日本に比べて外資系は甘いのですか?怒鳴ったりする上司などは少ないのですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/10/26 00:55:18
  • 終了:2008/11/02 01:00:02

回答(9件)

id:KairuaAruika No.1

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972008/10/26 01:08:46

ポイント16pt

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c6%fc%cb%dc

アドレスはダミーです。

完全に能力給,といっても過言ではないですね。

はっきりいって飲み会もありません。

プライベートの束縛がない分,結果が求められます。

結果がすべてです。

つまり,結果を残せないと即刻解雇になります。

決して甘くありません。

id:aki1960 No.2

aki1960回答回数256ベストアンサー獲得回数82008/10/26 01:09:31

ポイント16pt

日本企業でも外資系企業でも、怒鳴る人は怒鳴るし、単純に比較することは難しいと思います。

が、外資系の場合は、日本企業より簡単に解雇されたりしますから、「外資系が甘い」とはいえないでしょうね。


http://q.hatena.ne.jp/1224950114 URLはダミーです。

id:powdersnow No.3

powdersnow回答回数1301ベストアンサー獲得回数652008/10/26 01:30:37

ポイント16pt

完全に個人によるとしか言えません。とはいえ、年功序列より、能力が重視される傾向があるのは確かと思います。

また、怒鳴ったりする上司が少ないと、甘いということにはなりません。使えない人間という扱いになっている可能性もあるわけです。

叱って貰えるというのは、「言われているうちが華」という言葉もあるわけで、叱られるのが悪いわけではありません。

「感情的に叱る」のは、良いことではありませんが。

http://q.hatena.ne.jp/

id:masanobuyo No.4

masanobuyo回答回数4617ベストアンサー獲得回数782008/10/26 05:45:36

ポイント16pt

外資の人間関係については、以下のとおりだそうです。

ヘンなしがらみがないという意味では、付き合い方がドライで

割り切った態度に見えることもあるかもしれません。上司と部

下の関係もビジネス上の「役割分担」とみなされている(しば

しば突然役割が入れ替わったりすることすらある)ということ

から、不必要に上司と部下がくっつきすぎるということがあり

ません。

また、個人をどこまでも尊重するという価値観が多数派ですの

で、仕事上の判断以外で相手の言動に踏み込むといったことも

少ないようです。さらに、実力主義が徹底しすぎている企業で

は、お互いに相手を信頼しきらず、ある程度距離を置くのが当

たり前、という場合もあります。

http://allabout.co.jp/career/careerintl/closeup/CU20070720A/#2

id:Masa_yoshi No.5

Masa_yoshi回答回数44ベストアンサー獲得回数02008/10/26 13:31:11

ポイント16pt

リベラルで楽です。

でも反面、日本人なら誰でも馬鹿にする白人がいることも確かです。

経験があります。


理由もなく、馬鹿にするのはストレスがある人なんでしょうな。

日本に来て発散している感じでした。





http://www.elite-network.co.jp/x/j/search/foreign/?OVRAW=%E5%A4%...

id:wacm No.7

wacm回答回数288ベストアンサー獲得回数42008/10/26 15:48:08

ポイント15pt

そんなことはありません。外資系はノルマが厳しいです。

新人は3・4年かけて育てるため、即座にクビ・解雇になることはありませんが。

ただ、責任者になれば2・3期連続で基準を満たさなければアウトです。

また、雇用も24時間エンプロイメント条項というのがありまして、

会社内の秘匿条項や人間関係などの外部への伝達・報告は禁止されています。

また、金曜日はパーティーなどもありまして、準備に余念がありません。

私は外資系に勤務したことはありませんが、以上は外資系投資銀行に勤務する友人から聞いた内容です。

24時間エンプロイメント条項

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20081020-01/1.htm

id:kzmmtsd

回答ありがとうございます。

しかし、外資系投資銀行は外資系でも特に厳しいところと聞いています。

だからそれを外資系一般に適用するのは困難とも思います。

2008/10/26 16:37:31
id:shields-pikes No.8

モフモフ社長回答回数9ベストアンサー獲得回数02008/10/26 15:50:51

ポイント15pt

URLはダミーです。http://q.hatena.ne.jp/


外資系を表現する「UP or OUT」と言う言葉があります。


これは、出世するか辞めるか、と言う2択のことです。

それ以外の選択肢はありません。


日本では一流企業でも、仕事をしない窓際族みたいなおじさんがいっぱいいます。

これは終身雇用の名残です。

最近はリストラも当たり前になって来ましたが、まだまだ日本の会社は甘いです。


外資の場合は、勤務態度に問題が無くても、今の会社に不要な人材と

思われたら即解雇です。


極端な例だと、ある日出社したらカードキーが利かなくて、上司に連絡したら、

その場で「今日から転職活動に入って下さい。私物は後日自宅に郵送します」

と言われたという話もあります。

日本に進出した歴史の長い外資系は、普通に情に厚かったりもしますが。


人材の評価に温情を差し挟まない、と言う意味では外資系の方が非常に辛口です。


外資系が甘いところは、仕事の成果が上がっていれば、勤務態度とか社内行事とか

プライベートには口を出されないということでしょうか。

あと、外資系の上司が怒るのは、上司自身の評価に直接影響する場合だけかもしれません。

本人のためを思って厳しく指導してくれる熱血上司、なんてのは余り期待できません。

だから、怒鳴られることは少ないかもしれませんね。上司も無駄なパワーを使わないので。

id:sylphid666 No.9

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902008/10/26 19:38:24

ポイント15pt

怒鳴られることは少ないでしょうが、甘くはないでしょうね。怒鳴られなければ甘いというのは結びつかないと思います。

ずっと怒鳴られずにいても急にクビと言うこともあるでしょうから。

http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?__m=1&p=000448

>外資系企業の給与体系が個人主義的・成果主義的であることから当然の帰結として、外資系では給与が大幅に下がることもありうる。最近は日本企業でも成果主義を明確にするために、ジョブ・ディスクリプション(職務記述)を明確にしたうえでの、個人目標管理型の評価制度を取る企業が多いが、日本企業ではこの制度には「次も頑張ってほしい」という奨励の意味があるのに対して、外資系では査定が下がるということはすなわち、“クビ”を意味する。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません