品自体が債務?だと思うのですが商品自体はまだ保持しているので

できれば委託品を返品して終わりにしたいのですが・・・。

商品代は売れた分を随時補充して支払っていたのでお金自体の債権は無いのです。

債権者が勝手に商品でなく金額に換算して金で頂こうとしているような気がします。

預かっている商品自体のリストと卸値表は持っていますが

売れていない委託品を買わされる?形になってしまうのか疑問です。

2008/10/04 10:30:50
id:hoongt No.2

hoongt回答回数173ベストアンサー獲得回数32008/10/07 09:22:17

id:koyama2000

金銭債権執行の流れがわかりました。ありがとうございました。

2008/10/07 21:40:27
  • id:koyama2000
    裁判所から特別送達で債権差押命令が届き第三債務者に名前が
    乗っていて200万近い金額が記載されておりました。
    A 債権者(全く知らない業者)
    B 債務者(取引していた業者)
    C 第三債務者 (私)
    上記でABCと記載します。

    CはBと委託販売契約を結んで取引していた。
    委託販売とはCがBから商品を預かり売れた分を毎月
    報告して補充を受け補充した分の代金を支払い販売していました。
    1年ほど前、突然、売り上げ報告をしても補充がされなく
    なり、Bと連絡が取れなくなった。

    Bへの支払いは随時していたので補充商品の未払いは無い
    状態でした。
    その後も連絡が無く、潰れたと風の噂に聞いていました。

    Cには委託商品が手元にある状態でとりあえず委託商品は
    どうすれば良いのかわからないので倉庫にしまった。
    1年ほどたった今日Cには、突然債権差押命令が届き
    そのなかの第三債務者にCの名前が乗っていた。
    金額が200万円近くで預かっていた商品代金を遙かに
    越える金額が記載されていた。

    差押債権目録にはBがCに対して有する、継続的売買契約に
    基づき売り渡した商品の売掛代金債権にして本命令送達時に
    既に支払期が到来しているものにして順次頭書金額に
    満までと記載されていた。

    返したくても返せなかった委託品に対しての請求だと
    思うのですが全商品でも数十万円だと思うのですが
    200万円と記載されていて困っています。

    陳述書にどのように書いて裁判所に送り返したら
    良いのでしょうか?とても困っております。

    お手数かけますが知識をお貸し下さい。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません