新興宗教を題材とした小説作品をジャンル問わず紹介してください。

できれば(回答者の方の主観として)面白い小説が望ましいです。

・例外として、ノンフィクション(実在する宗教団体を取り扱ったもの)は不可です
・新興宗教とはカルト宗教、程度の意味で用いています。定義が難しいですが、そこはあまり深く考えていません。
・大槻ケンヂの「新興宗教オモイデ教」は除外してください(外伝も同様)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/11/07 15:43:01
  • 終了:2008/11/14 15:45:02

回答(9件)

id:mnby No.1

mnby回答回数241ベストアンサー獲得回数152008/11/07 15:57:11

ポイント23pt

ミシェル・ウェルベック『ある島の可能性』

http://www.amazon.co.jp/dp/4047915432

現代文学の最前線にいる作家の、近未来小説です。

カルト教団が舞台ではなく、重要な存在である小説です。

あと、有名どころでは

高橋和巳の『邪宗門』は名作です。

http://www.amazon.co.jp/dp/4022640049

id:wold

ありがとうございます。

ウェルベックは『素粒子』が面白そうだな、と思っていたので『ある島の可能性』も好みな感じです。

『邪宗門』も面白そう。

2008/11/07 16:51:55
id:toshi_suzuki No.2

Toshi. Suzuki回答回数77ベストアンサー獲得回数132008/11/07 16:05:10

ポイント23pt

「ワールズ・エンド・ガーデン」 いとうせいこう 著 (http://www.amazon.co.jp/gp/product/410125012X)

ワールズ・エンド・ガーデン (新潮文庫)

ワールズ・エンド・ガーデン (新潮文庫)

  • 作者: いとう せいこう
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

流行の発信地となるべく「作られた街」に現れた浮浪者が予言者として祀り上げられ、次第に街が混乱していく話です。

オウム真理教騒動以前に書かれたにも関わらず、それを予見するかのような描写が多いです。

この本の登場人物の「解体屋」(=洗脳外し)を主人公とした外伝も書かれています。

解体屋外伝 (講談社文庫)

解体屋外伝 (講談社文庫)

  • 作者: いとう せいこう
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

(洗脳外しもオウムの時に話題になりましたね…)

id:wold

いとうせいこうって読んだ事なかったけどこれは面白そうですね。

ありがとうございました。

2008/11/07 16:52:47
id:powdersnow No.3

powdersnow回答回数1301ベストアンサー獲得回数652008/11/07 16:33:31

id:wold

うーん、映画のノベライズはちょっとビミョウですね…

ありがとうございました。

2008/11/07 20:18:51
id:ShinRai No.4

ShinRai回答回数488ベストアンサー獲得回数212008/11/07 16:37:46

ポイント15pt

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0378.html

寺内大吉 『化城の昭和史』は、2・26事件当時の仏教系の新興宗教教団が出てくる、大変に面白い小説です。

id:wold

白蓮系ですかー。興味あります。

社会派は苦手なのですが、参照先サイト読んでみたいと思います。

ありがとうございます。

2008/11/07 20:20:01
id:ayalist No.5

ayalist回答回数229ベストアンサー獲得回数52008/11/07 16:37:49

ポイント14pt

新興宗教が出てくるミステリを、いくつかご紹介します。

弥勒の掌 (文春文庫)

弥勒の掌 (文春文庫)

  • 作者: 我孫子 武丸
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

「本格ミステリ・マスターズ」というレーベルから出た本ですけど、さっくり読めます。びっくりな展開もあります。

 

ダレカガナカニイル… (講談社文庫)

ダレカガナカニイル… (講談社文庫)

  • 作者: 井上 夢人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

某教団が大事件を起こす前に書かれた小説です。類似点の多さにびっくり。

 

殺人方程式 〈切断された死体の問題〉

殺人方程式 〈切断された死体の問題〉

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

誰彼(たそがれ) (講談社文庫)

誰彼(たそがれ) (講談社文庫)

  • 作者: 法月 綸太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

いすれも、新興宗教の教主が殺されたりいなくなったり、というミステリ。

id:wold

ミステリで宗教だと、ちょっと視点が事件に偏りがちになるような気もします。

読む前からの想像ですけれども(笑)

ありがとうございます。

2008/11/07 20:22:50
id:abaratomimi No.6

abaratomimi回答回数371ベストアンサー獲得回数62008/11/07 16:49:38

id:wold

手に入れるのが難しそうですが、面白そうですね!

ありがとうございました。

2008/11/07 20:25:03
id:kanan5100 No.7

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752008/11/07 17:58:22

ポイント14pt

決定版 幻魔大戦〈1〉幻魔宇宙・超戦士 (集英社文庫)

決定版 幻魔大戦〈1〉幻魔宇宙・超戦士 (集英社文庫)

  • 作者: 平井 和正
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

まずはこれでしょう。

その後のオカルトものに多大な影響を与えた作品です。

作者自身GLAという新興宗教に傾倒していたので、その体験が反映されています。

ゴサインタン―神の座 (文春文庫)

ゴサインタン―神の座 (文春文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

篠田節子にはほかにも『弥勒』『聖域』など宗教ものがいくつかありますが、いずれも読者の価値観がゆさぶられる力作。

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)

  • 作者: カート・ヴォネガット・ジュニア
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

60年代ヒッピー・カルチャーの影響を受けたウソ宗教「ボコノン教」が有名で、これまた多くの人に影響を与えました。

id:wold

猫のゆりかごは読んだ事あります。(内容はあらかた忘れてしまったけど笑)

篠田節子は食わず嫌いだったんですが、宗教ものが多いんですね。意外です。

ありがとうございました。

2008/11/07 20:26:34
id:peach-i No.8

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932008/11/07 20:06:25

ポイント7pt

http://item.rakuten.co.jp/book/4304551/

それ行け!トシコさん

id:wold

意外と気軽に軽く読めそうな感じですね。

ありがとうございます。

2008/11/07 20:27:00
id:kimari No.9

くろば回答回数1288ベストアンサー獲得回数332008/11/07 20:13:43

ポイント22pt

ガダラの豚〈1〉 (集英社文庫)

ガダラの豚〈1〉 (集英社文庫)

  • 作者: 中島 らも
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

ガダラの豚〈2〉 (集英社文庫)

ガダラの豚〈2〉 (集英社文庫)

  • 作者: 中島 らも
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

ガダラの豚〈3〉 (集英社文庫)

ガダラの豚〈3〉 (集英社文庫)

  • 作者: 中島 らも
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

アフリカにおける呪術医の研究でみごとな業績を示す民族学学者・大生部多一郎はテレビの人気タレント教授。彼の著書「呪術パワー・念で殺す」は超能力ブームにのってベストセラーになった。8年前に調査地の東アフリカで長女の志織が気球から落ちて死んで以来、大生部はアル中に。妻の逸美は神経を病み、奇跡が売りの新興宗教にのめり込む。大生部は奇術師のミラクルと共に逸美の奪還を企てるが…。

id:wold

ガダラの豚ってそういう話だったんだ!

これはどんぴしゃで読んでみたい内容です。

ありがとうございました。

2008/11/07 20:28:41
  • id:paluko
    「教祖」の堕落っぷりがあまりに生々しくて何ですが、
    新堂冬樹『カリスマ』(徳間文庫 上・下巻)というのも
    ありますよ。
  • id:takomasa
    ガダラの豚、書こうと思ったら挙がってました。
    いんちき新興宗教と本当にやばいアフリカ呪術の対比が鮮やか。小説としても面白いです。
    荒俣宏「レックス・ムンディ」(集英社文庫)も面白かった。
    どちらも最後の最後がちょっとアレなんですが、読んでる最中はすごく引き込まれます。
  • id:hengsu
    小林恭二「半島記・群島記」「ゼウスガーデン衰亡史」はどうなんでしょうか。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません