Windows XP SP2から導入されている、

ポップアップブロックについて教えてください。

日頃IEを使っていて、良く表示される「ポップアップブロック」について調べてみたところ、
これは「ポップアップ広告を遮断して表示させないための機能」とありました。

中にはブラウザクラッシャー(FDDの負荷アタックや、OSのフリーズ)などを避ける為に使用されることもある様子です。

そこで質問なのですが、ポップアップブロックを有効にすることでブラウザクラッシャーなどの被害は
どの程度まで防ぐことができますでしょうか?


イメージ的にでも結構ですので、教えていただけないでしょうか?


[参考サイト様]
ttp://www2.olisys55.com/zi10/pop_up_block.html

[フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/11/20 00:19:14
  • 終了:2008/11/27 00:20:02

回答(2件)

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/11/20 06:58:37

ポイント35pt

IEの「ポップアップブロック機能」は、ポップアップ広告を防ぐ程度の効果しかないと考えてください。


IEの「ポップアップブロック機能」は、ポップアップウィンドウを阻止するものです。

ただし、必要なポップアップウィンドウまで阻止することは好ましくないので、対話型コンテンツなどのアクティブコンテンツは阻止しません。また、信頼済みサイトに登録されているものも阻止しません。


一方、ブラウザクラッシャーですが、HTMLやJavaScriptなどの不備を突くことでブラウザやOSの異常動作を引き起こすものの総称です。

たとえば、ご質問にあるFDDアタックはHTMLで記述できます。ポップアップウィンドウではなく、コンテンツ本体に書き込まれていた場合は、「ポップアップブロック機能」では阻止できません。

同様に、他のブラウザクラッシャー手法のほとんどを防ぐことができません。


その他、スパイウェア、トロイの木馬などのマルウェアを組み込もうとする悪意のある攻撃に対しても、「ポップアップブロック機能」は効果がありません。


参考サイト

id:ThinkThink

ご回答ありがとうございます。


>「コンテンツ本体に書き込まれていた場合は、「ポップアップブロック機能」では阻止できません。」

やはりこのような場合ではポップアップブロックだけでは防げないのですね・・・


>IEの「ポップアップブロック機能」は、ポップアップ広告を防ぐ程度の効果しかないと考えてください。

現時点でのポップアップブロック機能としては、

「何度も出てくるポップアップが邪魔になってしまうこと」を想定した上で用意されている機能の一つ、

という観点が大きい、という認識で合っていますでしょうか?

2008/11/21 00:58:16
id:pahoo No.2

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/11/21 06:52:16

ポイント35pt

現時点でのポップアップブロック機能としては、

「何度も出てくるポップアップが邪魔になってしまうこと」を想定した上で用意されている機能の一つ、

という観点が大きい、という認識で合っていますでしょうか?

合っています。


Windows XP SP2 の新機能、ポップアップ ブロックの概要」(Microsoft)に下記のように記されています。

ポップアップの中にはウィンドウを消しても繰り返し表示されるものや、一度に大量に表示されるものなど悪意を持つものがあります。そのような問題の発生を防いで、快適にインターネットを楽しむために、Windows XP SP2 にポップアップ ブロック機能が搭載されました。

※設定された回答回数の上限になりました。さらにフォローが必要でしたら、コメント欄を開けていただくか、回答回数を増やしてください。

id:ThinkThink

ご確認ありがとうございます。

このポップアップのご質問の件については、

納得できましたので、これ以上のフォローは不要です。


納得がいくまで教えていただき、

また促して頂いてありがとうございます。

2008/11/21 21:09:14

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません