従業員(全員)の退職金準備で生命保険を活用しようと思います。

長期平準定期保険か養老保険を利用しようと思うのですが、どちらが良いのかわかりません。
契約形態は、以下のように考えています。
【長期平準定期保険】
 契約者=法人、被保険者=従業員、死亡保険金受取人=法人
【養老保険】
 契約者=法人、被保険者=従業員、死亡保険金受取人=被保険者の遺族、満期保険金受取人=法人

どちらの保険が従業員の退職金準備に適しているのでしょうか。
それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/12/30 15:25:18
  • 終了:2009/01/06 15:30:02

回答(1件)

id:IlO10l0Il No.1

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812009/01/04 00:59:38

ポイント60pt

長期平準定期保険のメリットは、法人税・事業税・住民税などの負担が軽くなるのと、緊急時の資金調達に使えることですね。


養老保険のメリットは元本割れしないこと。


従業員の退職金準備なら長期平準定期保険を利用するのが一般的です。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません