「来たか長さん待ってたほい」はいつ頃から使われたものなのでしょうか。

google検索ではhttp://www31.ocn.ne.jp/~yu/diary/04_04.htmlに漱石の「道草」の一文を引用しながら「来たか丁さん待ってたほい」ではないか、という推測がありますが、果たしてこの推測は正しいのか、漱石の「道草」が初出なのか。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2008/12/19 09:58:29
  • 終了:2008/12/23 00:31:39

ベストアンサー

id:kanan5100 No.2

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752008/12/22 12:04:19

ポイント100pt

回答拒否が解除されていたので再掲します。

 

http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/kayo/meiryu.html

明治年間流行唄(高野辰之・大竹紫葉『俚謡集拾遺』付録。大正4年刊)

http://www.j-texts.com/taisho/hautadodo.txt

端唄及都々逸集 附はやり唄と小唄 大正6年

 

もともとは明治時代の流行唄のようです。

明治20年代に流行った追分節に、

>碓氷峠の権現さまよ、私が為には守り神、スイ/\、来たか長さん待てたほい、お前ばかりが可愛うて、朝起なろかいなア。

という歌詞があります。漱石は俗謡をもじって作品に使ったのでしょう。

id:ululun

ご回答有り難うございました。

2008/12/23 00:31:19

その他の回答(1件)

id:mulloo No.1

mulloo回答回数151ベストアンサー獲得回数22008/12/20 01:41:39

口調からいって最近でしょ。

id:kanan5100 No.2

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752008/12/22 12:04:19ここでベストアンサー

ポイント100pt

回答拒否が解除されていたので再掲します。

 

http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/kayo/meiryu.html

明治年間流行唄(高野辰之・大竹紫葉『俚謡集拾遺』付録。大正4年刊)

http://www.j-texts.com/taisho/hautadodo.txt

端唄及都々逸集 附はやり唄と小唄 大正6年

 

もともとは明治時代の流行唄のようです。

明治20年代に流行った追分節に、

>碓氷峠の権現さまよ、私が為には守り神、スイ/\、来たか長さん待てたほい、お前ばかりが可愛うて、朝起なろかいなア。

という歌詞があります。漱石は俗謡をもじって作品に使ったのでしょう。

id:ululun

ご回答有り難うございました。

2008/12/23 00:31:19
  • id:kanan5100
    回答拒否されているのでコメントで。
    http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/kayo/meiryu.html
    http://www.j-texts.com/taisho/hautadodo.txt
    明治20年代に流行った追分節に、
    >碓氷峠の権現さまよ、私が為には守り神、スイ/\、来たか長さん待てたほい、お前ばかりが可愛うて、朝起なろかいなア。
    という歌詞があります。漱石は俗謡をもじって作品に使ったのでしょう。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません