言語における文法規則とは、音韻的あるいは記述的なパターン認識であるとかんがえてよいでしょうか。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2008/12/31 20:09:13
  • 終了:2009/01/07 20:10:02

回答(18件)

ただいまのポイント : ポイント31 pt / 100 pt ツリー表示 | 新着順
おっとっと... Marnier2009/01/03 19:30:50ポイント6pt
ノーム・チョムスキーが見たら鼻血出して怒りそうないわしですね。
チョムスキーさんは、もしかしたら、諸手を上げて喜んでくれないでしょうか ShinRai2009/01/03 23:16:53
生成文法は間違いだったと、認めてくれるってことはないでしょうか
そうですかね。そうかも ShinRai2009/01/03 21:34:39
しかし、複雑多岐にわたる文法が遺伝子情報に入っていたら、敬語で間違う人はいないはずじゃないですか。
Marnier2009/01/04 07:55:49ポイント4pt
「音韻的あるいは記述的な」とありますが、なら名詞に共通する音があるってこと?
音韻的なというのは ShinRai2009/01/04 18:27:40
「する」とくれば現在形、「た」と終われば過去形みたいに、音で文法をパターン認識していくという意味です。
んん? Marnier2009/01/05 00:23:15ポイント3pt
1.語順は? 2.そもそもShinRaiさんの考えるパターン認識って?どうもわたしと違う気が。そこから意見がさらに食い違うかもしれないし、歩み寄れるかもしれないです。 3.昔のアメリカの農夫が文法めちゃくちゃ ...
パターン認識 ShinRai2009/01/05 10:49:33
そうですね。 -1- パターン認識とは、、、AはBであるということをアプリオリに(恣意的に)認識する(覚える、丸覚えする)ということでしょうか。 -2- ピジン(第一世代)あるいはクレオール(ピジンの親に ...
操作的な定義がなされなければ sidewalk012009/01/05 11:04:30ポイント1pt
検証不可能ですよ。
よくないです。 adgt2009/01/01 18:49:46ポイント5pt
的外れな意見です。
では、子供は文法をどのように覚えるのでしょうか ShinRai2009/01/02 09:55:35
やはり遺伝子の中に文法が組み込まれているのでしょうか(チョムスキーの生成文法論) それとも、パターン認識以外で、獲得するのでしょうか。
言語学習の準備性 sidewalk012009/01/02 17:15:04ポイント3pt
を人間は有していると思われます。同等の学習訓練を行っても、チンパンジーなどでは言語学習は不十分にしか成立しません。学術論文などにあたられたほうが有用な情報が得られると思いますよ。
質問者さんは、アリストテレス的な文字説明ではなく、ソクラテス的な理解を求めてられる? takokuro2009/01/02 23:36:11ポイント3pt
ユダヤ人で決して、 そう単純な思い込みでアリストテレス的な思考法に夢中にはならないはず・・ (私は、教養課程や教職課程で3つもある心理学とは全く違う視点に  大変な思い込み?で根本的な解明がこれで出来る ...
ソクラテス式かアリストテレス式か sidewalk012009/01/03 13:59:44ポイント2pt
というよりも、文章が冗長すぎて何を仰っているのか分かりかねます。つまりどういったことでしょう?
論理的でないやり取り adgt2009/01/04 01:48:45ポイント1pt
文法と学習過程は別物。知見の違いはあっても良いが、どの視点から見たかを示していないと意味が無い。
脳による言語認識は、 uehaj2009/01/03 14:58:56ポイント2pt
終端記号の列を全体として総合的に直接パターン認識する機構なのであって、 「文法規則」なるものを介在させて理解する必要も余地もないと思います。
文法を知らなくても正しく話せるということですね ShinRai2009/01/03 21:35:29
それもパターン認識として
遺伝子でないとしたら、パターン認識じゃないでしょうか? ShinRai2009/01/03 18:19:24
文法規則はパターン認識でないか。 動詞・形容詞の活用において頻繁に使う語は不規則に変化し、その他は規則変化するのが好例である。 日本語の場合は、複雑に意味を変化させる助詞や助動詞が多様に意味を変える ...
品詞の順序まで設定する基本法則 miharaseihyou2008/12/31 22:46:01ポイント1pt
比較言語学の話だったけど、通常の構文で名詞が一番に来るとは限らない日本語は特異な存在らしい。 その言葉を話す人の思考構造さえ左右する要素を持つ。 だからこそ幼児期の他言語の習得には問題が多い。 意識の根 ...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません