自分が取得しているドメイン名(e.g hogehoge.com)をオークションなどで販売して

罪に問われる・訴えられるようなケースはどういった場合ですか?

売り方ではなく、ドメインの名前、表記、価格設定についてで
おしえてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/01/09 12:10:36
  • 終了:2009/01/16 12:15:02

回答(2件)

id:ryuzee No.1

Ryuzee回答回数19ベストアンサー獲得回数12009/01/09 16:43:32

ポイント35pt

JPドメインに関するドメイン名紛争処理方針

http://www.nic.ad.jp/ja/drp/index.html

をご参照ください。事例も多数載っています。


端的にいうと、

不正の目的によるドメイン名の登録・使用(例えば、ドメイン名を先取りして、商標権を持つ人に対して高額で転売しようとする行為など)があった場合に、権利者からの申立に基づいて速やかにそのドメイン名の取消または移転がなされます。


従って、たとえば転売目的で「はてな.jp」というドメインを取って売ろうとしても、販売者が「はてな」に関して従来からその商標を使って実体のある活動をしていないと、本物のはてなが申し立てをすれば、オークションでいくらの値段をつけようが、裁定によりドメイン名は移転されてしまいます。

この裁定の結果を不服として裁判が行われた事例もいくつかあります。


実際の裁定例

http://www.nic.ad.jp/ja/drp/list/2007/JP2007-0009.html


ということで、他の会社や組織として一般的な商標が成立しているようなドメイン名はやめたほうがよいでしょう。

また、有名なドメイン名との一文字違いや、間の.を抜いたドメイン(たとえばqhatena.ne.jpみたいにqのあとに.がない)ようなものも、

フィッシング詐欺目的と判断される可能性がありますので、やめたほうがよいでしょう。

id:ken1bf7

とても参考になります

ありがとうございます。

2009/01/13 19:13:25
id:niwa-mikiho No.2

niwa-mikiho回答回数508ベストアンサー獲得回数382009/01/10 00:07:08

ポイント35pt

取得したドメインが何かしら登録商標であったり © や ™ などが付いたものは、後々に所有者の申し立てがあれば廃止もありえます。

昔では検索サイトである http://www.goo.ne.jp/ が アダルトサイトである http://www.goo.co.jp/ の廃止を求めたところ、co.jp が先にあったにも関わらず ne.jp 側が勝って co.jp 側は廃止されたなんてこともあります。

なので、ドメイン売買を商売として考える場合

たとえば、777.jp であったり、iloveyou.jp など一般的な言葉で取得、売買の方が現実的かもしれません。

http://www.nic.ad.jp/ja/drp/index.html


言葉は大げさですが、紛争にまで発展した場合、売られていた価格などは関係ないかと。

id:ken1bf7

とても参考になります

ありがとうございます。

2009/01/13 19:13:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません