ここ1,2年で身内の不幸やトラブルが相次いでいます。


親や親族が亡くなったり、会社では連続してトラブルに見舞われたり、予期せぬ悪い事が起きています。

私が20代後半だから年齢的に不幸が重なっているだけ…とも考えましたが、こう連続して不幸が続くと来年以降も続くのではないかと、不安になります。

同じような経験をされて状況が一変された方がいらっしゃいましたら、アドバイスいただければと思います。

※私はオカルト信者でも宗教者ではありませんので、そのようなアドバイスは受け入れられません。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/12/01 19:16:35
  • 終了:2008/12/02 18:50:15

回答(6件)

id:helltaxi No.1

helltaxi回答回数310ベストアンサー獲得回数82008/12/01 20:04:01

ポイント19pt

一時期、そういう時期がありました。

数年前ですが買ったばかりの自動車を事故で廃車にする、

恋人と別れる、今は解決しましたが当時は家族が崩壊するんじゃないかと

思えるようなトラブルが続けてあったりと人生で最もつらい1年間がありました。

つらく眠れない日々であまりに不幸が続くのでこのまま嫌なことばかり

ずっと続くんじゃないかと思ったこともありましたがそんなこともなく

今は全く問題がないわけではありませんが、それなりにおだやかな日々をおくっています。

たまたまつらいことが重なっただけでいつまでも続くわけではないので

今はつらいと思いますがなんとかやり過ごしてください。

あとになればその時期の辛さを乗り越えたのだからと随分と精神的に強くなったと思います。

ちなみにその年の初詣でひいたおみくじは大吉でした。

それ以来、おみくじは信用しないようにしています。

id:k27h

回答ありがとうございます。別に自暴自棄にはなっておらず、人生に悲観する事も無いのですが、なぜこういう時期が続くのか、非常に疑問に思っています。家族一同、真面目に慎ましく過ごしてきたはずなんですがね・・。

2008/12/01 20:56:14
id:peach-i No.2

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932008/12/01 20:17:14

ポイント19pt

1~2年どころか、自分は、5年ほど続いた経験あります。

自分も宗教とかオカルトではないので、何かにすがったり、厄除けだとかもしませんでした。信じていないので・・・

未来は自分で切り開くものですから。

5年を過ぎた頃から、また普通の生活が戻りました。

偶然なのかもしれませんが、必然であったように思います。

予期せぬ悪い出来事があり、その経験から、今、新しい運命を歩き出しました。

悪い出来事が、必然と、未来を作り出していたと実感したとき、不思議と、状況を受け入れられるようになりました。

id:k27h

悪い事の予兆としては数年前からあったのですが、目に見えて悪いと思うのがここ1~2年続いているので、楽観視出来ないなと感じています。


偶然なのかもしれませんが、必然であったように思います。


この言葉はグッとくるものがありますね。確かに今起こっている事は起こるべくして起こっているような気がしないでもないです。(家族が病気になったのも検診にいってなかったから、と考えられますし)

2008/12/01 20:58:30
id:chlorite No.3

chlorite回答回数185ベストアンサー獲得回数42008/12/01 22:07:22

ポイント18pt

私も20代にそういう時期がありました。

2年弱の間に、15年飼っていた猫が死に、家族が亡くなり、8年つきあった恋人と別れ、人間関係のトラブルがもとで留年し、病気にもかかりました(後遺症が今も残っています)。就職がほぼ内定していたのですが先方の事情で断られ、一年ほどアルバイトをして食いつなぎました。定職も貯金もなく、一寸先は闇でした。そういえば、交通事故もやりました。ひどかった。

でもその時期を経たおかげで生まれ変わった気がします。

ようやく職が決まって一年ぐらいたった頃、それまでの「自分はこうあらねば」という思いこみがなくなってなんだか自由になった、という実感がわいてきました。

着る服の趣味や食べ物の好き嫌いも変わりました。会う人ごとに、感じが変わったと言われるようになりました。

今の方が落ち着いて楽に暮らしている気がします。この先の人生がどうなるかはわかりませんが、今思えばあのときがひとつの「底」だったんだと思います。

少なくとも私は、最悪だと思っていた時期を抜け出して(といってもじっと嵐が過ぎるのを待っていただけですが)、このように暮らしておりますので、ご参考となれば幸いです。悪いことばかりが永遠に続くわけではないし、時間は誰にも平等に過ぎますので。

id:k27h

回答ありがとうございます。


皆さんの回答やコメントを見ていると、あまり「これ」と言った原因があるからではなく、「運命」的な面が強いのかも知れませんね‥。もちろん、自分の考え方や人間性の面も多いのでしょうが。


私もただただ嵐が過ぎ去るのを待つしかないんでしょうかね。

2008/12/01 22:59:25
id:chuken_kenkou No.4

chuken_kenkou回答回数722ベストアンサー獲得回数542008/12/01 23:32:11

ポイント18pt

就職時に四国から、周りに親類が一人もいない首都圏に出てきました。仕事は、ソフトウェア開発です。


21才の頃、健康だった父が癌と判明し、大手術。余命は長くて5年と告知されました。


24才の頃、年末年始の休みを前に、同じ会社にいる高校の先輩から、「車で帰省するから、年末に有給休暇を1日取れるなら、一緒に帰ろう」と誘われましたが、逆に年末に出勤となり、帰省しませんでした。


年が明け、2月に長年、身体障害者で介護の受けられる病院に入院していた母が、病気で急死しました。

私はいつも通り職場で仕事をしていて、電話で連絡を受け、急きょ帰省しました。母とは、3年余り会わないままの別れでした。


故郷から戻り、いつも通り職場で仕事をしていると、午後になって急にトラブル対応で、宿泊を伴う出張に行くことになりました。いつ戻れるか未定、毎日のホテルへ戻れる時間も不定という出張でした。結局、10日間、帰れませんでした。

その後も出張があり、合計4回、のべ20日あまり出張しました。

5回目の出張の話もありましたが、母の四十九日の法事と日程が被る可能性があったこと、私の担当製品のトラブルはほぼなくなっていたことで、他の人に出張を代わってもらいました。


母の四十九日の法事が終わり、やっと一息と思ったら、その一週間後に祖父が病死し、また帰省することになりました。


その頃から原因不明の頭痛、腹痛、体のだるさ、不眠、皮膚炎に加え、左胸付近の圧迫感や痛みを感じ、何度か内科で検査したのですが、原因不明で仕事を続けました。


忙しい時期を迎える前に、上長に体調不良を理由に「作業の大幅減」を相談し、一旦は認められたのですが、いざ忙しい時期に入ると、私が従来以上の作業を引き受けないと、部署としての仕事の責任を果たせないということになり、「無理を承知でなんとかやってくれ」と言われ、仕方なく従来以上の作業を引き受けました。


仕事のピークを終えた頃には、心身ともにボロボロになり、「疲れているのに眠れない」、胸部圧迫感や胸部痛で「このまま死んでしまうのではないか」と感じる不安な日々が続きました。


大遅刻など、勤務状況も大きく乱れましたが、上長からは「内科で検査して異常はなかったんだろ?」という感じで、しっかりするように言われました。

しかし、状況は変わらず、ある日、上長に連れられ、メンタルクリニックに行くと、それまでの原因不明の諸症状が、典型的な抑うつ状態の症状と分かりました。

当時は私や私の周囲に、メンタルクリニックについて知識を持っている人がいなかったのです。

症状は重く、すぐに長期休養するしかないという状況でした。しかし、長期休養には自分の気持ちとして抵抗があり、なんとか仕事を続けながらの治療をすることにしました。


しかし、やはり限界で、長期休養の相談をし始めた時に、「父が危篤」との連絡が入りました。急きょ、帰省し、一旦、長期休養は白紙に戻しました。

父はなんとか持ち直し、私も遂に長期休養し始めました。入院、帰省しての休養ではなく、通院もあり、独身寮での静養でした。


そして、年が明け、3月に父が亡くなりました。

さらに、7月には寮で静養中だった私自身が、急性虫垂炎になり、救急車で運んでもらい手術、入院しました。


その後、復帰を焦り、復帰と再休養を繰り返しました。お試し出勤などを経て、3年がかりで、元の職場に完全復帰を果たしました。


しかし、体調が安定してくると、ついつい頑張り過ぎてしまい、3年周期くらいで仕事を頑張る(頑張り過ぎる)時期と、身体を壊し長期休養する時期を繰り返しました。


一度、鬱病などになった人は、体調が安定してくると頑張り過ぎて再発させてしまう人が多いとのことで、セルフケアが重要だと感じました。また、適度な運動、何らかの趣味といった気分転換をすることが重要だと感じました。

私の場合、旅行などの趣味があったのですが、仕事が忙しかったこともあり、趣味の方を捨ててしまった感があります。

私のように重症になる前に、カウンセリングを受けるといったことも必要だと感じます。

id:lets_skeptic No.5

lets_skeptic回答回数13ベストアンサー獲得回数22008/12/02 09:11:04

ポイント18pt

 私も酷い時期がありましたが、あと知恵で考えてみるといくつかの相乗効果があったような気がします。それは、はじめに偶然で酷いことがいくつか重なったことによって、精神的に余裕が無くなり、普段だったら穏やかに対応できることにも適切に対応できなくなり、事態を悪化させた(さらに酷い状況を招きよせた)ということです。

 人間ですから、自分に余裕がないときは心も貧しくなります。粗暴な人はどうしても悪い結果を引き寄せがちですから、そういう状態だったのだと思います。

 抜け出せたのは「底についた」というより、偶然ある程度の期間「特に何も無い(いいこともわるいことも)時期が続いた」ことによって心に余裕ができたことがきっかけではないかと思います。

 心に余裕を持つことができる状況が作れるなら作ってみる。その余裕がなければ嵐が過ぎ去るのを待つというのがいいかもしれません。

id:dohgen No.6

dohgen回答回数236ベストアンサー獲得回数132008/12/02 09:44:49

ポイント18pt

結婚して幸せ。赤ちゃんが生まれることは幸せ。離婚は不幸。死ぬのは不幸。陰と陽、男と女、大きいと小さい・・・・があるように、いいことと悪いことは抱き合わせ。もうすぐお正月。なにかと登場する福の神も、貧乏神があって存在価値がうまれるというもの。人生で本当に大きな底は、せいぜい7つ。幸せなことはいい、不幸なことはいや、と逃げ回らないで、真剣に受け止めましょう。生きる、老いる、病む、死ぬからは逃げられないのですから。がんばって!

  • id:cherry-pie
    コメントにて失礼します。
    実は、今私もそんな状態で・・・。
    お互い、運が開けるといいですね。
    本当に、そう思います。
    不幸が一度にやってきた、そんな感じです。
  • id:k27h
    私の場合、不幸が連続して起こっている状況ですね。しかも継続的に...。

    元々運がよいわけではありませんが、なんでこうなるのかと疑問に感じるところです。

    cherry-pieさんのように、私と同じように感じている人がいらっしゃるだけでも、
    「自分だけではないんだ」と、少し気が楽になります。
  • id:cherry-pie
    同じです・・・。
    ここ1年、一つの不幸がおさまったかと思うと次の不幸・・・
    ケガが治った頃に、他の不幸・・・
    次から次へとやってきます
    時には、家族の不幸も重なったりして
    丁度コメントを書いたときも私の不幸が継続中なのに、家族で涙が止まらないようなことがありまして・・・。
    この質問をみて同じような人がいるんだ・・・と少し心が休まりました
     
    私は運がいいのか悪いのかわかりませんが、
    今までに経験したことのない不幸が続いています。
     
    一緒に頑張りましょう。
    本当に、お互い幸せに笑顔で新年を迎えられるといいですね。
  • id:k27h
    皆さん、貴重なご意見・体験談ありがとうございます。

    自分だけでなく、皆さん色んな経験をされて頑張っているのを感じると、自分もがんばろうと思います。

    何かと世知辛い世の中ですが、来年からは良い転機になるように、焦らず前向きにがんばっていきたいと思います。
    回答、コメントありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません