まだクリスマスも正月も終わっていませんが、節分に関する雑学を教えてくださいm(__)m

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/12/19 14:57:12
  • 終了:2008/12/26 15:00:02

回答(7件)

id:sakura19749 No.1

sakura19749回答回数785ベストアンサー獲得回数32008/12/19 15:48:17

ポイント18pt

http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20060124C/i...

まく豆はいり豆でなければいけないようです。

豆まきに用いられる豆は炒り豆でなくてはいけません。これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているから。「炒る」が「射る」にも通じます。大概、節分用に市販されている大豆は炒ってありますが、一応ご注意ください。

id:australiagc No.2

australiagc回答回数467ベストアンサー獲得回数902008/12/19 16:00:31

ポイント17pt

「節分 トリビア」とか「節分 雑学」とかで検索すると結構でてきますけど・・・。


節分の由来

http://www.geocities.jp/matu_seinen/setubun-toribia.html

節分というのは、本来、立春・立夏・立秋・立冬の前日のこと。

つまり季節が映り変わるときの意味。

特に立春が1年の初めと考えられることから春の節分が最も重視されている。

http://cyberkidsclinic.blog51.fc2.com/blog-entry-230.html

豆については、諸説がある。

『魔を滅する=まめ』 や 『魔の目(まめ)に豆を投げる』が代表的。

狂言 『節分』 には『人は、まめになる(勤勉に精進する)ことで不幸を追い払う』との教訓が込められている。

太巻きを食べるのは大阪海苔協同組合によると、江戸時代後期、大阪・船場の商家で幸福祈願として始まったと言われる。

一度は廃れたが、約30年前にのり店経営者らが節分のイベントとしてのり巻きの早食い競争を始めたりして広がったという。


節分蕎麦

http://www.nichimen.or.jp/zatsugaku/34_01.html

一年の最後の日に食べるそばを年越しそばと呼ぶようになったのは、意外と新しいことのようだ。

少なくとも江戸時代の後期には、大晦日ではなく節分に食べるそばを年越しと呼んでいた。


丸かぶり寿司の仕掛け人について

http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20060124A/i...

大正初期……大阪の花街で、節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べるという風習(流行り?)があった。

1932年……大阪鮓商組合が「節分の日に丸かぶり ~この流行は古くから花柳界にもてはやされていました。恵方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其の年は幸運に恵まれる」と書いたチラシを配布。


もっと面白いのがでてくるといいですねー。

id:Gleam No.3

Gleam回答回数2472ベストアンサー獲得回数2302008/12/19 16:48:52

ポイント17pt

http://www.dai-go.co.jp/yyy_top/2003_02/japan/majuanki.htm

>豆を撒いたあとには、自分の歳の数より一つだけ余計に豆を食べるが、これは節分が歳を一つ重ねる日であったことを物語っているのだ。


http://www.e-daishi.net/setsubun.htm

>節分とは,立春・立夏・立秋・立冬の「季節の分かれる時」を表しますが、その中でも立春の前日の節分が特に重んじられ,新年を迎え邪気を払い、幸せを願って様々な行事が行われました。


http://f40.aaa.livedoor.jp/~paulnobu/kyoto-setsubun.html

>京都の節分


http://www.ookunitamajinja.or.jp/matsuri/setsubun.php

>開運の守神 二月三日 大國魂神社節分祭


http://www.templatebank.com/season/setubun/

>鬼を追いはらうためには

id:yamadakouzi No.4

yamadakouzi回答回数296ベストアンサー獲得回数62008/12/19 16:52:11

ポイント17pt

節分は年四回あります。立春、立夏、立秋、立冬の前日です。元々、「季節の分かれ目」と言う意味です。同じく「土用」も年4回あります。

つまらん情報ですみません。

http://q.hatena.ne.jp/dummy

id:masanobuyo No.5

masanobuyo回答回数4616ベストアンサー獲得回数782008/12/19 22:19:41

ポイント17pt

こちらのサイトに詳しく記載がありますので、ご覧ください。

http://www.99do.com/chie/233.htm

豆の撒き方

大豆を煎って升にいれ神棚に供え、年男、年女、厄年の人、または一家の長が撒く。

玄関から順に外に通じる窓や扉のある全ての部屋で行う。

扉や窓を開け、「鬼は外」と言いながら外に2度撒き、すぐに閉めて「福は内」と2度いいながら家の中に撒く。

その後、自分の歳の数だけ豆を食べる。厄年の人は自分の歳より、一つ多く豆を食べて、今年一年間無病息災でいられるように祈るのだ。また妊婦のいる家庭ではこの豆を安産のお守りにしたりもする。

最近では、豆も「撒いた豆を食べるのは汚いような・・・。」という理由から、落花生をまいたり、小袋タイプの豆を袋ごとまくなど、家庭によって工夫があるようだ。

豆まきの豆について、重要なことのひとつは煎り豆を使うということである。万一、生豆を使って、拾い忘れたものから芽が出ると良くないことがある、といわれている。

一般的な豆まきの口上は「鬼は外、福は内」で、少なくとも室町時代にはこの口上ができていたらしいが、地方によって様々だ。お寺や神社では「鬼は外」ではなく「鬼は内」が多い。また、「鬼」の付く姓(鬼塚、鬼頭など)の家でも「鬼は内」の掛け声が多いという。

大きな神社などでは、節分の日に著名人が来て豆を撒くようなことも行なわれ、イベント化してきている。


関西では、節分の日に「恵方を向いて無言で太巻き寿司を丸かぶりして食べると、一年間健康で幸せに暮らせる」という風習がある。これは、太巻きの中のキュウリを「青鬼」、にんじんや紅生姜を「赤鬼」に見立てて、「食べて鬼をやっつけてしまう」という意味がある。巻き寿司は「福を巻きこむ」からで、丸ごと食べるのは「縁を切らないために包丁を入れない」ということ。

実はこれは、海苔屋の宣伝で、海苔の販売促進のために考えつかれたのがだんだん広まっていったそうだ。バレンタインデーのチョコレートや土用の丑の日のうなぎと同じようなものである。

id:kinnoji7 No.6

kinnoji7回答回数3060ベストアンサー獲得回数752008/12/19 22:43:23

ポイント17pt

撒くときの掛け声

*掛け声の通常バージョンは、「鬼は~外、福は~内!」ですが、鬼を祭神としている神社などでは「鬼は~内(鬼も~内)、福は~内!」と言うそうです。

地名に”鬼”が付く所や、名字に”鬼”が付く家でも、「鬼は~内(鬼も~内)、福は~内!」と言います。

http://blogs.yahoo.co.jp/hokeypokeyyoudothe/39820819.html

id:syou_m No.7

syou_m回答回数522ベストアンサー獲得回数152008/12/20 03:32:32

ポイント17pt

地域によっていろいろな風習があるようです。

http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20070123A/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません