お酒を飲んでいると、だんだんと強くなるっていうのは、ほんとのことでしょうか。医学的検地からお答えできると幸いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人50回まで
  • 登録:2008/11/02 14:09:36
  • 終了:2008/11/09 14:10:03

回答(6件)

id:kaka777 No.1

kaka777回答回数416ベストアンサー獲得回数52008/11/02 14:12:05

ポイント20pt

アルコールは、主に(80%)アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に分解され、酢酸は炭酸ガスと水に分解され、最終的には尿や呼気によって体外に排泄されます。アセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド分解酵素(ALDH)には4つの種類がありますが、そのなかで一番主要な働きをしているのがALDH2です。このALDH2には、酵素活性の強いALDH2-1と活性の弱いALDH2-2の2つのサブタイプがあります。両親からこのALDH2のどれか一つずつもらいますので、どの組み合わせで持っているかによりお酒に強い・弱いが決まります。ALDH2-1を2つ持っている人はお酒に強い人(45%)、ALDH2-2を2つの人が全く飲めない人(10%)、ALDH2-1とALDH2-2を1つずつ持っている人(45%)は飲めないわけではありませんが、あまり強くない人と言うことになります。この酵素だけで強い弱いが決まってしまえば、お酒に強くなるという事はあり得ないのですが、アルコールの代謝には、もう一つミクロゾームエタノール酸化系という代謝経路があり、お酒を飲み続けるとこの代謝能力が向上します。しかし、この経路が関与するのはアルコール代謝の20%ですので、いくら訓練してもお酒の弱い人が酒豪になることはないでしょう。

http://www.nms.co.jp/uso/uso46.html

id:mii1216

ありがとうございました。専門用語がたくさん出てきましたが、理解できました。感謝しています。

2008/11/02 15:40:45
id:kappagold No.2

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/11/02 14:30:54

ポイント20pt

本当のことです。

アルコールを摂取することによって、体が分解する必要を感じて、アルコール分解酵素が増えます。

分解酵素には何種類かあって、アルコールの摂取によって増減するものと増減しないものがあります。

元々強い人は、アルコールの摂取と関係なく発現する種類のものが多い人です。

アルコールの摂取によって増減する酵素は、アルコールを飲まなくなると減ります。


因みに、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロするというのも、牛乳を飲み続けると治ります。

これは、大人になって牛乳を飲まなくなると、分解酵素が不要になったと体が感じて、酵素を作るのをやめるため、消化できなくなってお腹がゴロゴロするようになるのですが、また飲みだすと消化しなければならないと体が感じて、乳糖を分解する酵素がまた出てくるようになります。



酵素誘導でそれなりの量のアルデヒドデヒドロゲナーゼが生成するので「飲めば強くなる」傾向はある。

また、恒常的な飲酒により、薬物代謝酵素CYP(P450)が多量に誘導されると、CYP酵素がエタノールを分解するようになる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%83%B...

http://osake.seo01.com/kyuusyuu.html

http://www.s-urban.com/fan/innryou.htm

id:mii1216

とてもよく分かりました。参考になりました。ありがとうございました。

2008/11/02 15:41:26
id:jelate No.3

ゲート回答回数1036ベストアンサー獲得回数342008/11/02 15:32:41

ポイント20pt

最初から酒に強い人、

飲み続ければ強くなる人、

いくら飲んでも強くならない人の

3タイプがいると聞きました。

http://q.hatena.ne.jp/

id:mii1216

単純明快なお答えありがとうございました。私は、飲み続ければ強くなる人の部類のようにも思います。

2008/11/02 15:42:08
id:peach-i No.4

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932008/11/02 20:08:20

id:mii1216

今、自分が答えてほしい内容は、残念ながらありませんでした。

2008/11/02 22:48:11
id:masanobuyo No.5

masanobuyo回答回数4617ベストアンサー獲得回数782008/11/02 21:16:30

ポイント20pt

日本人は西洋人などに比べて民族的にアルコ-ルに弱いのです。

生まれながらにアセトアルデヒドを分解する酵素を持たないのであればどんなに努力しても飲めません。

よく「少しずつ慣らして行けば強くなる」等と云いますが、これは元々飲める人に対してのみです。

飲めない人は何をやっても飲めません。

したがって、本当ではありません。


URLはダミーです。

http://q.hatena.ne.jp/1225602575

id:mii1216

元々飲める人なので、ならしていけば強くなると思われます。ありがとうございました。

2008/11/02 22:47:40
id:kyamada No.6

kyamada回答回数76ベストアンサー獲得回数02008/11/03 12:39:27

ポイント10pt

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Jupiter/2752/new_page_5.h...

上にも同様の回答がありますが、酒を飲み続けると強くなるのは「酵素誘導」の一つの例です。

酵素は遺伝子をもとに作られますから、ALDH欠損者では誘導が起こりませんので

飲んでも強くはなりません。

したがって答えは「体質によっては本当である」ということになります。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません