宇宙の元素合成(原子核合成)(参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙の元素合成)と身近な日常生活の関連を教えてください。


「原子核合成が解明されたので、身の回りにあるこんなもが可能になった」といった話を希望します。多少のこじつけ可。

「原子核合成によって地球とその他もろもろができたので今人間がこうして存在している」というのは当然過ぎてNG。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/11/25 07:57:52
  • 終了:2008/12/01 17:00:14

回答(6件)

id:seble No.1

seble回答回数4678ベストアンサー獲得回数6172008/11/25 10:24:13

ポイント20pt

核融合爆弾(水爆)と核融合炉(iter)しかないんじゃない?

まあ、理論的には錬金術が不可能ではなくなったと言えるかと、、、

(太陽の中でさえ、鉄の生成ぐらいまでしか確認されてないみたいだけど、、)

太陽が爆発するぐらいのエネルギーがあれば、鉄を金に変えられるかも?w

id:dev_zer0 No.2

dev_zer0回答回数332ベストアンサー獲得回数252008/11/25 11:13:44

ポイント20pt

錬金術(水銀を金に変えこと)が可能になった

# 採算が合うかどうかは別問題として

錬金術 - Wikipedia

id:ele_dir No.3

ele_dir回答回数263ベストアンサー獲得回数202008/11/25 14:25:27

ポイント20pt

SF小説やドラマが、より科学的でリアリティのある世界観に変わっていった。

もし、原子核合成が解明されていなければ、このあたりも空想で語らねばならず、SFではなくファンタジーになってしまう。

また、SFの中の科学技術が大幅に進歩して、より未来まで正確な描写が可能になった。

id:u00 No.4

u00回答回数50ベストアンサー獲得回数82008/11/25 15:21:26

ポイント20pt

>多少のこじつけ可。

だったら「常温核融合」が期待されますね。

ようやく燃料電池がノートパソコン用に実用化されつつありますが、常温核融合がコンパクトに作れるとモバイル製品に革命が起こるでしょうね。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%B8%A9%E6%A0%B8%E8%9E%8...

id:miharaseihyou No.5

miharaseihyou回答回数4535ベストアンサー獲得回数5692008/11/25 22:56:41

ポイント20pt

元素を自由に作れるようになったとしたらですね。

それも自由自在にポジションや配置まで原子単位で調整して作れるようになると予想します。

大きくてもエネルギーを増やすだけ。エネルギー自体恒星規模でも作れる。

 

そうなって初めて身の丈にあった物が欲しくなった。

具体的には有機的な人工知能。

脳の配置を原子単位で再現して自由自在に改良もできる。

真の意味での人造人間、人口の奴隷人種の誕生となりそう。

 

全ての作業を彼等に委ねた結果人類は廃頽の極みに達し、衰退していくのでした。ちゃんちゃん。

  • id:u00
    >1.太陽が爆発するぐらいのエネルギーがあれば、鉄を金に変えられるかも?w


    無理。
    太陽で生成できるのは鉄までです。
    金の生成には中性子星が必要です。
    http://spaceuniv.com/atom/
  • id:ootatmt
    中性子性は必要ないでしょ。
    超新星爆発をするときに重元素が作られるけど、その時に中性子性もできるだけで、中性子性の中で重元素が作られるわけではないです。
  • id:miharaseihyou
    物質の解明がされるとすれば、もっと簡単に物質変換できるでしょう。
    原子単位でエネルギーの辻褄を合わせればロス無しで物質変換できるということになるので、力技に頼った高温高熱での核融合による変換は必要ないですね。
  • id:dev_zer0
    原子単位での辻褄を合わせるなら、多分素粒子理論が完成しなければならないはず
    だが、今の所は4つの力を統合することも出来てないし、発見される素粒子はやけに多い
     
    素粒子が元素よりも多いって舐めているのか?
    それとも、現代物理学は天動説のような根本的なミスを犯しているのか?
    個人的には四次元に時間を含んでしまったことが初歩的な誤りだと予言しておく
  • id:spin6536
    質問者です。

    回答者の皆さま、回答ありがとうございます。

    回答に関してですが、「今後どうなるか」の話は「(現在)身の回りにあるもの」とは言えないかと思います。今後の回答ではすでに実現しているもの、実現しつつあるものとの関連を希望します。

    コメント欄ではご自由にどうぞ。興味深く拝見しております。
  • id:ootatmt
    > 原子単位での辻褄を合わせるなら、多分素粒子理論が完成しなければならないはず

    素粒子レベルなら理論は完成してます。
  • id:dev_zer0
    コメント欄で好き勝手することをここに宣言いたします
    いわしとかダイヤリとか別のところでヤレといわれれば退散します
     
    > 素粒子レベルなら理論は完成してます。
    最近の「理論」は現象と数式の辻褄あわせに近い気がします
    例えば太陽系の運動などは別に地動説でなくとも天動説でも説明できます
    # 明らかに地動説のほうが簡潔に説明が出来ますし
    # それに比べると天動説は辻褄合せでややこしくなりますが
     
    現在の素粒子論は上記の天動説のような辻褄合せに終始していて
    中世に逆戻りした印象があるのは気のせいですか?
     
    私は「理論」というからには(特に物理学においては)
    最悪でも実験や観察により妥当性が確認できている代物だと思っているのですが
    素粒子の一つである重力子は誰か発見しましたっけ?
     
    未知の素粒子を発見できていない時点で完成とは程遠いと私は考えます。
    あなたは辻褄さえあっていればその理論は完成したと思えるのでしょうか?
  • id:ootatmt
    > 最悪でも実験や観察により妥当性が確認できている代物だと思っているのですが
    > 素粒子の一つである重力子は誰か発見しましたっけ?

    シミュレーションによる妥当性というのもありますね。
    超ひもなどは実験では絶対に姿を現しませんから、スーパーコンピュータによるシミュレーションしかないでしょ。
    ただその結果予想される事象については実験で確かめられています。

    > 未知の素粒子を発見できていない時点で完成とは程遠いと私は考えます。

    物理学者はそうは考えないでしょうね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません