このオバマのスピーチを聞いて、笑い所をできるだけ多く解説してください。

http://www.youtube.com/watch?v=v5SWQJWm6Tg
一項目につき20pt。ネタがかぶった場合は質に応じて配分。
例:
-私が飼葉桶(manger)で生まれなかったという噂があるが・・・:オバマがアメリカ生まれでなく、しかもイスラム教徒であるというデマを皮肉ったもの。キリストは飼葉桶で生まれた。
-実は私は惑星クリプトンで生まれたのです。:スーパーマンかよ!
(これらジョークを通じてオバマ=救世主、というイメージを植え付けている)

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/10/20 19:13:39
  • 終了:2008/10/25 12:10:54

ベストアンサー

id:VanAssche675 No.1

Snowryd88回答回数15ベストアンサー獲得回数12008/10/21 17:11:01

ポイント60pt

00:26

「(集まった議員や来客に謝辞を述べた後)アメリカの中で仲良くしたい(palling around with)のはむしろこの方々ですね。」

(ペイリン氏が「オバマはテロリストと仲良くしている(palling around with terrorists)」発言したことを皮肉っている)

00:41

「彼(副大統領候補バイデン氏)が今ここにいないことが残念です。彼は本当によくやってくれています。マケイン氏がいうように、彼は今"上院議員のジョー(Joe the Senator)"と呼ばれることを気に入っているようですね。」

(バイデン氏やペイリン氏が良く言及する"配管工のジョー"(Joe the Plumber)をかけている)

id:ita

有難うございます。

なるほど、いろいろ時事ネタを盛り込んでいるんですね。

マケイン絡みの「ジジ」ネタもありましたねww

2008/10/21 22:56:58
  • id:nofrills
    最初の2分ほどを見てみましたが、会場が沸いている笑いのツボが全然わからなくて、
    検索してみたらNYTのブログで解説がありました。ご参考までに。
    http://thecaucus.blogs.nytimes.com/2008/10/16/mccain-and-obama-palling-around-must-be-the-al-smith-dinner/


  • id:ita
    有難うございます。
    ギリシャ神殿の柱とかは、説明されても良く分かりません^^
  • id:ita
    来週いないので土曜あたりに締め切りますね。
  • id:takokuro
    オバマは
    アヘン資本のHSBC資本が
    利権代表者として押し出した政治家ではないでしょうか??

    彼は、
    安倍氏の九条改憲に早くから支持を示しており、

    恐らく・・

    安倍氏一族(松岡祐介、佐藤首相、岸首相)のプロフィールと
    夫人の森永の役員一族としての歴史を見て・・

    安倍氏一族は開戦の秒読みの段取りをするための人材として
    日本史では働いてるように思える・・??

    HSBCの発言力を持ってる勢力の在日勢力は・・
    サントリーや住友銀行歴代頭取、歴代大阪商工会議所を考えると・・

    現在では伊勢に集結している元は甲賀系子孫の勢力ではないだろうか・・??

    宗教を洗脳に使ったり、
    九の一?みたいな美人をさらって、
    美女美男を作り
    色情を利用して工策員を送り出す・・??
    上手く人の心の隙間に入り込む術をも心得てる・・??
    手八丁口八丁、力のある人が好きで
    彼ら?彼女らの身内になり、
    自分の親族らを呼び寄せ、
    盛り立ててるつもりだが・・
    彼女らはカルト信者?として
    親族以上に・・自分の子を殺せと言われれば殺すくらいに??
    カルト的な結びつき、従属関係のボスがいて
    彼、彼女?にはあらゆることを報告する・・
    彼から止められたことは
    人間として如何に誠実に話し合っていたとしても、
    また、本心は同感?共感しているにもかかわらず!
    一切!知らない、無かったこととして否定し壁をたて
    感情的に被害者意識が旺盛になってくる傾向がある・・??
    言葉での理解、共感では
    彼女たちは決して心を開かない・・
    まともな宗教なら、
    ここまでの浸透は自我の崩壊、否定に通じるので通常はしないはず・・??
    脅迫観念、トラウマがそうさせてるように思える・・

    言葉では決して行き交うことが出来ない壁・・
    でも・・
    一度!強固に洗脳された強ばった心の壁が崩れ、
    話す機会が出来た!と喜んだ途端!

    突然、彼女は座ったまま深い眠りに入ってしまった・・
    きっかけを振り返ると・・
    40年前の状況を思い出した時・・??

    さて・・
    戦後、契丹勢力?旧安東金勢力は
    伊予、土佐から徳島に引っ越ししている??
    大阪に
    薩長土佐系列の政財界人の人事の下、
    徳島出身の税務署長が来て
    大阪商家へ姻戚やのれん分けなどで
    徳島からの女性工作員らが
    先妻が急死した後、
    後妻として紹介され入籍し、
    そのあと、信長以来の民主主義勢力、資本の清洲への姻戚を目指している??
    他方・・
    千利休が交易した?隠岐の民主主義の高麗勢力の末裔も
    この時にはすっかり!旧安東金勢力に毒され、
    彼らの手下として大阪商家へ入り込んでくる・・
    徳島の工作員らと共通し、
    本来は出来ちゃった結婚でも、
    養子ではなく
    嫁入り下にもかかわらず!
    一族郎党が押し寄せ、
    素朴で従順な田舎の老人夫婦であったり、
    気の良く付く便利な兄夫婦であったり・・

    ともかく・・契丹勢力の恐ろしいところは・・
    裏で密通していると言うこと・・?!?
    (鴎外の文化史考証の作品を読むと同じ話が描かれてる!
     元、幕府の堅実な書記官の一家が
     維新後、
     周囲の人の一見、親切さで彼らの思うままに動かされていく経過を記録している・・?!?)


    どうも・・サントリーの鳥井家、佐治家にも同じことが起こってるのではないだろうか??

    トヨタ自動車の奥田家にも同じことが起こっていないか??
    本人の意思とは別に
    夫人の人脈でどんどん!旧安東金勢力の資本主義化による世界征服が進められていく?!?

    さて・・
    安井道噸の一族という旧家には
    楠(樟脳、明治期は台湾のシンボル?)の大木があったりする・・

    母方の母は4才の叔母を残して早世したが、
    母に『楠」は家を滅ぼすと言って
    小さな時に摘んでいたようで、
    旅行で旧家を回ったときに、
    何度か、つぶやいていたものです。。
    若かった母は、
    祖母の言葉を
    楠という大木が根をはり、家の基礎を崩したり、
    枝が軒を痛めたりするからだと理解していたようだが・・
    今、様々な歴史をひもといてみて・・

    明治期には『楠』は、
    日本占領をもくろむ『台湾資本』(今のHSBCアヘン資本)のシンボルだったのではないか??

    台湾系の工作員らが
    出入りする家には
    不思議とその家は衰退していき、楠が生えている・・という実感だったのではないだろうか・・??

    楠の下の植生は
    松の周辺の植生とは段違いに!貧相だし、
    生態系ではさらに!貧弱な印象がある・・

    本当の自然とは
    豊かな生態系があるはず?!
    生命があると言っても、
    園芸種の植物を植え、
    農薬や高濃度肥料を撒いて、
    これは豊かな自然とは言えない・・
    反対に!自然を支配したことをシンボライズしている・・?!?

    子供が触れるべき自然とは
    豊かな生態系、、命の営みが生き生きと見つけることの出来る環境が身近にある自然です!

    しかられて外に放り出されたとき、
    しゃがんで泣きじゃくっていると、
    セッセ、セッセと働いてるアリ、
    ふんコロガシ、
    コオロギ、バッタ、
    雨宿りしている蝶、
    心地よい日差しと水面の涼しさに目を細め?うっとり羽を休めてるトンボ、
    木陰で何かをついばんでる野鳥の親子、、
    お餅を食べたくなるヨモギの香り・・

    偽善を恥としない伊勢系ら公明らの定義する自然観そのものが間違ってる!?!?
    大自然の敵?神道哲学の冒涜!?
    (腐った羊水発言の芸能人も伊勢系カルトに洗脳されてる??)

    彼ら、契丹勢力は生き残ったとしても、
    やがて、自分たち仲間同志、闘うのがこれまでの定石だし
    それで生き残ったとしても、
    大自然からの復讐により、
    愛する資本へ自らが招いた愚かな利己心を後悔し、
    大変な心労で生涯を閉じることになる・・??

    唐は春夏秋冬の結果、冬として
    春(帝舜) 青龍 東 木
    夏(禹~) 朱雀 南 火
       ⅩⅣ帝孔甲は
       匈奴→現旧安東金勢力? に抵抗し、
       現旧安東金勢力が
       神獣・吉・皇帝のシンボル?とする龍(日本では、マチカネワニ?
       拝火教から派生した諸宗教ではヘビ、サメなどで登場)
       さえも恐れず、あがめず、食すほど
       匈奴がつかう迷信にも騙されず
       勇敢だったという・・
       『龍』のシンボルと連携してるのが海賊らの銅鑼ドラ・・
       日本ではドラは唐金で作られものが
       唐の時代に仏教と共に入り、
       唐人の工策員のところには置いてあった・・
       子供時分、叔父が奈良で下宿している大家さんの和尚さん?尼さん?の
       ところに行ったとき、
       待合にドラがあり、
       それをベルの代わりにならすのですが、
       うれしくて大きく鳴らし
       母が大変、居たたまれず、お詫びしていたのを思い出します・・
       今、英ウェールズの首都カーディフには
       このドラが
       「レッド・ドラゴン」の旗とともにあちこちにある・・
       (因みに・・赤=契丹ら勢力、角屋などお茶屋さんの壁、ランカスター家 ?、金山と流人の島流しの佐渡を統括する加賀、グラバーが大阪会議を企画した花外楼、京都の俵屋?英スコットランドのキルトの基調色(ブルーは蘭?)
       稲荷神社、戎神社など
        資本主義のシンボル?
        白(白木を含む)=民主主義勢力?のシンボル、
          本来の神道、西郷輝彦の白頭巾?吉兆の初代主人、白バラ
    秋(周)白虎 西 金
      白・・民主主義最後に、
    勝者として
    最後の統治者として永久に続くつもりで・・

    冬(唐)は契丹?ら自身が政権の表に顔を出す・・・・??・・
    唐は冬、黒(マッカツの黒水族、満州の黒龍省など)
    玄武 水 北 黒(玄人?)亀と蛇
     唐626年6月:李世民が兄弟を殺し、唐のⅡ即位・・
     唐の政権は血塗られ
     人類史上、恥ずべき民族史?!?
     后も略奪、不倫、陰妃、燕妃(蘭英スコットランドなどの象徴??シェイクスピア研究家のサミュエル・ジョンソン)

    燕雲・・・
     936:契丹の太宗(契丹族を統一した
              五代の耶律阿保機ヤリツアボキのむすこ)、
       燕雲16州を略奪し、
      [遼」を建国
    燕京・・・
     1120:金、
        北宋と「海上の盟」盟約を結び、
        遼を挟み撃ちで滅ぼし、分割
        北宋をだまし、
        燕雲16州引渡しに反し
        金が先に燕京を落とし
        あとから北宋に分け与え、 
        次は、
        北宋を脇から攻撃
        のち、
        周:粛慎
        漢・魏:挹婁ユウロウ
        南北朝:勿吉
        清朝をおこした満州族・女直など
       みな!一族
        彼の子が李氏として
        楚、呉、魏、斉、蜀、蒋、越、晋、紀(紀子さんの先祖では??・・??ともかく!闘争、略奪的!)、趙・・など
        中国朝鮮の戦国時代の主役たち・・!?!
        おぞましい!血統?DNA!?
        こんなリーダーものとでは民主主義は望めないばかりか
        搾取されどれにされ、
        彼らの私利私欲のために兵隊隣、命を捨てる羽目になる・・!

    1123:阿骨打、死去
       弟の呉乞買(太宗)が後継し
       遼との戦いを続ける
     1125:金、亡命中の遼の最後の皇帝・天祚帝を殺害し、
        遼を完全に滅ぼし
        内モンゴルを支配
        海上の盟での約束を無視した金に
        燕京を手に入れた宋は怒り、
        残る遼の残存勢力と協力し、
        金を牽制


    つまり・・
    唐という国は、
    人類史上、
    恥ずべき文化史をもつ者らの
    国家であったと言うことで、
    資本力、武器力、ディベート術など攻撃性は世界最強であるものの
    これまでずっと!多くの民から
    戎、野蛮人と忌み嫌われてきた民族史であるという視点も忘れてはならない?!?

    正倉院展が続けられてるのも・・
    実は・・
    明治期以降、世界大戦後に
    本当は日本は
    この契丹勢力に征服されていたはずだったのが・・

    アメリカと英イングランドの助け舟により
    民主主義を国民が意識する社会を作ることが出来た・・??

    それ以外にも・・
    戦後の歴史観で
    すり替えられて教えられてる轢死事件の例として・・・

    例)徳島の大塩平八郎が
      アヘンを大阪へ持ち込み、
      大阪を廃都としようと、
      清国のように上海、香港同様!普及させようと
      関東大震災同様、
      大阪商家に火を放ち、
      焼け野原にしたが(真相は鴎外作を是非!)
      実際、
      そのやらせ事件の唐繰りが鴎外が記録している・・
      大阪の阿倍野区?の斎場の川原ではり付け斬首だった?が
      本当に、貧しい農民の立場で参加した人たち何人かが
      実際に斎場ではり付け斬首の執行がされたが
      殆どは江戸の牢獄へ転送されたとして
      貼り付けの柱には
      彼らの名前が書かれた紙だけが貼り付けられていたという・・
      また、江戸出処刑されてるはずの殆どは
      獄死したとされている・・??

      で・・首謀者リーダーは
      山中、仲間の寺に寄り、
      僧に扮して逃げている・・

      また・・
      この事件の仲間に
      吹田のお寺があった・・??
      吹田というと
      後鳥羽上皇の庄屋屋敷がある・・
      西尾邸??
      そこに
      植物学の牧野博士は常宿していたし、
      
      


    薩摩霧島の鈴かけ馬祭・・を見て感じたこと・・
      徳島勢力(現、伊勢勢力)と繋がった蘭、契丹?マッカツ勢力が
      住み着いた?ところ??
      
      和人とは違う契丹特有の動物と子供の扱いを思った・・?!?

     この子馬は、契丹人らには
     鈴をつけられ喜んではねて踊っていると見えるのか・・??
     その馬を引いてる少年が馬と仲むつまじく祭を遂行し
     微笑ましく感じるのか・・??

     大人のエゴと
     また、残忍さに気づかない子供たちの鈍感さに驚いた・・!?!

     実態は・・
     子馬の一番敏感な鼻粘膜にかけられた鐙?を
     後ろの大の男が全体重をかけ左右に力一杯!引き、
     馬は痛みに耐えかね、
     前足を上げる・・・・・??

     こんな残忍な光景を目の当たりにして
     平気でおれる子供たちの感性を心配する・・

     かつて・・
     箕面の馬車馬にも同じ光景に出会ったことがある・・
     
     あいにくの急な雨で、
     傘をもたない多くの観光客が
     我先にと満員の馬車に乗り込む・・
     
     馬は苦しさに絶えかね、
     馬主に、ウンチの合図をして少しでも立ち止まろうとする・・
     数歩歩みをやっとの思いで進めると
     これが何度も繰り返され
     ウンチ用ちりとりをあてがわれるが
     出ない。。
     
     だれも、
     馬車は中々前に進まない・・
    歩いた方がずっと早い。。
    が・・人々は雨に濡れることを嫌い、
    降りようとしない・・
    降りるだけでなく、
    もし!子供を抱いていなければ・・
    馬車を後ろから押してやりたかった
     こういうとき・・
     恋人の本性をチェックが出来る?!?
     契丹系か否か??

    他方・・
    子供時分、和歌山の串本の近くの親戚に遊びに行って・・
    朝早く、退屈なので外へ出て、
    撃ったキジをもった猟師さんが犬を数匹連れて歩いてるのに出くわし、
    そのキジにひかれ、
    暫く後を一緒に歩いてると、
    犬と主人の関係が
    まるで、、仲間同志のような関係にひかれ、
    気づいたら迷子になっていて、
    悲しくて涙がわき出ると、
    犬が慰めに寄ってきてくれて、
    結局は、そのおじさんの家に行って、
    牛乳をもらい
    そこで犬が子猫を育ててるのを見て、
    来たところを聞かれるが
    当時、お釜のお風呂(五右衛門風呂)としか言えなくて
    叔父の家の名前すら分からず、
    はるか異国の国まで来てしまったように
    もう帰れないと悲しくなってると、
    大人の足がたくさん見えて

    だれか女の人が大きな声で何かを言って
    手を引かれて暫く歩くと
    見覚えのある所に来て
    走って帰ったことがある・・

    今振り返ると・・
    歴史的には・・
    この辺の漁民も
    海賊伝説のあったところだし、
    海賊のおかげで美人がおおいというのも
    観光ガイドの台詞に鳴っているところ・・
    つまりは・・
    現、伊勢勢力らの一部だったはずだし、
    海賊の末裔だったはずの猟師さんたちの村があり、
    同時に、
    美智子皇后様の叔父さんの正田さんという山持ちの山があったところ・・

    子供時分、
    トビの娘さんが
    大阪に嫁入り前に働くというので
    うちに来たことがあったが、
    当時の市外電話が大変に工学の時代に
    毎日、数十分もホームシックでお電話していて、
    大変、すれていない素朴で素直な、
    しかも末娘というので大変!可愛がられて育ったのが
    子供ながら感じられる姉やで○ちゃんと
    お家で呼ばれてたのと同じように呼んで
    舞妓さんに憧れ、
    いつもコッポリで
    しかも自転車に乗るという
    私にはサーカス・・
    彼女に自転車の乗り方を教えてもらい、
    後ろで
    彼女が口ずさんでたのが
    正田さんの番頭の田中?●兵衛?が
     くすねてる」・・ていうような内容の地唄を歌っていたのが
    とてつもなく辺境の地からの訪問者として
    子供ながら驚いたものです・・
    たぶん・・?!?

    竹中チームの世溝氏の祖?近大創始者が
    丁稚奉公したしたのが
    こういう人脈の材木商だったのではないでしょうか??!?
    そういう木材商人脈で
    台湾資本が一次産業に影響させていったのを思います・・?!?
    お伊勢さんの二十年おきかの遷宮の材木を
    明治期、
    鹿島宮司が取り仕切る中で
    おかしなことになり、
    植林?育林のサイクルが崩されたのではないでしょうか??!?

    夕闇が迫る山を歩いてた老人を
    車で通りかかかった叔父が、
    車に乗せて麓の村まで送ると、
    翌日、新宮の市長さんがお礼に来られて
    正田家の方だと知らされたそうです。。
    その年の新宮の船のお祭りは
    串本の港まで船が出てきてくれたそうです。。

    また、、
    淡路出身のタクシーの運転手さんで
    代々、猟師さんで
    『お父さんは海から生まれた』と子供に言って、
    中学の息子は当時そのまま信じ込んで
    私が本当?と疑うと
    おじさんに改めて確認してましたが・・

    当時・・淡路島にタクシーが2台しか無く、
    そのおじさんのお父さんが持ってる夏みかんの山の一部を
    父にとても熱心に買うように勧め、

    小学校時分、フェリーに乗って出かけたものですが。。
    猟師さんの人柄が
    安倍期以降・・全く!違ってる・・
    猟師さんには
    海の男という誇りがあり、
    串本でも
    昭和50年代、、
    確かに!洞窟をくぐると外海という猟師さんたちの無人島につれてってもらったとき、
    私は断崖に打ち寄せる波にさらわれないかタニシのように岩場に張り付いてるのに
    隣の猟師さんは
    水平線をうれしくてたまらない目で
    恋人かお母さんを見る子供のように
    見つめている
    それも、、ボンヤリと眺めるのではなく、
    水平線のあの辺には○○(魚)の群れが100匹分いるぞ!というように
    しっかりと!した目で見ている・・

    安倍期以降、テレビで見る猟師とは人相も人格も全く!異質の人を感じる・・?!?

    今振り返ると・・
    確かに。。猟師さんの奥さんのリーダー格の人は
    契丹系?の女性らしい特徴があったのを振り返ります・・
  • id:ita
    砂漠を歩いていると一匹の亀が這っている。その亀をひっくり返したら、亀は元に戻れずもがいている。だが君は亀を助けない。助けないのはなぜか?

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません