片岡義男さんの小説だったと記憶しているのですが、

とある温泉街で、自分の理想とする女性(ストリッパー?)とめぐり逢うお話
って、なんというタイトルか知っている方いたら教えてもらえませんか?
どうしてもこの作品のタイトルを知りたくって・・・
お手数ですが、よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/01/02 23:34:40
  • 終了:2009/01/03 00:14:34

回答(2件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4733ベストアンサー獲得回数7502009/01/03 00:00:02

ポイント35pt

短編集『恋愛小説』(角川文庫)

http://turner-b.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_368a.html

>片岡義男が自らの小説の中でこのように音楽の曲名を具体的に明かすことは珍しい。Photo_3

 この短編自体が片岡の小説群の中ではとびきり異質で、ストーリーは、フリーライター・山崎勇二が

広島の場末の劇場でストリッパー・青山春香に「理想の女性」を見出してしまうという内容で、

とても片岡らしくない描写が続く。

id:kanan5100 No.2

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752009/01/03 00:05:16

ポイント35pt

http://turner-b.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_368a.html

“彼にとっての、完璧に理想的な造形と雰囲気の女性がひとり、彼の目のまえのステージで、生きて踊っていた。理想の女性に関するさまざまなイメージの断片が、彼女の登場により、いっきょに、具体的なひとつの統一された像となった。そしてその像は、ステージの上で踊る青山春香そのものだった。”

片岡義男「ひと目だけでも」〔短編集『恋愛小説』(角川文庫)所収〕

ストーリーは、フリーライター・山崎勇二が広島の場末の劇場でストリッパー・青山春香に「理想の女性」を見出してしまうという内容

これではないでしょうか?

id:zeami

ありがとうございました。

2009/01/03 00:14:25
  • id:MEI-ZA-YU
    http://www.geocities.jp/le_trou909/ital/kataoka/k-books/kb80.html
    『恋愛小説』
    片岡義男 著
    1988年6月10日/169p.
    ・楽園の土曜日 (『エスクワイア』1988年8月号)
    ・ひと目だけでも (『野性時代』1988年8月号)
    ・基本を学ぶ
    ・と、彼は思った
    ・4シリンダー追想
    ・肩をうしろから見る (『野性時代』1988年7月号)

    ・あとがき

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません