国民健康保険・国民年金 から、社会保険(健康保険・厚生年金)に切り替える場合のメリット(手当て等)を教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/11/04 20:46:03
  • 終了:2008/11/11 20:50:02

回答(4件)

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/11/04 21:13:46

ポイント35pt

社会保険は、保険組合によってサービスが異なるので、一概にメリットを並べることはできません。

ただ、国民健康保険・国民年金と比べて明らかなベネフィットは以下の通り。


  • 厚生年金は平均標準報酬月額に基づいて支払われるので、給与が多ければ多いほど年金支給額も大きくなる。これは障害年金 遺族年金についても同様。
  • 健康保険は、組合によっては本人(被保険者)だけでなく扶養者の健康診断も無料や安価に受けられるサービスを提供している。
id:chuken_kenkou No.2

chuken_kenkou回答回数722ベストアンサー獲得回数542008/11/04 22:13:34

ポイント35pt

(1)会社が半分の保険料を払ってくれる。

(2)万一、私傷病で長期欠勤となり給与が出ない場合、18ヶ月間まで傷病手当が出る。

(3)大企業などでは、企業年金などがある。

http://q.hatena.ne.jp/はてな

id:marcelweber No.4

marcelweber回答回数28ベストアンサー獲得回数32008/11/11 17:00:34

ポイント10pt

加入される健康保険組合によって取扱いが異なりますが、出産一時金が高額になったり、配偶者の健康診断を提供していることがあります

保険料は会社と折半になるものの、会社としては保険料負担分も人件費と捉えるはずですのでその分給与を抑えることになるでしょう

これを考えると社会保険加入者は実質的に保険料を全額負担していることになる上、会社負担分を賄うために減らされた給与については所得税の計算においても控除できません

厚生年金受取額は国民年金より多くはなるものの、実質的には国民年金の人の分を厚生年金加入者が負担していることになっています

http://q.hatena.ne.jp/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません