肺がんを発見するのに胸部CTが胸部レントゲンに比べて、何倍優れているかを示しているサイトを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/10/09 20:40:13
  • 終了:2008/10/11 11:45:28

回答(3件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4737ベストアンサー獲得回数7532008/10/09 23:40:44

ポイント40pt

http://72.14.235.104/search?q=cache:1NRRO4R7tkUJ:www.mhlw.go.jp/...

>・胸部単純写真よりCTの方が胸膜病変の検出率が高い。


◇ 肺癌の早期発見

・低線量CTによる高危険群を対象にした初回検診では、

病期Ⅰの肺がんが60-80%。従来の胸部X線では30-40%。

(高危険群、非高危険群ともに早期肺癌を多く発見する)


・低線量CTによる検診の肺癌発見率は、胸部X線写真の約4倍

(高危険群において)。(0.43% vs. 0.12%)


・2cm 未満の肺癌では、胸部X線写真は79%を検出できず、CT は約5倍の感度。

id:photos

どうも有り難うございました。

2008/10/10 06:22:33
id:gind No.2

gind回答回数26ベストアンサー獲得回数12008/10/10 23:37:59

ポイント40pt

肺がんC T 検診

ー新しい時代の胸部検診の構築ー

http://www.jata.or.jp/rit/rj/0306okayama.html

id:piiik No.3

piiik回答回数24ベストアンサー獲得回数02008/10/11 11:35:14

胸部CTの威力!

http://aachan1219.jugem.jp/?eid=39

id:photos

何倍という数字が書いてありません。

2008/10/11 11:43:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません