NPO法人で、組織のゴールを明確化して、関係者がそのゴールに向かって動けるようにすることは重要です。

英語では、goal alignment というようです。そのための手法にはどんなものがあるのでしょうか?
まずは、goal の明確化というか意識化、言語化があると思われます。
http://www.sog.unc.edu/c4pt/tools/Goal%20Alignment%20Matrix%20Template.pdf
具体的かつ、簡単で、効果的な手法探していますのでお願いします。上記は、それらしい情報の例です。

「いろいろ調べてよく考えましょう。」という意見は役立たないので、ぜひ実践的なものをお願いします。
英語でもかまいません。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/12/22 08:51:13
  • 終了:2008/12/27 08:03:16

ベストアンサー

id:sukeru No.1

sukeru回答回数8ベストアンサー獲得回数12008/12/22 09:36:59

ポイント60pt

三重県で中間支援NPOをしています。

以下のブログに「組織のゴールを明確化して、関係者がそのゴールに向かって動けるようにする」ためのファシリテーションの技術を養う研修を実施したレポートを掲載してあります。ターケットビジョンを協働型会議で練り上げてステークホルダーで合意形成するプロセスを通じてビジョン実現のためのモチベーションを高める一連のワークショッププログラム、です。

http://d.hatena.ne.jp/sukeru/20040727

同手法を応用して、関係者(ステークホルダー)による公共事業用地選定(小学校用地選定)の市民会議で結果を出した実績

http://d.hatena.ne.jp/sukeru1228/

同手法の応用型である指標型KJ法をペースにして鳥羽市の総合計画づくりをサポートした事例

http://d.hatena.ne.jp/sukeru/20050225

など。

その他 

1.伊勢市の総合計画づくりのための「市民会議」で指標型KJ法をペースにして、市民会議で一定のビジョンを共有するための会議の技術を習得する職員研修

2.三重県職員向きに同手法を習得する研修の実施 2007年、2008年前期、2008年後期、を実施しています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません