ホームページ及びサーバのリースについて


他社(A社)での話ですが、とある会社(B者)にリースでHP及びサーバ等を契約したところ、
HPの制作もリース期間もまだ2年分も残ったまま、制作会社が潰れてしまったようです。

A社 → リース会社 → B社
(当然ですが、A社はリース会社とリース契約を結んでいます。)

A社はこのままリース会社へ支払いをするのが納得できないとのことで、
支払いをストップしている状態で、サイト更新もできない状況です。

恐らくドメインやサーバは探っていくことでなんとかなると思いますが、
支払いの必要性等の情報を求めています。
同様の件の解決事例があれば尚うれしいです。
個人的には残念だが泣き寝入りするしかないのでは。。。とも思っています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/11/11 15:00:00
  • 終了:2008/11/11 18:34:51

ベストアンサー

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/11/11 16:04:32

ポイント60pt

リース契約書を見せていただかないと何とも言えませんが、一般的にリース契約というのは、「リース機器を納品し、動作確認をして、貸受証を発行して」初めて成立します。したがって、制作中のHPに対してリース契約は成立しません。

可能性としては、サイトを何ページかに分け、その各々が完成する都度リース契約を結んでいる場合です。

すでに完成した部分について、A社がリース会社に対して貸受証(検収書)を発行していたら、その部分の支払いは続けなければなりません。が、それ以外は免除されます。


また、そのリース会社の信頼性についてもご確認ください。

ビジネスWikiでは、

そもそも、ホームページ作成費はリースの対象外です。

と明言しています。

ホームページ制作を騙るリース業者もいるらしく、「ホームページ制作業務のリース契約」でも紹介されています。

こうした業者に対しては、適切な対応をとることでリース契約そのものを無効にすることができます。A社の法務担当、または契約弁護士にご相談ください。

id:kou32rr

ありがとうございます。

ご回答を元にいろいろ調べてみました。

解決に進めばと思います。

2008/11/11 18:34:35

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません