資金調達について


先日、会社に銀行の方が来られ社債発行について上司と話をしていました。
ネットで少し調べてみて分からない点があるので教えて下さい。

また社債やコマーシャルペーパーなど資金到達に詳しいHPも教えて下さい。

質問が多いのでポイントははずみたいと思います。

1)普通社債の発行を勧めに来られたのでyしょうか。それとも少人数私募債でしょうか。普通社債は大企業とあるのですが。

2)仮に当社が社債を発行した場合、銀行だけが当社社債を保持するようなことを言っていたのですが
(投資家や市場には出回らない)

3)コマーシャルペーパーと社債の大きな違い、それぞれのメリット・デメリットは何でしょうか。

4)中小企業の平均的な償還期間と額面を教えて下さい
(勧められていたのは確か2年で1億だったような)

宜しくお願い致します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/11/02 13:08:57
  • 終了:2008/11/08 00:22:02

ベストアンサー

id:mare_caldo No.1

mare_caldo回答回数205ベストアンサー獲得回数532008/11/02 16:55:43

ポイント60pt

まず、参考になるサイトから。ちょっと探してみましたが、最新の法改正までフォローしているものはあまりないですね。この手の情報はネットではあまり出回っていないかもしれません。そんな中で下の3つはいかがでしょう。

http://www.shokokai.or.jp/jigyou/shibosai/manual.pdf

http://www.shokokai.or.jp/jigyou/shibosai/case.pdf

http://www.repros.jp/knowhow/knowhow_tomohiro/post_59.html



1) 普通社債とは、新株予約権が付されていない社債のことを言います。

http://www.zaim.jp/pdf/27am_b2.pdf

これに対して、公募・私募とは、多数の投資家(50名以上)に対して社債を募集するかどうかによる分類です。


ご質問のケースは、普通社債の私募で、おそらく、いわゆる少人数私募債(金融機関を利用しないもの)、ではないと思います。


2) その通りなのではないでしょうか。財務内容を公開しない中小企業の社債は普通流通しませんから。


3) コマーシャルペーパーは1年未満の短期資金の調達手段です。これに対して社債は、通常数年の長期資金の調達手段です。ですから、両者を比較してメリット・デメリットというより、資金の使途、今後の金利見通し、などにより使い分けるものです。


4) これは、難しい。そもそも私募債の統計などないでしょうから。今回、銀行の方が勧めに来られている、ということですから、おそらく、特定社債保証制度を利用するのだと想像されます。

http://www.cgc-tokyo.or.jp/business/shibosai.html


このリンクは、東京の信用保証協会のものですが、全国どちらでも制度は変わりません。ここで、示されている基準が、中小企業の特定社債保証制度を利用した社債発行の目安になります。金融機関を利用しない少人数私募債などはより小規模の1億円未満となっていますから、数千万円がいいとこなのではないでしょうか。償還期間は、根拠のない感覚ですが、2から4年といったところと思います。

id:namaewa_5

ありがとうございます。

特に2番目のリンク先にある各企業の内容が載っているのは

大変、参考になりました。

おそらく1億きっかりの額だったので特定社債ですね。

2008/11/02 18:23:32

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません