最近の国民が置かれてる情報環境、特に報道関連は

“合点がいかない”、“胡散臭い”ように感じてなりません

皆さんはいかがですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 150 ptで終了
  • 登録:2008/12/14 10:06:25
  • 終了:2008/12/21 10:10:02

回答(19件)

ただいまのポイント : ポイント26 pt / 150 pt ツリー表示 | 新着順
テレビも信じられません sakura197492008/12/14 12:05:00ポイント3pt
テレビも信じられなくなったので、以前よりは見る時間が へりましたね。
テレビNHKが篤姫を取り上げたこと自体、『赤』マッカツ靺鞨の抗日、日本侵略者側の大衆洗脳シナリオ?? takokuro2008/12/20 12:30:33
篤姫自身が 阿波や土佐など南海水道を制していた熊野水軍を使って 江戸へ向かってる・・?? 彼らの私利私欲の為なら何でもする・・ 日本人だけでなく ローマ、ギリシャ、の古代歴史書を隠滅しては 改竄史を作り上 ...
同意 奥田2008/12/20 07:51:24ポイント1pt
ネットで公正な情報を仕入れるようになってから、マスコミが全く信用できなくなりました。 特にニュース番組は意図的に見ないようにしています。
見ません。 nekomanbo562008/12/20 01:29:39ポイント1pt
どうせどこも同じニュース。 戦前と同じことしてるんだと思います。 そのうち憲兵が来るのでしょうな。
同感です ねずみのあしあと2008/12/18 01:38:08ポイント1pt
胡散臭さに対抗するには、自分のアンテナを磨くことが必要ではないでしょうか。マスコミが伝えない(伝えきれない)情報を収集すること、実際に行動して体験することで、物事の本質を見抜く力を蓄えて行くことが大切 ...
メディアの対象の問題では? mponto2008/12/18 01:31:03ポイント1pt
メディアもお金を儲けなくてはならない媒体である以上、見てくれる層に面白く話題を伝える必要があります。 そのためには「嘘」とはいわないでも、情報をある程度処理する必要があります。 例えば裁判の話で、法律 ...
ニュースはエンタメですから 大家2008/12/14 13:12:02ポイント5pt
前からテレビも新聞も信じられませんけど、近年、報道のエンタメ化は加速した感がありますね。ま、それを消費する市場がある限り、これは続くでしょうが。
巨大資本がメディアやマスコミを制覇するからニュースがエンタメにされたり、開戦ファシズムの洗脳に利用される takokuro2008/12/16 21:05:11
これまで、 開戦に利用されてきた経過を見ても大変危険です・・ たとえば・・ 自分こそは『白』民主主義勢力だと信じ込んでる人たちに・・ 戦前の英ウェールズの民主主義政治家らが議会で 力を持っていた時代・ ...
私もそう思います airisu752008/12/15 13:19:26ポイント1pt
昔、「天才脚本家」という芝居を見ました。 内容は、この国で起ったニュース等に関して、国の都合の悪い事等、マスコミの目をそらすために、別の事件を湾曲してわざと目立つニュースにして、国民の目をそちらに向け ...
そう思います lqdf2008/12/14 18:02:56ポイント2pt
楽しいニュース以上に、刑事事件の報道や政治関連の叩きなんかは「エンターテイメント」であるような気がします。 殺人現場を携帯のカメラで撮る野次馬が…とかいう話を何かで聞きましたが、公式の報道だって似た ...
そもそも Marnier2008/12/17 18:03:36ポイント1pt
マスコミの中の人だって給料もらってるサラリーマンですから。視聴率上げて広告代もらうビジネスモデルでは、どうやったってまともな報道は無理でしょ。
矛盾 不合理 胡散臭さ・・・楽しんで見てます! fusakogane2008/12/15 16:10:13ポイント2pt
マスコミの報道をひとつの娯楽として楽しみましょう。わたしたちは、真実を見つけられない情報の洪水におぼれて頭がカラッポになっているのかも・・・
『赤』(巨大資本/軍事力で世界独裁征服)が世界征服、統一することの意味は民主主義が壊滅すること? takokuro2008/12/16 20:43:57
後藤田氏・・ 角栄さんと大平氏が腹心とした 徳島県出身の神道系政治家だが、 戦後、東京裁判中は台湾・中国国民政府軍の捕虜として 工作員教育され、 中曽根政権で利用され・・??!? 渡部恒三『赤』マッカツ工 ...
そもそも、報道機関そのものが信頼のおけるものなのか snowburst2008/12/14 22:06:31ポイント2pt
表題のとおりの疑問を持っています。 新聞、ラジオ、テレビ、インターネットにしろ、ほぼすべて私企業が運営しているものです。 ということはスポンサーの意向でスポンサーに不都合な事実を曲げる、もしくは意図的 ...
公営報道機関が曲がった報道をしようとすれば、それこそ徹底的に曲げる事も可能 miraa2008/12/15 03:15:39ポイント1pt
私企業以外だって信頼できないですよ。 他の報道機関に圧力をかけながら、公営報道機関が曲がった報道をすれば、 それこそ徹底的に曲げる事も可能だし、隠し通す事も可能です。 1942~45年頃日本で行われていた「 ...
うさんくさいと感じる余地ができた miraa2008/12/14 13:02:16ポイント2pt
一般人も、情報入手する場所が増えたので、 うさんくさいと感じる事ができるようになったのだと思います。 前は、うさんくさい報道でも、そう感じるための情報を得る機会が乏しすぎたのですね。
賛成 v992008/12/14 16:11:12ポイント1pt
「“合点がいかない”、“胡散臭い”ように感じてなりません」ということは他にも情報源があって比較してみることができるようになったからに他なりませんね。 あるニュースに接した時にそのニュースを報道する価値 ...
一応「嘘」は言っていないみたい はれる2008/12/14 15:16:19ポイント1pt
~と考えられます ~と感じる方が多くなってきています などの表現を多用していますね。 ニュースとか言いながらワイドショー化しています。 また、重要な情報を知りながら「あえて何も言わない」といった手段を ...
合点がいかないことは一杯 pahoo2008/12/14 10:39:18ポイント1pt
:東金女児遺棄事件:本件容疑者の扱いについては、報道として最も難しいはずだが‥‥。 :元厚労相事務次官宅襲撃事件:「テロ」というのは、一体、誰が言い出したの? :三浦和義元社長の死亡事件:無罪となった日本人 ...
  • id:takokuro
    MIRARAさんへ・・・

    「実はもっと・・・深刻な状況かも・・(苦笑WITH冷汗)

    安穏とあぐらをかいて

    大海原の下流にいて
    流れてくる情報を待ってるだけでは
    どうも・・危ないかも・・??

    上流に上っていかないと
    本当の情報はとれないような
    ペアレント・コントロールという名の下の
    情報抑圧制度が始まってる・・?!?


    この頃は
    モデムなどもパソ自体が
    『赤』マッカツで製造されてることが多く、
    そこから仕掛けがされてるのを感じます・・

    たとえば・・
    東芝のウィルス/バスターを標準装備されてるのですが・・

    それをウィルス/バスターのホームページにある
    完全アンインストール/プログラムで
    アンインストールしないと
    カスペルスキーを
    インストールすると
    マイクロソフトのウィンドウスのサービスが
    開始されない・・

    でも・・特定の個人には
    ウィルス/バスターのホームページには入れても
    アンインストール・プログラムのサイトにはつながれないようにしたする仕組みができてるようです・・!?!

    ところが・・
    東芝と松下が資本提携したというBN・MUXというモデムのせいかどうかまだ不明ですが・・
    (松下は伊勢『赤』マッカツ勢力であることと
     明治期、
     台湾資本による大恐慌が起こされルと同時に
     引き起こされた仕込み?関東大震災で、
     子供も妻の殺された早川徳治氏が
     大阪の阿倍野区でシャープを立ち上げることになり、
     それを
     書類上取引にする習慣が未だ日本にはなく、
     すべて商売は信用取引が当たり前の時代、
     (だから・・江戸期からの日本の商売、流通では『信用』が
      最も大切にされてきた)
     大阪の『赤」マッカツ勢力の
     堺市の福助足袋、
     精工舎(セイコー)
     中山太陽堂
     大阪三島郡福井村、茨木北摂から出発した
     アヘン王の二反長音蔵(アヘン製造者組合長)
     (性能の濃いアヘンを研究開発し
      日本だけでなく海外、朝鮮半島、満州に指導
      朝鮮半島の『赤』マッカツ民族は
      それは中国の民をダメにするための毒としってるので
      自分たちは利用しない・・儲けるだけ!?)
    音蔵が開発するまでのアヘンの特産地は・・・
     『赤』マッカツが世界史で紀元前より占領してきた国、民族と符合する・・
     ドイツ、ロツコ、ペルシャ、インド、シベリア、満州本陣?
     アムル、その他十数種外国種がある
    など・・
    音蔵は、アジアをくまなくめぐり、指導する・・
    満州国長白県、
    熱河省山奥、
    蒙疆政権の地まで渡り歩いて広げてる・・
    つまり・・
    これらは現在問題とされてる
    ウイグル族、東トルキスタン(ペルシャ読み)などチベット仏教の関係エリアで

    戦時中に
    日本願寺の西本願寺の大谷氏が企画した
    大谷探検隊の実は
    黒幕部隊(大谷氏の父を暗殺し彼は急遽帰国)が
    仏像などの資料を集め、
    気のいいしかし・・単なるお坊ちゃん育ちだけのやや愚かな・??大谷氏の人生を
    その後、コントロールし、
    開戦を仕組んでる東大谷勢力を押さえることができずに
    開戦、戦争の熾烈化、複雑化を防げなくしてる・・??

    工策員が・・
    A)東本願寺工策員?黒幕部隊:
      ビルマ~雲南ルートの隊員:
      建築家・伊東忠太がこのA黒幕部隊と合流し、
      のち、大谷氏に紹介され、
      お抱え建築士に起用され、
      建築バブル?資本主義化され
      結果・・資金繰りのために
      動く人生となる・・??!!
      工策員が
      渡部ミッチー一族の先祖??ORマッカツ系の同じ部族の出身?
      *渡辺哲乗(広島・三原市西町の浄念寺息子、哲信の弟)
      吉見円蔵、
      前田徳水、
      **野村礼譲(1878~1930、生家の岐阜県神戸町の正願寺に
      チベット文化の影響が強い中国雲南省で入手?したもののうち
    5点の収集品:仏像や道教関係の像
      16~19cごろのチベット様青銅製の密教像3体(高さ9~16㌢)などを
      都内在住の次女・遠藤康子さんと次男・妻野村美佐子に預けていたが
      2001年初夏に発見)
      茂野純一の5名

    疑似餌にされた表向きのメンバー:~1904
     大谷光瑞(第21世門主光尊(明如)の長男
          妻:大正帝妃・貞明皇后(印=藤、死後、
          『易経』から「日月の道は貞しくして明らかから命名)の姉、
       玄奘三蔵の旅をなぞり、
       「西蕃(陽=太陽信仰の攻撃的な『赤』マッカツ勢力)
        ・
        月支(陰=月信仰の平和的『白』仏教論)の聖典」
        仏蹟調査にロンドンから出発
       本多恵隆(大谷氏と同行程)
       井上円弘(大谷氏と同行程)
       *渡辺哲信(23 工策員の弟が黒幕部隊に潜伏)
       堀賢雄

    疑似餌隊と黒幕部隊が回ったところ・・・
    露ぺテルブルグ(現・サンクトペテルブルグ:中央アジアへのパスポート入手)
               ↓
               モスクワ経、           
         9/1:カスピ海西岸のバクー港、船で出発
               ↓
         トルクメニスタンのクラスノボトスク着
             ↓
         アフガニスタン北部のウズベキスタンにひろがるパミール高原を越え
             ↓
         サマルカンド(露ノアフガニスタン国境、天山山脈西端)
             ↓
         コーカンド(〃、天山山脈西端中国より
             ↓
         オシュー(キルギス共和国、天山山脈)
             ↓
         *カシュガル(喀什噶爾:
         中国タクラマカン砂漠新疆ウイグル自治区タリム盆地北西隅の都市。
             ≒東トルキスタンのキルギス国境
             :カシュガル川つながり
            漢~唐の時期の「疎勒」ソロク
            1759~清朝のコントロール内に統治される
            東西路の要地
               ↓
         †①★ヤルカンド(葉爾羌:莎車のこと
            同上、タリム川-ヤルカンド川
            中国新疆ウイグル自治区西部、
            パミール高原東麓の都市、
            古来から隊商路の要地・宿場町         :)
       ★大谷、井上、本多:大谷光瑞の父・代明如上人暗殺?が伝わり
            大谷氏、急遽帰国
             ↓
         タシュクルガン(タシクルガン塔什庫爾干アフガニスタン北端・ソ連邦ウズベク共和国・タジク共和国国境)

        フンザ
        ↓
        ギルギット(パキスタン北端カラコラム山脈とインダス川の間、
             アフガニスタン、印・中チベット高原の国境、
             露パミール高原との国境)
        ↓
        カシュミール(印・最北端部)
        ↓
        1903:インド、着
    ★渡辺・堀は分かれ

        †①★ヤルカンド
         ↓
        †①ホータン(1903)
         ↓
        アクス(アクシャ?露南端モンゴル人民共和国と内蒙古自治区の満州里との国境)
         ↓
        †*カシュガル(喀什:中国タクラマカン砂漠新疆ウイグル自治区
                 ≒東トルキスタンのキルギス国境
             :カシュガル川つながり
     15~16c:イスラム教徒、カシュガルを支配下に置き・喀什噶爾汗国、建国
    1227:チャガタイ(ジンギス汗の次男)、
           蒙古4汗国のひとつ、チャガタイ汗国、
    イリ河流域~チュー河流域)
           阿力麻里アルマリクを首都に、建国
    兄弟で父とともに
    金国を征伐し
    西域諸国を侵略し
    西陵とアムール地方を領有
    1242:チャガタイ(察合台)、没
    1299:オスマンⅠ、セルジューク帝国衰退に乗じ小アジアに
    イスラム国家オスマン帝国、建国
    伊:マルコ・ポーロ『東方見聞録』
    1326:オスマンⅠ(1258~1326、ペルシャやアラビアの影響が濃いオスマン帝国始祖)、暗殺
    14c半:チャガタイ国、東西分裂
        1405:チムール(帖木児、1338~1405チムール帝国創始者、
           ルラス部族(トルコ化したモンゴル族のひとつ)の出身、
          都=サマルカンド。学芸奨励、イスラム教普及させ
          商業貿易の発展に留意
          チャガタイ汗、キプチャク汗を統治し
         インドにも侵攻し、オスマン・トルコを制圧し
         明へ進撃中にシル河畔で暗殺
       1428:復興した東チャガタイ汗国、
          二分し、西部に『カシュガル汗国』、建国
       1451:オスマン・トルコ、メフメトⅡ即位~81
       1459:オスマン・トルコ、セルビアを併合
       1460:オスマン・トルコ、ギリシアを併合
       1463:オスマン・トルコ、ベネチアとたたかう~79
       1466:オスマン・トルコ、小アジア征服完了
       1467:オスマン・トルコ、ヘルチェゴヴィナを併合
       1475:オスマン・トルコ、クリミヤ汗国を併合
       1478:オスマン・トルコ、アルバニアを併合
       1481:オスマン・トルコ、メフメトⅡ没し
    バヤジットⅡ即位~1512
    1499:オスマン・トルコ、ベネチアとたたかう~1503
    1500:ウズベク族、チムール帝国を滅ぼす
       ブハラ汗国、仮建国?
    1501:イランのイスラム教シーア派のイスマイル、
      サファヴィー朝即位~24(サファヴィー朝~1736)都=イスパハン
    1505:ウズベク人サーマーン朝、
     ブハラ汗国(現、ウズベク共和国ザラフシャン川流域)建国
      ウズベク人のシャイバーン朝、ジャーン朝(アストラハン朝)、マンギット朝と続く
      1512:オスマン・トルコのバヤジットⅡ没し
    セリムⅠ、即位(~20)
      1517:オスマン・トルコ、
    エジプトのマムルーク朝ほろぶ
        スルタン・カリフ制、成立
     1520:オスマン・トルコのセリムⅠ、没し
        シレイマンⅠ、即位~66
    1521:オスマン・トルコ、ベオグラード占領
     1522:オスマン・トルコ、ロードス島占領
     1526:モハッチの戦い:オスマン・トルコ、ハンガリー軍をやぶる
     1529:オスマン・トルコ、Ⅰウィーン包囲(失敗)
     1534:オスマン・トルコ、サファビー朝と戦い、バクダード占領
     1535:オスマン・トルコ、仏にカピトレーションをあたえる
     1538:プレヴェザの海戦:オスマン・トルコ、欧連合艦隊をやぶる
        制海権、掌握。アデン占領
     1541:オスマン・トルコ、ハンガリー併合
        オスマン・トルコ、アルジェリア征服
     1546:オスマン・トルコ、イエメン占領
     1548:サファヴィー朝イラン、タブリーズに遷都
     1565:オスマン・トルコ、トリポリ、併合
    マルタ島攻囲(撤退)
     1566:オスマン・トルコのスレイマンⅠ、没し
        セリムⅡ、即位
     1570:オスマン・トルコ、ヴェネチアと戦いキプロスを奪う
     1571:レパントの海戦:オスマン・トルコ、敗北
     1574:オスマン・トルコ、チュニジア併合
     1580:オスマン・トルコ、英にカピトレーションをあたえる
     1587:イランのアッバース大帝、イスファハンに遷都
     1602:トルコ・イラン戦争~27:
        イラン、アゼルバイジャンとイラクを併合
     1612:トルコ、蘭にカピトレーションをあたえる
     1613:露、ミハイル・ロマノフ王朝(~1917)はじまる
     1622:イラン、
        英と連携しポルトガル人をホルムズより追放
     1630:トルコのイラン侵入~39
     1638:トルコ、イラクを併合
     1645:露ミハイル帝、没し
    アレクセイⅢ、即位~76
     1649:露、オホーツク市、建設
    ハバロフ、黒竜江探検
     1652:露、清と松江江で衝突
     1654:ポーランド・露戦争~67
     1667:露ニコン(教権の優位を主張)、失脚
    露、ポーランドよりウクライナ獲得
     1670:ステンカ・ラージンの農民戦争~71
     1677:露、トルコとたたかう~81
     1681:バフチサライ条約:露トルコ講話
     1682:露アレクセイⅢ、没し
        ピョートル大帝即位~1725
     1683:Ⅱウィーン包囲失敗
     1686:ポーランド、露が
    対トルコ同盟(トルコ衰退)
     16c:オスマン帝国、領土拡大:アジア、欧、アフリカの三大州に至る
     16c末:カシュガル汗国さらに小国に分裂
    17c末~:オスマン帝国、衰退
    1759:清朝、カシュガルを統治下におく
     1872:ヤクブ・ベク、
        新疆全域を併呑し
        都をアクス(阿克蘇)におき『カシュガル汗国』建国
     1878:『カシュガル汗国』消滅?
        大久保利通(49)、暗殺
      Ⅱ・Ⅲアフガン戦争~81
      サンステファノ条約:露土戦の結果、
      イスタンブール西のサンステファノで露とトルコ間で
    帝政露勢力がトルコ領を統治
      ベルリン列国会議 露帝国の力を抑制
       英、キプロス占領
       日:毒婦小説、はやる(魯文、高畠藍泉)
      日本化学会創立
      東京中央電信局開業式に初めて弧光燈、点火
    福沢諭吉『通俗民権論』
    日本西教史なる
    黒住教独立(宗派神道初認可
     江戸末、黒住宗忠(1780~1850教祖、備前国御野郡の今村宮の禰宜)、
         天照大神を
         宇宙創造、
         万物化育の神とし
        人間をその分霊とし、
        神に委ね陽気修行で
       神と一体となれるという神道系カルトを生み出す)
    高島炭坑夫一揆?
      商法会議所・株式取引所、設立
      陸軍士官学校創立
      竹橋兵営の騒動
     参謀本部設置(統帥権独立の端緒:
     1893:海軍軍令部分離独立)
     


    大谷探検旅程につづく・・    ↓
      マラルバシ
        ↓
       クチャ-(庫車)中国新疆ウイグル自治区、天山山脈南麓の都市
       古代の亀玆キジ国の地
            後漢の班超が西域知事として駐在:仏教が栄え
            中国にと亀玆楽ともに伝来)
          ↓
        †②トルファン(吐魯蕃)中国新疆ウイグル自治区、天山南路の東北部の地
            460頃:漢末、漢族、西方の吐魯蕃に移民し、
               植民国家・高昌国を建国し
    西域での中国文化の中心として発展
    傀儡王朝は・・・
      沮渠ショキョ王朝
      闞カン王朝
    麹キク王朝499~640:漢人系9代
    640:唐に吸収さる        
         ↓
        †②ウルムチ(烏魯木斉、中国新疆ウイグル自治区の首都
             天山山脈の中部北麓の要衝
             1763:迪化テキカ、築城(隊商貿易の中心地)
         ↓
        ハミ(哈密、中国新疆ウイグル自治区東部の市
           東西交通の要所、瓜が特産)
         ↓
       1904:西安へ至る
    「中央アジア中心に
    仏教東漸ルートを踏破し
    仏教遺蹟の調査、
    仏典史料、文物収集」
    「アジア全域の仏教遺跡の調査と仏教伝来のルートを探る」
    親鸞聖人の『教行信証』総序「ここに愚禿釈の親鸞、
    慶ばしいかな、
    西蕃・月支の聖典、
    東夏・日域の師釈に、
    遇ひがたくしていま遇ふことを得たり、
    聞きがたくしてすでに聞くことを得たり

    月支(月氏)・・・
    秦・漢時代、
    中央アジアに拠点するトルコ系民族
    前漢初:匈奴、月支(大月支)を甘粛省・敦煌から伊犁イリ地方に追い出す
        月支(小月支)、故郷に残る
    BC2c: 烏孫(漢代~南北朝初:西域に拠点したイラン系、トルコ系民族、
        月支をさらにアム湖畔に追いだし?
        月支、大夏を征服し一大国家を設立:
        要地に5翕侯キュウコウをおく
    BC1c半:貴霜(クシヤン、5翕侯のひとり)、月支を没す
        
    忠海高校
    Ⅴ校長:藤原正
               (安倍能成、藤村操と一高時代の同級、校長室でカントの翻訳や個別指導)
     T9~ Ⅵ校長:野村礼譲
                久邇宮事務官として赴任
             T11:忠海中学校創立25周年記念式
                 校訓、校歌、校旗制定、帽章改正、記念文庫設置などの記念事業
      ~22(T11)5月


          西蕃・・・
           蕃人=台湾高砂族、唐、蕃神=戎ら蛮族らの神、蕃戎=未開の野蛮人
            蕃教・・・
               1852(嘉永5・壬子):吉田蕃教「神楽歌催馬楽弁解」刊行
             1/20:丸亀藩領多度郡善通寺村の百姓300人,
                夜より翌日にかけて村を立ち去る(香川家文書「万事覚附」
             2月、丸亀城下宗古町太田岩蔵と米屋町高貴清八,
               綛糸の大坂売り捌きを藩へ願い出、許可され,
             5月頃,城下に綛糸寄会所および領地各地に綛糸小寄所が設置(高貴家文書)
             7/4:那珂郡羽間大池の取水をめくる
               同郡高篠村と鵜足郡岡田村ほか4か村との争論について,
             高篠村が早急な解決の嘆願書を提出
             (篠原家文書「那珂郡東高篠村羽間大池入割ニ付取遺書控帳」)
    10/15:寒川郡長尾西村より失火.36軒焼失する(歴世年譜)
    10/20:寒川郡長尾寺の門前で火事.30軒程焼失(香川家文書「万事覚帳」)
            10/29:高松藩年寄木村亘,隠退し黙老と号す(歴世年譜)
             12月:丸亀藩の石代値段128匁(佐伯家文書「御勘定万覚帳」)
            蕃社=渡辺崋山、高野長英らが欧資本主義国家を懐柔している洋学をもじり、
               蕃学社中をつくる
            チベット周辺のカルト教から?陰陽、八卦などが派生?
            「陰陽本紀」国生み
            ペルシャ国政権者をハーレム(性道徳の崩壊をすすめ、
            民族、国家の秩序を崩していく
            (『源氏物語』?など各国の古典ロマン文学時期?に
            アヘン(各国、古典ロマンス文学時代には流行)で腐らせ、
            ゾロアスター教(BC6c)をも
            悪用転化させカルト化?!?
            ゾロアスター教をもとにユダヤ教/キリスト教、イスラム教、仏教の教典が作られてる
            日本にも神話を改竄して
            政権者らを性欲におぼれさせ、政治の空洞化を工策?!??
            伊弉諾尊と伊弉冉尊との国産みの寓話がつくられる
           (淡路・伊予は蕃教の影響を受けたマッカツらが移住?
           奥山高原蕃教寺跡)
    大塩平八郎先祖?大潮君子、尾張(石崎東国「大塩平八郎伝」大塩君子起尾張に適くを奉送する序、頼襄 )
    方今海内の勢三都に偏す、
    三都の市皆尹(イン、シカバネ)あり、
        而て大阪最も劇にして且つ治め難しと称す、
        蓋(けだし)地大府に濶絶し、而て商賈の窟する所と為り、
        富豪廃居し、王侯其の鼻息を仰いで以て憂喜を為すに至る、
        尹の来り治する者、更迭常ならざれば、
        乃ち属吏子孫に襲(つ)ぎ、
        故事を諳(そら)んずること掌故の如し。
        而て尹之が成を仰ぎ、成は賄を以てし、上を蠹(と)し、
        下を浚へ、
        猾賈(くわつこ)に結び、
        閭閻(りよえん)に延(およ)び、
        黠民爪牙(かつみんさうが)、と為る、
        乃ち藩服の要人或は之が支党と為り、声気交通するに至る、
        尹心に之知る、
        而かも主客勢懸し、苟傍観(こうとうばうくわん)す、
        吏に良ありと雖も、衆寡敵せず、浮沈容を取るのみ、
        近時に至るに及んで、乃ち吾が大塩子起あり、
        吏の羣(ぐん)に奮ひ、独立撓(たゆ)まず、
        克(よ)く其の姦を治め、
        国家の為めに200余年の弊事を(のぞ)くと云ふ、
        蓋し上に高井君の尹たるあり、
        能く子起を用ひ、
        子起以て其の手足を展ばすことを得たるなり、
       子起の始めて密命を受くるや、
        自から事済(な)らば国を補し、
        済らざれば家を破らんことを度(はか)る、
       家に一妾あり、之を出して累する所なからしめ、
       然る後籌(ちゆう)を運(めぐ)らし策を決し、
       親信を指呼し、発摘意外に出づ、
       其の封豕(ほうし)長蛇たる者を斃(たふ)し、
       首を駢(なら)べ戮(りく)に就かしめ、内外股栗(コリツ恐ろしさで足が震える)す、
       乃ち其の贓を挙げて三千余金を得たり、
    曰く、是れ民の膏血(かうけつ)なりと、
    尽く之を小民に給す、
    因つて煢独(けいどく)を振済する法を建つ、
    事己丑(きちう)の春に在り、
    是よりさき丁亥妖民の蕃教を持する者を治め、
    尽く種類を抉(けつ)す、
    庚寅又た浮屠の(を)行者を汰(だ)す、
    先づ戒勅を申(かさ)ね悛(あらた)ざる者は
    流竄し、群邪屏息(へいそく)す、
    京幾の諸衙、風を承(う)け、
    貪墨を黜(しりぞ)け公廉を奨(すゝ)むるに至る、
    此の時に当つて子起の能名三都の間に震ひ、
    其の名を呼んで以て相(じゆつ)するに垂る、
    而て今茲(ことし)7月:高井君老を告げ代らんことを請ふ、
           子起作(た)つて曰く、君退かば吾焉ぞ敢て独り進まんと、
    遂に意を決して退かんことを力請し、允(ゆる)さるるを得たり、
    聞く者驚愕せざるなし、
    野人頼襄あり、
    独り曰く、子起固より当に然るべし、
    然らずんば以て子起と為すに足らざるなり、
    吾れ知る彼れ其の心壮にして身羸(るゐ)、
    才通じて志价、功名富貴を喜(この)む者にあらず、
    喜む所は間に処(を)り書を読むに在り、
    吾れ嘗て其の精明を過用し、鋭進折れ易きを戒む、
    子起深く之を納(い)る、而かも已むを得ずして起ち、
    国家の為めに奮つて身を顧みざるのみ、
    然らずんば安(いずく)んぞ能く壮強の年、
    衆望翕属(きふぞく)の時に方(あた)つて、
    権勢を奪去し、毫も顧恋するなからんや、
    唯然り、
    故に其の任用せらるゝに当つては、請託を呵斥(かせき)し、
    苞苴(はうしよ)を鞭撻し、凛然として之を望む者をして、
    寒氷烈日の如くならしめ、以て此の効を成すを得たるのみ、
    故に子起を観るに、其の敏に於てせずして其の廉に於てし、
    其の精勤に於てせずして其の勇退に於てす。
    聴く者以て然りと為す。
    子起家系尾張に出で、同族在り、
    今将に往いて之を省せんとす、
    身名両(ふたつ)ながら全く、国に報い、家に報ゆ、
    其の先墳を拝する、
    以て告ぐるあるべきか、
    時方(まさ)に秋なり、
    龍田に路(みち)し、中瀑に過(よ)ぎり、
    還つて高雄栂尾(とがのお)の諸勝を討(たづ)ねんと欲す、
    (こう)を脱するの鷹、(しゆ)を卸(しや)するの馬の如し、
    其の俊気健力を余(あま)し、自から空に撃ち、野に騁(は)す、
    快(くわい)如何ぞや、
    襄故(ことさら)らに此れを言ひ、
    且つ預(あらかじ)め其の再びに就きに就く勿らんことを嘱するなり、

    文政十三歳庚寅に在り秋九月。
       【原文(漢文)略
    「洗心洞箚記』 (抄)その35山田 準訳註岩波書店 1940 より

    プバノ なずば 虐害粒 ロモマ やなめ 妓麟噺 ユセヴベ むさかっ 山茄邪豹 モギセリ きじへえ 力槽同接 トォワヴサ ょむみぁぉ 蕃教鰐丹幽 バゲジトプ ちぱぺうぉ 領詫鬼晋初



    なお・・・
    伊勢神宮は実はシカバネ「伊勢」の『伊」のニンベンをとった名字?姓にちなみ・・

    本当は・・
    日本の神道では
    黄泉の国・・に当たるところではないか・・??

    それを
    明治維新で
    『赤』マッカツ政権が日本の政治権力をにぎり、
    「島根」の神道を廃滅させている・・

    今・・・
    細川大臣の選挙地盤になってるあたりは
    ナッカツ系の恐喝するような目つきの観光客がワンサカ
    下見に訪れていて、
    道路などの工事で
    緑は隅々までアスファルトでふさがれ尽くされ
    ゴールデン・ウィークには
    熱地獄で、
    3年前に行ったときの町とは
    住民も表通りの店も
    老舗旅館も
    中華風内装に建て替えられ、
    豹変している・・

    お城の交通整備には
    北鮮からのなりすまし日本人らが
    働いている・・?!?

    唐子通りでは
    トイレを訪ねても
    ほとんどなく、
    困りごとを愚痴ると
    「日本人目!」ってすごい睨まれ、
    帰路、ドライブインで
    本当の日本人らしい人に話すと、
    島根は細田氏マッカツ勢力で埋め尽くされ
    元々の日本人は引っ越ししてしまったという・・

    お城の観光客は
    日本語が話せないので
    話しかけると睨み付けるのだという・・・

    えらいことになってる・・

    ちなみに・・・
    カルト系キリスト教の集まりで
    旅館がゴールデン・ウィークや年末年始は
    来年度分まで
    ふさがれてしまってるという・・


    どうなってんの!!?!


    それと・・サンステファノ条約は実際は露が『白』で民主主義勢力だったのではないのかな・・??という疑問がまた気になってる・・


    そうなると・・・

    開戦直前に
    日本へ
    きれい事、夢見事で現実逃避しないローマ教皇・ピウス11世が
    サレジオ会のデランジェラ神父を日本に遣わせて下さったことが
    何となく私の中で一本につながる・・
    おそらく・・
    当時、長崎系カトリック『赤』勢力だけでなく
    政治行関連でも『赤』に集中ターゲットされていたデランジェラ神父様が
    帰国される2週間前に
    突然!大阪には40余年ぶりの大雪がつもり
    その『白』景色の美しさに立ちすくまれていた神父様の背後を
    これまた突然の大雪で自転車ではなく
    地下鉄で図書館に出かける羽目になった私が通りがかり、
    どうしてもお会いしたくて
    後日、押しかけていったとき、
    歌って下さった「エーデル・ワイス」・・
    YOU look happy to meet me・・

    デランジェラ神父様が帰国後、
    『赤』系秘書の特徴と共通するシスターとともに
    後任された神父は
    長崎から来た人で
    会って数分で
    彼は本当のカトリックの哲学?私が惹かれた『白』の哲学を持つ人ではないことを
    本能的に感じて、
    落胆・・

    以降・・サレジオ会でも長崎出身の場合、
    何か胡散くさく感じたものですが・・


    で・・
    今回、チマッティ神父をよく調べると・・

    彼は不本意ながら
    『赤』勢力に動かされて広告塔として利用されながら・・

    実は・・

    彼が
    日本で作った音楽作品には!
    “Dell'A”がつけられている・・

    音楽の才覚はあっても
    工策員と面と向かって闘う勇気のない代わりに・・?!?

    デランジェラ神父様に大きな期待と尊敬とエールを送ってる、、??

    なお・・
    デランジェラ神父を送って下さったピウス11世は
    ⅡWW開戦直前の1939年2/10:暗殺され・・?!?
    ピウス12世が3/2に即位し、
    聖母の被昇天を神秘として精神的なカテゴリーにおかずに
    アリストテレス的に
    正当化させる・・(『赤仏』系カトリック勢力)
    彼の教皇時代に
    現、ローマ教皇・ベネディクト16世は
    ヒットラー・ユーゲントに入学し
    (参照:手塚治虫『アドルフ』)
    独が降伏後、
    !!ウルム!!(仏『赤』勢力の対墺の独拠点
       地名の語源・・?ペルシャの隊商シルクロードの頃からの
       新疆自治区ウルムチ烏魯木斉・・・つまり
       『赤』マッカツ勢力が独での本陣にしていたところ??!?)
    で ベネディクト16世は工策員使命を聞き、
      カトリックの神学校に入学し神父になる
      父が日本史の『特高」警察をしていたので
      その関係で戦争中も『赤』工策員として活躍・・?!
      ナチスのホロコーストの真相の知る人物・・?!
      その間も、
      デランジェラ神父は、
      希望の進学の道はことごとく閉ざされ、
      にもかかわらず!
      独学でギリシャ語、ラテン語はじめ彼は歴史や地理からも
      カトリックの歴史、キリスト教をみている・・?!?
      ように私には感じる・・
      ピウス12世の章旗は
      「マッカツらに洪水にされ途方に暮れてるノアが
       緑の大地を教えるオリーブの枝を加えてる『白』鳩」がシンボル・・

      中曽根時より、
      昭和30年代40年代には大阪に多かった鳩が
      国鉄民営化で鳩たちが閉め出されてしまう。。
    1958年10/9:ピウス12世は暗殺される
      後継者問題にバチカンは大騒動?!??・・??

    ユダヤ人(シチリアのマフィアは元々は『白』工策員として活動?)とも交流のある福者ヨハネ23世、就任
      当時、日本のカトリックをゆがめてる拠点でもある
      長崎にまずサレジオ会・チマッティ神父を送ったものの
      実際の実力者はチマッティ神父ではなく・・
      バチカンへ出かけるのに
      神戸で集合し、歴史的に「赤」マッカツ勢力工策員として
      英ウェールズやアイルランド勢力とあらがってきた蘭の船で
      沖縄経由で香港経由で出港
      サレジオ会は、
      『赤』マッカツ勢力にアヘンで最初に痛めつけられ
       のちのち『赤』の拠点とされた香港に
       最初に派遣されている!
      シンガポール、
      コロンボ、
      ボンベイ、
      カラチ、
      アデン、
      スエズ運河をとおり、
      55日間かかってジェノワ港に到着
    63年6/3、福者ヨハネ23世は
      Ⅱバチカン公会議実施を指示し、
    62年から開会し、開会式がすむと
       暗殺され・・
    6/21:パウロⅣ(『銀』のティアラ)が就任
       『赤』(巨大資本と軍事力で世界を独裁)マッカツ勢力が
       『金』をシンボルにするのに対し
       『白』として『銀』をシンボルにした?!?
       明治生まれの祖母の姉は昔、「日本は紅白ではなく、
       白赤だし、
       左右ではなく右左だし
       金が主ではなく
       「銀」とポソっと言っていたことがある・・
        彼女は娘時分、大隈重信が父と文通し、
       訪ねてきてもらって、
       火箸で灰に「の」の字を書いてはったというし、
       母も子供時分生前の祖母につれられ、
       里帰りしたとき見た、
       「利休さんのお茶杓や大隈重信の手紙があったのは
       一体!どこに行ったんやろ」といってたので
       おそらく・・・和歌山叡山の麓ですから
       祖母の母も祖母が2歳の時には暗殺?され
       きっと!?!身近に工策員が出入りしていたのだと思う・・??
       だから・・
       祖母の姉は
       とても潔癖症?
       よそで
    畳に直接手をつけないし、
      彼女の敷布を干すときは
      私たち子供は者干し場に近づくことは許されないし、
      彼女が出産で母が床についてるときに
      母代わりに来てくれても
      お手伝いさんが使ってるお鍋はさわりたくなく、
      (母も若い頃は大変なきれい好きだったので、不潔ではなかったのですが)
      入浴中も脱衣場の前を通ることは御法度・・

      でも・・子供嫌いではなく・・
      めがねの下の目はニコニコ私たちを面白がってる・・
      でも・・
      母たち、まさしく、生活と格闘してる世代には
      困った存在でもあったのを思う・・
      そのおばさんに猫かわいがりされた叔母は
      のち、彼女が死後、
      漢学へ進み源氏物語が好きで
      現実派の母に
      「ベルサイユ宮殿の時代に生まれてれば良かった」とか
      言ったそうで
      「そうや。あんたみたいなんはギロチンにかかったらいいんや」とか
      言われていて、
      さすが母は的を得たことを言う・・と感心したことがある・・

      でも・・母にとっても
      早世した祖母に頼まれた4歳で母親を亡くした母親代わりの
      目に入れても痛くないほど気にとめてきた叔母ですが・・!?!

      ま。。
      アリストテレス的には彼女は知性のある女性だし、
      彼女から多くの映画や
      旧家吉村邸に彼女の生徒とともに何度か言ったこともあるけれど・・
      
    今振り返ると・・・
      『赤』マッカツ勢力の改竄史をたどってることが多いように思える・・

      また・・
    私学でも・・
    昭和40年代頃までは『白』勢力が校長だったためか・・

    どうも・・今から振り返ると・・
    日本史での『白』勢力の偉人らと同じ名字の先輩や同級生らと
    いてたような気がする・・
    先生も・・

    ところが・・
    途中で今振り返ると「マッカツ」系?的な印象のある教師が
    校長に就任すると、
    (彼はアリストテレス的な表現では非の打ち所のない
     質素で勤勉なクリスチャンだが
     ソクラテス的な寛容さや深みがなく
     軽薄な正義?)
    大変、ソクラテス的な知性やものの見方を教育して下さっていた
    先生が
    突然!輸血で亡くなられる・・
    彼女のお父様は京大の数学者でしたが
    歴史上で戦後の『赤』マッカツ系視点の歴史では
    A級戦犯?悪者扱いをされてきた人物と同じ名字でしたし
    犬飼道子さんのエッセイを
    読むことを宿題にされ、
    資本主義の本当の効果的な利用法を学んだりしました・・
    犬養首相・・
    佐藤首相が選挙違反をして
    検察に逮捕状を出されたときに
    佐藤、岸、安倍、渡部勢力は
    法相犬飼氏に
    逮捕を撤回させ、
    以降、犬飼法相は政権から完全に去られてる・・

    その孫だかが・・
    国連弁務官をしてられた??貞子さん・・
    北鮮の新安東金勢力の保護に賢明だったような印象がある・・

    彼女が米亡命されたのは
    小泉期で
    YKKと真紀子外相をもがれて、
    安倍氏が幹事長になってから・・

    それまでは北鮮代表者として訪日して下さっていた
    人物とは違う人が日本へ代表者として来てるが
    その人相は『赤』マッカツ臭く、韓国政権を動かしてきた
    全斗煥のような
    ヤクザ者の風情を感じる・・?!?  ??

    真紀子外相が伏魔殿の大魔王とした野口氏は
    英へ亡命してから
    イギリスがおかしくなってる・・

    サッカーでフーリガン騒ぎや
    ロシアとの工策員暗殺事件など
    英国でのテロ事件の続発・・

    そして・・・
    ウェールズでのグル?モーガン不動産会社の倒産・・・

    モーガン・・モルガン・・
    ゴールドマン(金氏)・サックス
    リーマン(李氏)・ショック・・

    さて・・
    ローマ教皇にもどり・・
    パウロⅣ就任すると・・・
    チマッッティ神父は亡くなる・・
    主治医の協力で??
    遺言などしないように
    すでに暗殺されていた??・・??
    当時の院長クレバコーレ師・・?!?

    78年8/6:パウロⅣ、暗殺され
    8/26:『白』を前面に押し出した
       ヨハネス・パウルスⅠ、就任し、
    9/28早朝:暗殺
     住友の実権が巽外夫にうつり
     パン・アメリカンが経営難になり
     インターコンチネンタル・ホテルグループは
     『赤』マッカツ統一(世界征服独裁)系グランド・メトロポリタン・グループに買収される
    10/4:葬儀ミサ
    次就任したのが・・
    私たちがに顔なじみの
    パウロⅡ・・
    現ベネディクト16世の傀儡教皇・・?!?
    中曽根政権となり
    大韓航空事件で
    ロスチャイルド資本とモルガン資本との統括者のグレンフェル一家を誘拐取引?!?・・??

    ベネディクト16世、
    パウロⅡに『Ⅱバチカン公会議の改憲を交付させる
     1999年1/31:日本のカトリックを支えていた
       デランジェラ神父、帰天・・79才・・
    2002年春:危機を感じた日本の若い司祭らはリーダー集会をしようとするが
     チャーベル・バスクワーレ総長に
     邪魔され?!?
     人事異動でばらばらにされてしまう・・
    2005年:ベネディクト16世、就任
     『赤』と『金』の袈裟をまとい
      黒人ムーア王の首と鎧を着けた熊の紋章をシンボルにしている・・
      ドミニカ派の肩掛け・・
     ムーア人の首は
     サルジニアやコルシカの紋章にも利用され
     貴族用の紋章では
     王冠ではなく
     『白』の鉢巻きをした奴隷をデザインにする・・
    つまり・・
     『白』民主主義勢力を奴隷にしてしまうと言う発想?!?・??
     
     バイエルンではFreisingにいたムーア人、
     (仏シャトー生まれのカルト系カトリック司教が
      初めてFreising司教に就任し
      馬でローマに行くとき
      森の中で熊に襲われ
      馬はずたずたに引き裂かれたが
      自分は熊を手なづけ荷物とともにローマへ運ばせたという
      嘘八百の自画自賛ストーリーを作り、
      それでFreisingで自分を神のように崇めさせた・・名残のデザイン
     エチオピアではcaput?そして使われるそう・・

     ベネディクト16世、
     金の王冠をデザインに加える
     (旧安東金勢力を王と崇める・・?!?)
     ここまでくると・・
    旧安東金勢力の有頂天おバカ面が目に浮かんでくる・・!?
     

    ピウス11世はパウロⅣに銀のティアラをひとつ、プレゼントしていたが
    司教職での経費捻出のために
    カトリック的な個人資産を持たない哲学により
    簡単にチャリティに出してしまっている



    1629:紫衣事件、踏み絵の初まり
       朝鮮半島から、佃島へ集団移住
    1829:集団移住200年を記念し、
       証拠隠滅のために?江戸大火を起こし、
       佃島を全焼させ際、
       大阪の西淀川区佃の漁師(“川筋”の者?)らが
       食料や衣類を送ってる
       つまり・・
       佃島から
       大阪の佃に移住してきて
       新たにコリアン・タウンが増殖されていった・・?!?
       ってこと・・・?!?・・・MMM・・・(絶句!)
       シーボルトが日本を発った年でのある・・
       今の伊勢系の民はその子孫で
       四国淡路の伊予から移住してきた・・??
       日本乗っ取りの先駆者??mmm・・
    1923:世界的な総合商社として発展していった
       鈴木商店から
       台湾銀行が資金を突然!引き揚げることで
       金融機関の連鎖倒産による恐慌を発生させ、
       直後に
       9/1:帝国ホテルライト館完成披露の準備中に
          火砕流事故が多かった関東大震災が発生させて
          朝鮮半島出身者が放火していたところを
          多くの証言者が報告・・
         これもヤラセ地震の可能性が高い・・?!
         つまり・・ドカン!という大きい衝撃は
         ライト館建設工事で爆発を仕込んだのか?!?・・?? 1971:丹羽蕎四郎(元特高の実行リーダー)運相、
       ロッキード事件を仕組む
       やがて帰還するので無効になる
       沖縄屋良条約を
       詐欺合意する
       彼の息子が安倍政権時に閣僚・・
       雫石上空で自衛隊機に全日空が空中衝突する 
    1995:オウムが盛んに危険だと皆に知らせようとしていた
       阪神大震災は
       大阪の佃へ移民してきて200年記念と 
       言うこと・・???・・??
       だから・・??
       オウム麻原(大麻の麻を因んでる)は
       期日を知らされていた・・?!?・・??
       BY WHO?? 阿含宗??
       阪神大震災で
       カナフレックスCORP東拓工業から
       製造部門は独立し、
       もともとは製造卸だったが
       販売専門になり、
       中国やアジアで作らせ??
       日本を純粋に資本主義化させるために
       メーカー、製造業を海外へ移籍させていく・・・??
    村井氏は・・4/7外国人記者クラブに
     神戸での阪神大震災計画のステップを説明・・・

    ①大規模建築物の建築ラッシュ・・・
      超巨大四国大橋
      超高層ビル
      港湾施設
    ②地震直前の空にピンクの発光現象
      村井は阪大工学部で宇宙工学の専門家
    ③強い電磁波が観測
    ④月と太陽の潮汐力が最大にされてる・・
    ⑤地中からのラジウム放射密度が上昇してから
     消えた
    どうも・・・
    電磁力を使って、
    地震の活性化に役立てている・・??可能性があるという説明をしている・・

     
    日比谷・・・
     日比谷中学卒業生・・
     浜四津敏子  公明
     増田寛也(現、衆議院?の祖先?)
     大島浩(駐独大使、陸軍中将、東京裁判で『終身刑判決後、釈放
         大阪知事?の一族?)
     小野義一(大蔵次官、東京市助役、政治家、高知一中から転校
          NHKアナの小野文恵アナの祖先?
     河野一之(大蔵事務次官、三井住友銀行顧問、河野議員の先祖?
         ちなみに・・河野洋平氏、政界に山口系謀略団を導き入れた??)
     小粥正巳(大蔵事務次官、日本政策投資銀行総裁、
          構成取引委員会委員長、日本経済研究所会長)
     小川是(大蔵事務次官、横浜銀行頭取)
     薄井信明(大蔵事務次官、国税庁長官、国民生活金融公庫総裁
     大山綱明(大蔵省関税局長、サントリー副社長)
     江崎格(通産省産業政策局長、資源エネルギー庁長官
          商工組合中央金庫理事長)
     見学信敬(中小企業庁長官)
     川田洋輝(資源エネルギー庁長官、山形県警本部長、
          電源開発副社長)
     山田英雄(警察庁長官)
     吉田茂(首相の吉田茂とごちゃごちゃにするときの要因だったが
         不要のまま
         内務官僚、貴族院議員、国維会)
     三矢宮松・・・朝鮮総督府警察
     武部六蔵(企画員次長、総裁、Ⅲ関東局総長、
          満州国国務院総務長官、内務官僚)

     等々・・

    つまり・・マッカツ系の人材養成校として
    日本語教育と財務(日銀、大蔵省官僚など)人材がめだつ・・
    日本の日銀が
    角栄さんのときの森永総裁だけが
    日本国民の立場に立った采配をしてくれたが
    あとは・・ずっと!!一貫して!?
    『赤』旧安東金勢力の意のままであったと言うこと・・

    民主主義を守るため、
    地球を守るためには
    日本の政治家を改めるべきだが
    比例区という国民の選挙ではどうにもならない部分を
    作り上げられている
    党内の政治からの指名選挙も
    国民選挙にとってのガン・・?!?




    1975・・・
  • id:takokuro
    今、NHKまで!
    ましてや!民放も
    毎日系の評論家や記者、外国で育ったらしき日本語の使い手が

    まるで!『日本国民」のような顔をして

    日本の国益を語りますよね??!

    あれって・・

    ゼッタイ!
    ひどい!!

    終戦直前、東京大空襲をする一月以上前から、
    米軍が、
    数十回も
    日本国民へ、
    本当の戦況を知らせるビラを撒き、
    米軍が
    やがて
    日本へ進軍するのは間もなくですよ、
    (地図に日付入りで)
    とか
    東京大空襲の予告のビラを何十回も撒いた後に
    どうも・・
    一斉大空襲をしてる・・フシギ・・

    今まで、聞いたことがありませんでした・・
    きっと!何か、東京大空襲にも
    広島と長崎への原爆にも何か意味がある・・

    って、、推理すると・・

    日本でも原爆のウランを
    すでにギブアップ後の
    ドイツからUボートという潜水艦で運んでもらう途中で
    発見されてしまったと言うこと・・

    このUボートって
    たしか印度のあんパンだったかカレーだったかの
    戦士が
    日本と欧州との往復に使っていたはずに思います・・

    印度の戦士の一人は
    台湾で飛行機事故で亡くなったことになってmすが・・

    何となく・・
    英米民主主義議会で
    日本を『赤』マッカツに占領されるのを
    阻止しようというのが
    戦後の紳士的なGHQの対応だったのかな??って考えると
    納得がいく・・?
    他方、朝鮮半島では
    マッカーサーは野蛮人を扱うようにしたというのは・・
    やはり・・
    『赤』マッカツ勢力が朝鮮半島を支配していたと言うことではないだろうか??

    被害者は・・日本人の方!??
    とか、

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません