言語における文法規則とは、音韻的あるいは記述的なパターン認識であるとかんがえてよいでしょうか。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2008/12/31 20:09:13
  • 終了:2009/01/07 20:10:02

回答(18件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
脳による言語認識は、 uehaj2009/01/03 14:58:56ポイント2pt

終端記号の列を全体として総合的に直接パターン認識する機構なのであって、

「文法規則」なるものを介在させて理解する必要も余地もないと思います。

文法を知らなくても正しく話せるということですね ShinRai2009/01/03 21:35:29

それもパターン認識として

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません