家を新築し、主暖房システムを床暖房にしました。

そして床材を選択する際、暖房メーカーより非床暖房用のフローリングでも大丈夫との説明(床温度が高温にならないのが特徴)を受け、
非床暖房用のフローリングを施工しました。(某最大手メーカーの床材カタログより選択、施工)
ところが、1年経過してフローリングに熱割れが発生したため暖房メーカーにクレームを入れたところ、
「当社では無垢材以外の一般的なフローリングをお勧めしているが、貴方の床材は一般的ではない」「床暖房対応フローリングの基準値はクリアしている」など、訳のわからない反論をしてきます。
こういった場合の対処として、どうしたら良いのでしょうか?

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/10/30 20:37:19
  • 終了:2008/11/06 20:40:03

回答(3件)

id:drowsy No.1

drowsy回答回数1163ベストアンサー獲得回数882008/10/31 09:37:44

ポイント27pt

大変ですね…。心中お察しします。

>床材を選択する際、暖房メーカーより非床暖房用

>フローリングでも大丈夫との説明

これの証拠とかは残っていますか?

微妙な暖房メーカーなので後から「そんなことは言っていない」

「ちゃんと説明したがtate100さんがいいと言った」など言ってきかねません。

その旨の書類とか残ってますか?

あと今後は会話をすべて録音しておくといいかも。


自分たちだけだと個人対企業になってしまって、のらりくらりと

逃げられてしまいますので、第三者に間に入ってもらったほうがいいと思います。


NPO住宅110番

http://npo.house110.com/

上記ページの相談に対するアドバイス↓

http://npo.house110.com/search4/search.cgi


全国の消費生活センター等_国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/map/

id:tate100

回答ありがとうございます。

カタログはあるのですが、はっきりと書いてあるわけではないんですよ。

設計事務所を間に入れて対応したいと思います。

2008/11/02 10:59:23
id:kappagold No.2

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/10/31 09:41:40

ポイント27pt

「暖房メーカーより非床暖房用のフローリングでも大丈夫との説明(床温度が高温にならないのが特徴)を受け」

この部分が重要です。


一般的に考えて、床暖房には床暖房用のフローリングを設置するのが常識で、非床暖房の床材を使って、熱割れを起すのは当然予測できる事です。


相手は、業者なのでその道のプロとして通用しますし、相手が「うちはプロだし、床暖房に非床暖房の床材を使ってよいなんて説明するはずが無い」と主張した場合には、相手の方が有利になってしまいます。


「暖房メーカーより非床暖房用のフローリングでも大丈夫との説明(床温度が高温にならないのが特徴)を受け」

これについて、文書で残っているとか、カタログに書いてあるなど証拠はありませんでしょうか。

証拠さえあれば、それを突きつけて、対応させるのが良いと思います。


証拠が無いと、向こうはそんな説明はしていないといって、平行線のままです。


証拠が無い場合の対策としては、新たに証拠を手に入れるために、知り合いなどにお願いして、「床暖房を入れたい、非床暖房用のフローリングでも大丈夫ですか?」などと聞いてもらって、それを録音してもらいましょう。

相手が、「暖房メーカーより非床暖房用のフローリングでも大丈夫との説明(床温度が高温にならないのが特徴)」をしていることが証明できれば、立場は強くなります。


また、国民生活センターや消費生活センターに相談するのも一つの手です。

http://www.kokusen.go.jp/map/

id:tate100

回答ありがとうございます。

やっぱり確たる証拠が重要ですよね。言った言わないで勝負しても時間の無駄ですよね・・・。

録音という手も視野に入れたいと思います。

2008/11/02 11:01:42
id:junti No.3

junti回答回数239ベストアンサー獲得回数32008/10/31 21:56:51

ポイント26pt

私は決してそのメーカーのまわし者ではありませんが・・・

フローリングに限らず、柱でも壁板でも、無垢の木材は割れが入るものです。

仕上げが完璧であったとしても、季節による湿度の変動や、人工の暖房などで、

割れは避けられません。

そういうものだと思って接するべきです。

例えば観光地へ行って、旧大名屋敷、神社仏閣などの木を見てください。

あんな立派な作りでも割れは出ています。

割れによって強度は落ちませんから、辛抱して使われたらどうでしょうか。

id:tate100

回答ありがとうございます。

ある程度の割れは考慮していますし、辛抱するのは問題ないです。また、無垢の木材に割れが入るのも承知しています。

ただ、相手側はフローリングの表面に貼っているコンマ数ミリの木材を指し、「無垢材」を使ってますね、と言う始末ですから。

辛抱する以前の問題だと考えています。

2008/11/02 11:07:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません