書籍の流通について質問します。出版社が書籍取次会社に取引口座がなかった場合、書籍取次会社にその出版社発行の本の注文が入っても(取り寄せとかの場合)、書籍取次会社はこの発注を無視するのでしょうか?それとも、そのような場合にだけ特別に個別に発注したりするのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/10/07 15:43:02
  • 終了:2008/10/10 11:33:13

ベストアンサー

id:hoongt No.2

hoongt回答回数173ベストアンサー獲得回数32008/10/09 09:12:31

ポイント35pt

たしかに基本的に取引がないと、取り次ぎをすることができません。しかし、通常この場合は、取り次ぎが出版社に電話をかけて、取引を開きます。

その他の回答(1件)

id:keino No.1

keino回答回数204ベストアンサー獲得回数112008/10/08 01:37:20

ポイント35pt

そういう例はほとんどないと思いますが、取り扱いがないということを書店に通知するはずです。

取次と直接取引がない出版社は、以下のようなところと契約しないと直接契約した本屋にしか配本できません。

id:hoongt No.2

hoongt回答回数173ベストアンサー獲得回数32008/10/09 09:12:31ここでベストアンサー

ポイント35pt

たしかに基本的に取引がないと、取り次ぎをすることができません。しかし、通常この場合は、取り次ぎが出版社に電話をかけて、取引を開きます。

  • id:suzmin
    今は取次同士がお互いの口座を開設しているので、帳簿上は伝票が迂回する形で取り寄せができます。

    具体的には、東販が日販を書店として登録し、日販も東販を書店として登録し、お互いに口座を開きます。
    すると、日販系列の書店に扱いがない出版社の注文スリップが来た時にはそのスリップが東販に
    回され、東販からその出版社に伝票が回ります。
    もちろん、取次の世界は東販と日販だけではないので、それ以外の大阪屋や栗田などを取次にしている
    書店もありますが、基本的にはせっかく注文が来たビジネスチャンスを潰したくないために、
    そこら辺の融通は伝票処理で誤魔化してやりくりしています。
    でも、やっぱり書籍流通の世界は基本的にはコモディティ化がものすごく進んだ世界です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません