フリードソンの「医療におけるパターナリズム批判」に対する批判的意見を探しています。

インフォームド・コンセントの元になったパターナリズム批判ですが、これに異を唱えた人はいないんでしょうか?教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/11/07 20:16:00
  • 終了:2008/11/14 20:20:02

回答(1件)

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/11/07 20:56:53

ポイント60pt

直接、フリードソンの「医療におけるパターナリズム批判」に対する批判というわけではないのですが、内科医の加藤眞三氏が、自身のブログで「父権主義(パターナリズム)と医療 (その2)」という記事を書いています。

加藤氏の著作(下記)を読むと、さらに具体的な考えを知ることができます。

患者の生き方―よりよい医療と人生の「患者学」のすすめ

患者の生き方―よりよい医療と人生の「患者学」のすすめ

  • 作者: 加藤 真三
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • メディア: 単行本

id:skyk

ありがとうございます。

同様の感想をもつ現場の医師は多いと思います。

それを論文にするために、理論武装中なのです……

2008/11/07 21:45:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません