パソコンを数年以上長く利用していて、仕事ではなく個人で使っているデータについて

普段から溜めていたにもかかわらず
あるときにほぼすべて、故障して消えてしまった、誤った操作で消してしまった、
あるいは思い切って自分の意思でほぼ全部消したことがある方に質問します。

(インターネットからダウンロードしたソフトウエアや音楽・動画、
 メールのメッセージ、デジカメで撮った写真や動画、TV番組の録画などが
 ほぼ全般的に消えてしまった場合(あるいは消した場合)が該当します。

 パソコンに関係しないもの(ゲーム機や家電の設定など)や
 特定ソフト(ゲームのセーブデータやツールの設定情報など)だけ消えたり消したりしたなどは除きます。)

消えてしまった(あるいは自分で消した)後の感想は如何ですか?
消えた直後と今のお気持ちとお聞かせ下さい。

他の方の事例などではなくて
あなたご自身が体験されたご感想をお願い致します。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/10/26 22:03:27
  • 終了:2008/10/28 23:25:21

回答(12件)

id:sainokami No.1

sainokami回答回数853ベストアンサー獲得回数452008/10/26 22:30:23

ポイント100pt

消えてしまった時。

日々の生活を結構パソコンに依存しています。


はじめはすごくショックを受けました。

でもだんだん落ち着いてきて、もうしょうがないかぁと受け入れたつもりが、

なにかしようとしてもそのデータがなくなってたり、あれもこれもなくなっていて何をするにもすごく不便を感じました。


id:HISI

どうも有難うございます。

普段使っているものが突然使えなくなったりするのは、やはりショックが大きいですよね。

ましてやデータはハードやソフトと違って、買ってくれば戻るものでは決してありませんし。

実は個人的にデータを大幅に整理しようと思っているのですが、

あとから後悔しないような消し方を考えています。

ばさっと消そうかとも思ったのですが、少し考え直してみようと思います。

2008/10/26 23:45:38
id:Z9M9Z No.2

Z9M9Z回答回数343ベストアンサー獲得回数112008/10/26 22:34:27

ポイント100pt

2004/9/18、Buffaloの外付けドライブ250GBが臨終してCSからの録画がごっそり消えました。( http://d.hatena.ne.jp/Z9M9Z/20040918#p3

消えたものが世間によくあるもので、録画のし損ないの大きいのという感じで、ディスク修復するくらいなら DVD 買うってな類なので、直後もそれほど大した気持ちは感じなかったように思います。

今は‥「Buffaloは信用しない」という気持ちだけ残ってますな^o^; 使ってるけど。

id:HISI

どうも有難うございます。

不良セクタではなくて認識不能というのは、個人では修復のしようがなくてキツイですね。

つい先日、私は1TBのHDDを購入したのですが

当たり外れのある機種らしく、実は気になっています。

2008/10/26 23:49:27
id:master-3rd No.3

master-3rd回答回数294ベストアンサー獲得回数212008/10/26 23:03:01

ポイント100pt

消えてしまった方です。

HDDがいきなり故障し、家族写真数百枚がすべて真っ白に…

頭の中が真っ白で何も考えられず、ただただ「どうしよう」が頭の中をめぐりました。

今でもバックアップしておけばの後悔が襲ってきます。

なので、現在はバックアップをいくつかのメディアに保存するように心がけています。

id:HISI

どうも有難うございます。

家族写真の全紛失とは、厳しいですね・・・


HDDのクラッシュは、徐々に出てくるものと思っていましたが

突然起きることもあるのですね。

機械モノはいつ壊れるかわからないものと考えて

バックアップを常に考えておいたほうが良さそうですね。

2008/10/26 23:57:51
id:JD30671011 No.4

Paper Edge Seto.回答回数16ベストアンサー獲得回数02008/10/26 23:26:48

ポイント100pt

私の場合はPC間でデータ移行中に移行前のフォルダを誤って消してしまった事があります。

対象はネスケのメール3年分ぐらいだったかな。

消えた直後

「あ”!。。。。。

(2秒ほどの思考停止期間)

 まっいいか」


今の気持ち

「まっいいか」

id:HISI

どうも有難うございます。

メール3年分ですか・・・


メールは消えたら消えたで何とかなるものかもしれませんね。

普段から仲の良い知人であれば、直接連絡を取れば良いのですし。

(それで連絡できなくなったらそれまでの人なのでしょうし)

個人では、メールで重要なのは何かの登録時に送られてくるID位なのかもしれません。

2008/10/27 00:03:06
id:albertus No.5

albertus回答回数80ベストアンサー獲得回数82008/10/26 23:32:21

ポイント100pt

「・・・・・お金をいくら出しても手に入らないものがある、の、だな・・・」というのが素直な感想です。なんともやりきれない気分でした。特に、写真は痛かった。ショックで涙すら出なかった。音楽は、CDでもなんでも買い直したりダウンロードすればいいのですが、自分で撮影した写真だけはどうにもならないので・・・

バックアップは3重にしています。

id:HISI

どうも有難うございます。

3重とは、これまた厳重ですね。。

お金をいくら出しても手に入らないもの・・・があるのですよね、世の中には!

2008/10/27 00:05:23
id:KairuaAruika No.6

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972008/10/27 00:39:07

ポイント100pt

顔面蒼白と鼓動の高鳴り

ですね。

ネットワーク上のデータはゴミ箱にさえ入らず即効消えてしまうので,かなり慎重に扱っています。

移動,はまず使わず,コピペ後,それぞれのデータ容量を確認してから消すほどです。

今では,悔しく情けない,という感情に変わっているでしょうか。

id:HISI

どうも有難うございます。

ケアレスミスによる誤削除は、「悔しく情けない」気持ちになりますね。

ファイル操作の原則は普段から心がけたいものだと思います。

2008/10/27 01:06:41
id:kaka777 No.7

kaka777回答回数416ベストアンサー獲得回数52008/10/27 01:46:28

ポイント100pt

血の気が引きました。

今はそのショックから立ち直りましたが

一生忘れることが出来ません。

id:HISI

どうも有難うございます。

2008/10/27 02:27:54
id:bakuto No.8

bakuto回答回数291ベストアンサー獲得回数162008/10/27 11:01:41

ポイント100pt

個人のデータで痛い思いをしたのは、休日1日かけて打込んだデータや数式のexcelを保存し忘れて閉じてしまった時。(途方にくれました)

それと、外付けHDDからフォルダを移動しようとした時に「切り取り」でPCに移動したのですが、途中でHDDがエラーを起こしてしまい、友人との写真や頼まれていた写真が全て消えてしまった事ですね。(泣きそうになった&HDDに怒りをぶつけました。)

その後からデータ移行はコピー→ペースト→移行データ確認→元データ削除の手順で行っています。


それからは大事なデータはバックアップを取るようにしています。

あとはPCでは無いですが、携帯電話のデータも痛い目に遭ったので、バックアップを取るようにしてます。

私は3重バックアップまではやりませんが、無くして困るデータはバックアップを心がけています。(忘れる時も有りますが)

id:HISI

どうも有難うございます。

HDDに怒りをぶつけたくなるお気持ちよく分かります。

皆様のご回答を拝見して、写真のバックアップは行っておいたほうが良さそうに思いました。


ちなみに私の中では、word,excelは

プログラムのエラーでも異常停止することもあって

イマイチ安全性を信用していないソフトの1つでもあります。

2008/10/27 13:38:06
id:NON_NON No.9

NON_NON回答回数197ベストアンサー獲得回数162008/10/27 12:45:37

ポイント100pt

DOS+windows3.1時代で、当然ネットはなく、パソコン通信全盛期のお話です。

ある日、いつも通りパソコンをつけ、ファイラー(エクスプローラのようなファイル

の操作をするソフト)を起動し、データを入れているHDDのファイル一覧を表示したと

ころ、一旦ファイル全部が表示され10秒ほど経過した時、ダダダーっと表示されて

いたファイルが上から順番にすべて消えていきました。

その後他のソフトでも確認したのですが、やはりファイルはすべて消えていました。

直後は、呆然としていました。目の前で消えたので「事故の瞬間を目撃した」という

感じでしょうか。

ただ、当時はDOSを使う人間はファイルの復旧方法はある程度知っているケースがほ

とんどで、自分でつくったファイルはかなり復旧できたように記憶しています。

なお、消えたファイルはパソコン通信のLOG(メールの文章も含む)、word、excel、一

太郎などの文章ファイルが中心でした。

 その後、パソコン通信の掲示板(Nifの会議室といって判るでしょうか?)で、その外

付けドライブの中にあるHDDのメーカーと自分のPCとの相性が悪い事を知って、その

周辺機器メーカーに連絡すると交換と相成りました。

 また、バックアップの重要性に認識が深まり、MOやDVD-RAMをまだドライブの値段

が高い時期から導入して、こまめなバックアップをとるようになりました。

id:HISI

どうも有難うございます。

機器同士の相性問題などの情報について、

パソコン通信やインターネット上のコミュニティによるそうした裏づけは心強いですね。

ましてやNiftyServeやPC-VANはパソコンの知識が深い人たちだけの世界でしょうから。


かつてはHDDやMOなどだいぶ高価だったことを考えると

昨今はHDDやSSDの価格が下落し放題で、バックアップ用途でもう1セット揃えることも

より手を出しやすくなったといえますね。

2008/10/27 13:57:37
id:nacbox No.10

nacbox回答回数81ベストアンサー獲得回数42008/10/27 15:16:12

ポイント100pt

HDDが物理的に壊れました(リカバリ業者に持って行きましたが、救出できませんでした)。100GB前後あったと思います。

血の気が引く、とは正にあのことか、と思います。

一番ショックが大きかったのはメールのデータです。

思い出が無くなったような感覚でした。

落としまくった画像やムービーファイルなども、もう一度集める気力も無く愕然としました。

私の場合は、HDDが異音を発してアクセスできなくなった時に、すぐにリカバリ業者に持ち込み、その場で「たぶん復旧できると思います」などと言われてしまったがためにぬかよろこびを。

おかげで、最初に血の気が引いた後、「あぁ、よかった」と心底胸を撫で下ろしました。

しかしその後、「この日までに復旧させます」という日になっても「すいません、難航してまして、もう少しお時間を……」というやりとりで期日が延び、それを数回繰り返して、徐々に「も……もしかして……やばいかも?」という不安に徐々に駆られ始め、最終的に「ダメでした」と言われた時のがっくり感と来たら……。上げて落とす、みたいな感じでした。

数カ月して立ち直りました。

メールに関しては、今でも悔しい思いはあります。

データに関しては、「収集つかないほど貯め込んだファイルをきれいに整理した」とポジティブに考えるようになり、新しいHDDでは、最初から系統だてて、きれいに分かりやすく整理するように心がげています。

あと、HDD2台体制による常時バックアップは必須!という気持ちになりました。

id:HISI

どうも有難うございます。


昔のメールのやりとりを改めて眺めてみると

ああ昔こんなことしていたっけ・・・と、忘れかけたことを思い出させてくれます。

ダウンロードした画像なども、もう手に入らないようなものもありますから

貴重かもしれません。

ホームページを突然閉鎖してしまったりすることなどよくあることですし。


どの程度を保存してバックアップ対象にしておくのか悩ましいところです。

ずっと容量単価が下落傾向のHDDで、増大するにまかせるのも手なのかもしれませんが・・・

リカバリを依頼すると高額になるので、個人的に殆ど考えたことがないのですが

専門業者でも救えない故障がにわかに起きるなんて、いったいどの部分が壊れてしまったのでしょうか。。

何とも恐ろしいことです。

2008/10/27 16:32:58
id:aki1960 No.11

aki1960回答回数256ベストアンサー獲得回数82008/10/27 15:47:24

ポイント100pt

バックアップも含めて、勘違いで全てを消したことがあります。

その時、ようやく過去のしがらみを捨てて、全てを新しいPCだけに移行できると思いました。

またそれ以降は、自分で保存しておくべきものなんて、それほどないことに気づきました。

id:HISI

どうも有難うございます。


確かにバックアップを取っていても

気をつけないと両方消してしまう危険はありますね。

特に自動の複製をかけていると、間違って元を消してしまったらバックアップ側も一緒の運命に・・・。


実は1(sainokamiさん)への返信にも書いたのですが

個人的に、過去のデータを思い切って整理したいと思っていました。

過去のしがらみ・・・まさに今の自分が蓄積されているデータに思っていることそのものです。

ただ、貴重なデータや紛失・破損して実際に困ってしまうデータもあるかもしれず

あるいは困らないまでも無くしたらとても後悔してしまうデータもあるのでは・・・と、

どのような要領で判断しようか思案しておりました。

回りくどいのですが、そのような理由でこのような質問をしてみました。


皆様のご回答を拝見して

貴重と考えるデータの種類は人それぞれなのだなと感じました。

個々人の生き方が、何かこういったあたりにも反映されているのかもしれません。

2008/10/27 16:47:23

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 takashibo 5 2 0 2008-10-28 12:58:13
  • id:taknt
    テレビ番組などの録画データやメールなどなら まっ、いいかと思うだろうけど、
    家族写真とかは 後悔するだろうね。

    外部メディア等にバックアップもいいかもしれないが
    オンラインで保存できるサイトもあるから、そこに定期的にバックアップするのもいいかと思うね。
    ま、バックアップだから。
  • id:seble
    何度かあったな、壊れて1台分全部消えた。orz
    復旧作業をさんざやってセクタ単位、32KBに細切れになったデータは拾えたけど、、、(読めねぇ、、)
    2度目は基板交換で完全に復旧して、しばらくそのまま使ってた。
    確かに、大事なデータは異種(HD、光ディスク、オンラインetc)で、3重くらいにバックアップしておかないと、、、
  • id:HISI
    takntさん、sebleさんコメントどうも有り難うございます。

    最近はネット越しの保存サービスも安価で容量が増えて、とても便利になりましたね。
    一方で、ちょっとハズカシイデータなどを、身にふりかかる万一の事態に自動で消してくれるナンチャッテツールも出ていたり・・・。

    ちょっと哲学ががった表現ですが、
    バックアップ対象は過去に作成・収集したデータなのですけど
    保存して利用するのは、将来においてなんですよね。
    そして、その「未来」が言葉どおり、どうなるのか分からないものなので
    何を保全しておいて何が不要になるのか分からないところで、個人的に苦慮しています。
    もっとも、将来どうなるのかわかるのであれば、あらゆる苦悩と期待が同時に無くなってしまうのですが・・・
  • id:aki1960
    なるほど。

    ちなみに私の場合、仕事でも、もう必要ないと思ったらさっさと全て消す(物理的なファイルや紙は捨てる)方です。
    写真やビデオも、撮ることに集中するあまり、現場を自分の目で・耳で・肌で感じる暇がなかった、なんてのはイヤなので、その場を最大限楽しむようにしています。
    なので、後から写真を見たり...てことがあまりありません。
    最近は誰でもデジカメ持ってて、誰かしら記録しといてくれるし。

    保存しておいて後で見る必要があるのはメールだけですね。
    これだけは、何年前のものでも検索する必要がでてくるので、gmailに溜めてます。
    (後々探す必要がある写真や文書って、結構そのときにメール添付したものが多いので、それでなんとかなったりします。)
  • id:HISI
    aki1960さんコメント有難う御座います。

    >その場を最大限楽しむようにしています。
    これはまったくその通りですよね。

    他人の記録を再生したら疑似体験
    自分の記録を再生したらあくまで過去の追体験
    (しかも追体験ということは、その場をじっくり楽しんでおかないと)
    なんですよね。

    自分もかつては旅行に行くと写真をとりまくるクチだったり
    何か集めることに奔走したりしていたのですが、
    その場や手に入ったものをじっくり楽しむことの豊かさを
    ようやっと感じてきたこの頃です。

    最近旅先のあるお寺に書かれていた教訓
    折角なので拝借・・・

    「充実した時間に 充実したいのち
     時間を大切にすることは 延命と同じ」

    時間を大切に・・・というのは、きっと時間を勿体無いと思って
    先々まで計画を立てたり、効率優先にして時間を切り詰めたり、
    計画通りに進めることにきりもみしたり(それらは本当の体験を先延ばししているだけ)
    といった意味なのだと私は思いました。
    実は逆の意味で、時間をじっくり過ごすと命が伸びるという意味だったりするのかもしれませんが・・・

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません