絵本のネタ探しをしています。以下の話で、ウサギが幸せになれる方法を教えてください。

【続:ウサギと亀】
亀との競争に負けてしまったウサギは、自分が嫌いになりました。亀に負けたことで、自分は亀以下だと思い知りましたが、今でも亀を見下す気持ちが変わらなかったからです。ウサギは、それから毎日のように競争を思い出しては亀を見下し、その下にいる自分を見下し続けています。
努力して勝てばいい事は分かっていましたが、それでもウサギは、ほんの少しの努力が、どうしてもできません。もう、草原に寝転んで昼寝をしても、おいしい若葉をかじっても、ちっとも楽しくありませんでした。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 500 ptで終了
  • 登録:2008/12/17 00:23:35
  • 終了:2008/12/24 00:25:03

回答(44件)

すべて | 次のツリー>
亀といっしょにゴールする ラージアイ・イレブン2008/12/22 01:04:12ポイント1pt

亀との競争に負けてしまったウサギは、自分が嫌いになりました。亀に負けたことで、自分は亀以下だと思い知りましたが、今でも亀を見下す気持ちが変わらなかったからです。ウサギは、それから毎日のように競争を思い出しては亀を見下し、その下にいる自分を見下し続けています。

努力して勝てばいい事は分かっていましたが、それでもウサギは、ほんの少しの努力が、どうしてもできません。もう、草原に寝転んで昼寝をしても、おいしい若葉をかじっても、ちっとも楽しくありませんでした

 

ウサギは誰からも相手にされなくなりました。

けれど、自分は社会の中でだれかとつながっていたいと望むようになりました。

それはとても正しい願望でしたが、その実現の方法がウサギにはよくわからなかったのです。

そしてある日、ウサギはナイフを持って秋葉原に行ったのです。掲示板に「時間です」という言葉を残して。

ウサギは亀たちをひき殺し、次々と通行亀を刺し殺していきました。

秋葉原は亀の血でそまりました。けれどウサギは有頂天でした。そのときウサギの頭の中では、「自分は社会とつながった」というへんな実感を得ていたからです、その一瞬だけ。

しかしウサギのその幸せは長くは続きませんでした。

ウサギは逮捕され、裁判にかけられ、死刑を宣告されました。それは悪夢でした。

処刑場で頭に袋をかぶせれて、まさに処刑されようとしていたとき、「オレは悪くない!」と叫ぼうとしました。が、叫べませんでした。ガタンと床が落ちてウサギが落下し死が目の前に迫っていたとき…、ウサギは夢から覚めました。

 

それは退屈な日常の朝のはじまりでした。

かつて「こんな日常は消えてなくなればいいのに」と願っていたウサギでしたが、その日のウサギはもう一度この退屈な人生を生きてやろうと思いました。ウサギにはこの人生にはとても深い意味があるように感じたのです。

学校に登校していたウサギは、交差点でばったり亀と出会いました。

いつもは無視して走り去るうさぎでしたが、ウサギは亀と並んでいっしょに学校に行きました。

ウサギは亀に言いました

「みんなひとりひとりゴールが違うんだね。

ゴールに進むかどうか、それが大事なんだ」

 

それを聞いた亀はウサギにこう言いました。

 

「うん。でも、同じゴールなら

二人でいっしょにゴールすれば楽しいんじゃないかな」

 

ウサギは大きくうなづきました。

そしてウサギとカメは、二匹並んでいっしょに学校の校門に入っていったのでした。

めでたしめでたし。

すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません