明けましてお目出度う御座います。

そこで古来よりの日本独自の風習に「冬至には柚子湯に入る」または「お正月にお飾りするお供えにダイダイが使われるのは」何故でしょうか

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/01/01 11:54:08
  • 終了:2009/01/01 13:22:23

回答(5件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4733ベストアンサー獲得回数7502009/01/01 12:07:20

ポイント20pt

あけましておめでとうございます

http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20061212A/i...

>柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。

こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、

もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)です。

昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理ですし、

現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習がありますね。

冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えも

ありました。端午の節句の菖蒲湯も同じです。


もちろん、柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、

果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。

さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。


http://www.gishi.co.jp/home/faq_03a.htm

>【橙(だいだい)】

代々家が続くという語呂合わせの縁起物。

元々、実のヘタに台が2つあるので、だいだいと命名された

id:nomu1953

真にご見識の高さに恐れ入ります。また、早速のご回答有り難う御座いました。

PS:今年が貴方様にとって幸多き一年でありますよう

2009/01/01 13:17:11
id:sylphid666 No.2

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902009/01/01 12:23:35

ポイント20pt

ゆず湯

http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20061212A/i...

>柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)です

子孫が代々(橙)続くようにと言う語呂合わせです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214194...

橙は昨日深夜のテレ朝の雑学王でもやっていました。

id:nomu1953

早速のご回答真に有り難う御座いました。

2009/01/01 13:18:40
id:xgt66860 No.3

xgt66860回答回数39ベストアンサー獲得回数32009/01/01 12:24:19

ポイント20pt

おめでとうございます。

2つとも由来が違うようです。

冬至は「とうじ」と「湯治〔とうじ〕」とかけて生まれたのが柚子湯 (柚子を入れたお風呂)で、柚自体にも意味があり、「融通〔ゆうずう〕が利きますように」という願いが込められている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%9A%E5%AD%90%E6%B9%AF


橙(ダイダイ)は、代々家が続くという縁起物。

http://allabout.co.jp/living/interior/closeup/CU20051226A/index2...

id:nomu1953

早速のご回答真に有り難う御座いました。

2009/01/01 13:19:29
id:kinnoji7 No.4

kinnoji7回答回数3060ベストアンサー獲得回数752009/01/01 12:41:57

ポイント20pt

わが国の古い習慣に、この冬至の日に湯をわかして、沐浴(髪を洗い、からだを洗うこと)したのが、ゆず湯のはじまりと言われています。

http://blog.livedoor.jp/okaji2031/archives/51150860.html

id:nomu1953

早速のご回答真に有り難う御座いました。

2009/01/01 13:20:18
id:rsc96074 No.5

rsc回答回数4398ベストアンサー獲得回数4032009/01/01 13:06:18

ポイント20pt

①冬至には柚子湯

 下記URLの「 3.冬至に柚子湯に入るワケ」の項目によると、次の通りです。結局、語呂合わせのようです。

>実は、「冬至」と「湯治」が語呂合わせになっているため、冬至に湯治するのだそうです。その時に柚子が使われるのは、この時期の旬の果物だからということもありますが、柚子と「融通(ゆうずう)がきくように」という願いが語呂合わせになっているという説もあるのだとか。また冬至を境に寒さが増すため、柚子湯に入って寒い冬を無事に乗り切り、暖かい春を迎えられるようにとの願いも込められているようです。

http://www.mon-age.com/beauty/081212.php

②お正月にお飾りするお供えにダイダイ

 下記URLによると、こちらも、語呂合わせのようです。ダイダイ「代々」子孫繁栄。

>「代々の実が付いている」ことから、ダイダイと名付けられました。「代々、繁栄するように」という語呂合わせにより、果実が縁起ものとして使われます。

http://blog.zukan.net/blog/2005/12/31-post_273.php

id:nomu1953

早速のご回答真に有り難う御座いました。

PS:今年一年が貴方様にとって幸多き年でありますように

2009/01/01 13:22:12

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません