【長文です】64歳の父(すでに定年しています)が精神的に少しおかしくなっているような気がします。

家族としてできることをアドバイスいただけないでしょうか。

簡単ないきさつをコメント欄に書きます。
もっと簡潔にまとめられるのかもしれませんが、わたしの頭ではこのぐらいが精一杯でした…。
長文になってしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/01/22 03:08:19
  • 終了:2009/01/22 23:14:53

回答(12件)

id:minkpa No.1

minkpa回答回数4178ベストアンサー獲得回数552009/01/22 03:16:14

ポイント15pt

極度に怒りっぽくなったのであれば脳障害の可能性もあります。

認知症、脳腫瘍、脳血管障害など。

きっかけが確かであれば認知症や脳腫瘍は無いと思いますが、ショックやストレスにより脳血管障害が進行した可能性はあると思います。

精神疾患に抵抗があっても、人間ドッグで脳も含めて見て貰うのは年齢的にも抵抗は少ないでしょうし、一度見て貰うことをおすすめします。

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

わたしもはじめ「認知症かな」と思いましたが、そうでなくてもショックやストレスで脳血管の障害が進むこともあるんですね。

血管がつまりやすい家系らしいので、その可能性はあるように思います。

人間ドッグは先日終えたばかりなのですが、何と言って病院まで連れて行こうか悩むところです…。

2009/01/22 03:20:35
id:hijk05 No.2

hijk05回答回数1307ベストアンサー獲得回数232009/01/22 03:20:18

ポイント15pt

痴呆症じゃないと思いますが、取り合えずそういう関係の病院に、連れて行くのがよいと思います。

あと、保健所とかでどうしたらよいかの相談を乗ってもらえると思いますので、地元の保健所に問い合わせてみてくださいね。

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

さっそく保健所に問い合わせてみたいと思います。

やはり、病院に一度行ってみたほうがいいですよね。

自分で考えるしかないことはわかっているのですが、本当に、何と言えば病院に行くことを納得してくれるのか、こういう事態が初めてなものでなかなか考えがまとまりません…。

母に相談してもなんだか要領を得なくて、まずいなー、と思っています。

2009/01/22 03:25:00
id:powdersnow No.3

powdersnow回答回数1301ベストアンサー獲得回数652009/01/22 03:29:24

ポイント15pt

とりあえず、お医者さんに診せた方が良い気がします。

とはいえ、本人に直接伝えて、病院に連れて行くことも難しい状況のようですので、

まずは、本人ではなく、貴方がお医者さんに相談してみるのがいいのではないでしょうか。

きちんとしたお医者さんなら、その手の状況は幾度も経験していると思いますので、

貴方の友人として来訪して頂くなど、何らかの対策なりアドバイスを頂けると思います。

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

そうですね、家族がまず相談しに行くというのもできますよね。

たぶん母と二人で行った方が話が早いと思いますし、どのみち明日、母にきちんと話を持ちかけてみようと思います。

真夜中に質問したので明日の朝まで回答を待たなきゃいけないだろうなあ、と思っていたのですが、すぐに冷静な回答をたくさんいただけて、本当に救われております。

みなさん、本当にありがとうございます。


当事者がすみませんが、明日に備えて今夜はひとまず寝ることにいたします。

本当にありがとうございます。

2009/01/22 03:38:36
id:pino0223 No.4

pino0223回答回数86ベストアンサー獲得回数22009/01/22 08:44:32

ポイント15pt

一番に考えるべきはお父さんが一番信用していた弟に裏切られたという事を改善してあげる事

が一番重要ですよね。おそらくお父さんは裏切られたという気持ちを思い出すたびに怒鳴り散らしたり

しているのだと思います。家族に対して言ってるのではなく(共感してほしい訳ではない)

自分がそう発言することによってストレスを吐き出しているのだと思います。

弟さんの事を忘れるようなことは今後もない訳ですから弟さんと仲直りするあるいは忘れる

しか改善方法はありません。


仲直りはできる状況ですか?


無理なら忘れる方法へ。趣味の登山や料理を自分で始められないなら娘の貴方がやりたいから

付き合ってくれないか?とか無理に誘う方法で始めてみるのがいいでしょう。


もうひとつの忘れさせる方法は家族がとことん弟さんの話を聞くこと。

心療内科に連れて行ってもいいですが、とても偏見を持っているとの事ですから

そこはお母さんが限界に来たらで良いのではないかと。



もちろんその時心療内科に連れて行く理由は「お母さんが精神的にまいっていて」という

理由にしたほうがよいです。どうして精神的にまいってるか(お父さんが毎日暴言など)

のことをきちんと目の前で話ししてもらうのが一番いいと思います。

お父さんは本当は家族思いのある方なのですから自分が悪いことをしたと

気づいてくれるとおもいます。

まずは忘れる方向から初めて見ましょう。なんか変=病気と考える前に

できる事をしましょう。

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

登山に誘うのもいいですね。

前から「お前も一度行ってみたらどうだ」と言われていたので、いい機会だと思いました。

叔父と仲直りすることは期待できないと思います。

今までの信頼を根底から覆すような出来事だったので、父ほどではないにしても、わたしたち家族も相応に驚いているところです。

父も、まだまだ気持ちに揺らぎがみられるものの、現在は裏切られたショックと怒りのほうが圧倒的に大きいように見受けられます。

また、言葉足らずですみませんでしたが、今のところ、家族ぐるみでできるだけのことはしてきています。

時間の許す限り誰かが必ず父の話を聞くようにし、そのさい頭ごなしに否定したりはせずに、なるほど、そうだよね、と、まずは父の気持ちをありのままに受け容れるように心がけています。

雑誌の話はさすがに「心配しなくてもいいよ」と伝えましたが…。

2009/01/22 13:42:31
id:dohgen No.5

dohgen回答回数236ベストアンサー獲得回数132009/01/22 08:53:13

ポイント15pt

これは病気ではありません。お父さんの気持ちの整理をつけることが解決の第一歩です。しかしながら、ものごとが錯綜しすぎて、とうとうそれすらもできなくなってしまったのでしょう。お父さんにこころを開ける人は、他に誰かいませんか。その人に、自らの置かれた状況を正確に話すために、気持ちの整理をするようになれば、お父さん自身が、「これは、じぶんに落ち度があった」「これは、相手が悪い」「これは。。。。」と自己分析を始めるのではないでしょうか。

 精神科に行っても状況はかわりませんし、むしろ薬に頼ることになります。精神科は実はカウンセラーではないのです。自らの状態を、悟ることが、全快への道です。

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

仲のよい友人に話をしたようで、その人とは趣味も共有しているので、話し相手になってくださればありがたいと思っております。

話しているうちに気持ちが整理できてきてくれればいいと思い、わたしたち家族もじっくり話を聞いているのですが、むしろ整理どころか自分の想像というか妄想?にがんじがらめにされて混乱の度合いを深めていっているように見受けられます。

2009/01/22 13:27:27
id:australiagc No.6

australiagc回答回数467ベストアンサー獲得回数902009/01/22 08:53:35

ポイント15pt

他の可能性としては、男性の更年期障害というのもあるのではないでしょうか?

http://www.ryman-up.com/ap01.html

男性で更年期障害の症状があらわれる人の多くは、45歳から65歳の働き盛りが中心で、その中でも、とくにストレスをため込みやすい人に発症しやすいと言われています。

突然気力をなくす、イライラする、集中力が欠如する

もしこれだとしたら、根気良く話し相手になってあげたり外に連れ出してあげて、できるだけストレスを軽減させるのが良いようです。

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

上でも書きましたが、やはり登山に誘ってみようかな、と思いました。

気晴らしに付き合っていくうちに回復するようであれば、それが一番いいと思います。

2009/01/22 22:34:23
id:totsuan No.7

totsuan回答回数331ベストアンサー獲得回数582009/01/22 09:20:46

ポイント25pt

コメントからの推察のみですのであくまで参考程度としてください。

>先日、その叔父から大変ひどい形でその信頼を裏切られる出来事があり、父はひどくショックを受けています。

このイベントがいつごろ発生したのかにもよりますが、おそらく数日-数週間前のことだろうと推測します。唯一心を許していた親族に裏切られた気持ちが強すぎて、自棄的な気持ちになっていらっしゃるのだろうと思います。

認知症と考えるには経過が急すぎる気がしますし、もしこれを認知症の一種とするのであればむしろ二次的なものでしょう。しかし、前の人間ドックで大きな異常を指摘されていないのであれば、その可能性は低いと思われます。脳血管障害だとすると、感情のみが障害を受けるというのは、かなり稀な症状といえます。

まずこういった場合には、いくつか観察すべき項目があるかと思います。

1)感情の起伏は怒りのみか?落ち込みはないか?

2)明らかな物忘れの症状はないか?

3)食事、睡眠、排泄、趣味への熱中度等に関する変化はないか?

4)明らかな運動麻痺(=片足を引きずる、片手を動かさない、顔の左右に歪みがある等)や

  自身の身体の異常に対する無視はないか?

5)こちらの会話を理解し、簡単/複雑な指示に応じれるか?

以上の点において特に医学的問題がなさそうと判断できれば、相手の話にはあいづち程度で応じてあげるほうが適切なように思います。もちろん始終お付き合いするのも難儀でしょうから、キリの良いところで「いろいろ考えてるんだね、僕達の事も気にしてくれて有難う」と感謝の気持ちを示すのがよいかもしれません。

コメント欄で提言しておられる方もいらっしゃるように、とりあえず必要なのは「愚痴を聞いてくれる人」だと思います。贔屓にしているお寺があれば、そこのお坊さんに御願いするのも手ですね。元来、そういった人間関係の問題の相談窓口として古くからある職業ですし、医師にかかるよりも敷居が低くて良いと思います。あらかじめ、お坊さんとお話して他の家族が架空の悩み相談をすることにして連れ出すという方法でも良いかもしれません。

お粗末さまでした。

id:seasonable_flavor

感情の極端な落ち込みはありませんし、尋常でないレベルの物忘れも今のところはありません。

睡眠のリズムは狂っています。夜中いつまでも寝付けずにいるようで、そのぶん昼間眠っています。これは脳の障害というより、単に気持ちが不安定になっていることによるものなのかな、と思うのですが…。

身体の動きがおかしくなったりすることはありません。

ちなみに5年ほど前から痛風持ちなのですが、これは関係あるのでしょうか。

いずれにしても、医学的にそこまで切羽詰った状況でもないのでしょうかね。

ひたすら愚痴を聞くことで、少しずつでも元のように明るく元気な父に戻ってくれればいいのですが…。

わたしの愚痴になってしまいますが、母がもともと人の話を聞くのがあまり得意ではなく、今回の父の愚痴を聞くときも明らかに「またその話か」とでも言いたげなうっとうしさが前面に出てしまっています。それで父も「一番理解して欲しい女房から受け容れてもらえていない」という新たな不満の種を抱いてしまい、感情がエスカレートしてしまうようです。母にもその点は話してみたことがありますが、年も年だしなかなかすぐには改められないようで、もうちょっと親身になってあげてよ、と、正直その点でもやるせない思いです…。

2009/01/22 22:46:12
id:y-charu No.8

y-charu回答回数13ベストアンサー獲得回数22009/01/22 10:47:06

ポイント20pt

どうぞ、早く病院に連れていってください。

できれば、心療内科、精神科、脳外科など総合的に診療できる病院で、

欲をいえば、老人性痴呆症など、老人特有の症状に経験の多い病院がいいです。

精神科がお嫌いで、人間ドックに行ったばかりとのことですが、

「脳ドック」を受けるという口実はいかがでしょうか?

質問者様、お母様と3人で行ってください。

お父様が医者の前でとりつくろっても、家人が後で真実の姿をフォローすればよろしいです。

お母様も、お父様のネガティブな言動を毎日受けていらっしゃるので、

かなりストレスがかかっていることと思います。

最悪、お母様にも何らかの悪影響がないとは言い切れません。

もちろんメインはお父様の診察ですが。

怜悧な医者なら質問者様、お母様、お父様の3人から

現在の状況を聞いて判断することを望むでしょう。

私の場合、義母がお父様と似たような症状でした。

以前に脳梗塞を発症し、それは治療したのですが、

強いストレスにより「被害妄想」を発病、

その後「老人性うつ」に移行→義父にも影響が。。。となりました。

年齢的にも、大きな山を越える時です。

信頼していた叔父様の裏切りが心身に大きく影響を与えたのでしょう。

どうか回復なさいますよう、お祈りしております。

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

義理のお母さまでしたら、今のわたしよりもっと大変な状況もあったのではないかとお察しいたします。

下のほうのご回答にもありますが「老人性うつ病」として特に区別してあるということは、何か老人特有の症状があるのでしょうね。調べてみたいと思います。

2009/01/22 22:48:48
id:tabuta-4949 No.9

tabuta-4949回答回数100ベストアンサー獲得回数32009/01/22 11:31:38

ポイント15pt

私も3、powdersnowさんの意見に賛成です。むりやり診療内科を受診させられたという事

になると、その事実は消えませんからね。事前に連絡をいれて、質問者さんが受診する

から、お父様に付き添って来ていただくという手段もおありかと思います。


良い方へ、回復なさる事を願っております。

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

そうですね。

仮に方便をうまく使って病院まで同行してくれたとしても、家族の真意を知ったときの父の絶望感を思うと、これ以上追い詰めてどうするんだ、まったく逆効果じゃないか、と思います。

ここでこうして話をしているうちにわたしの気持ちも落ち着いてきましたし、何も今すぐ病院まで引っ張っていかなくても、家族でぼちぼち支えていけばいいじゃないか、というように考えが少しずつまとまってきています。

2009/01/22 22:56:20
id:cherry-pie No.10

cherry-pie回答回数182ベストアンサー獲得回数112009/01/22 11:57:46

ポイント15pt

急な変化などは、脳梗塞などの恐れがあります。

例えば脳に腫瘍ができていたりして、それが理性をつかさどる部分を圧迫しているなど。

例ですが、急に話せなくなったりする場合は、言語中枢に異常があったりなどしますから。

血液のながれなど、内科で診察することをお勧めします。

その上で脳に異常がありそうなら脳外科を紹介してくれるでしょうし・・・。

 

あと、これも一つですが、

本人が心療内科を希望されないとのこと。

でしたら内科と併設している病院を探すとか、

先生が兼任している病院を探すとかすればいいのではないでしょうか。

また、大病院はムリかもしれませんが、それ程大きくない病院で科が分かれている場合は

内科の窓口で、先生だけ心療内科の先生をつれてきて診察をしてもらうことも可能です。

家族の同意があれば受けてもらえると思います。

 

家族の心労が心配ですし、何か対処をされたほうがいいですよね・・・。

いい方法がみつかるといいですね。

id:seasonable_flavor

血管がつまりやすい家系なので、おそらくいつかは父もそのような病気に苦しむことになるのだろうという覚悟はしています。

今回がそのはしりなのかな、と思わないでもなかったのですが、身体機能にはこれと言った異常はありませんし、今すぐ病院に駆け込まなくてもいいのかもしれないな、と…。

心療内科には、わたしも以前、仕事絡みのストレスで体を壊したときにお世話になって大変救われた経験がありますので、個人的にはできれば一度門を叩いてみてほしいと願っています。

2009/01/22 23:04:50
id:SnowFlake No.11

SnowFlake回答回数68ベストアンサー獲得回数02009/01/22 15:38:53

ポイント10pt

頭がおかしのなら、もしかして痴呆症の走り。

精神的におかしいのなら「老人性うつ病」でしょう。

どなたもあることです。

気長に付き合う覚悟が必要かもしれません。


http://www.noos.co.jp/sapuri/tokusyu/sakaitalk3.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1379900...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414624...

http://www.utsubyebye.net/symptom/e_person.html

http://allabout.co.jp/family/care/closeup/CU20051017A/index.htm

ご参考にどうぞ

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

「老人性うつ病」とはどのようなものなのか、調べてみたいと思います。

2009/01/22 23:05:12
id:liferose No.12

liferose回答回数197ベストアンサー獲得回数12009/01/22 21:08:35

ポイント15pt

http://www5d.biglobe.ne.jp/~beloved/main/hospital.html

こちらの下のほうにも書かれていますが、無理やり心療内科などに連れて行くことも危険のようです

少し参考までに上記サイトを読んでみてください

id:seasonable_flavor

ありがとうございます。

上にも書きましたが、本人が納得できていないのに無理やり連れて行くことは、効果がないばかりかさらに追い詰めることにもなりえるのだ、ということも深く認識することができました。


皆さんのご意見、大変参考になりました。

こうして話を聞いていただくことで、わたし自身の気持ちをも整理することができました。

正直きついですが、もうしばらくは、いっしょに山登りに行ったり、普段の何気ない会話で少しずつ気持ちをほぐしたりしながら、回復を待ちたいと思います。

一応、保健所には一通り話をして、医学的判断を仰ぎたいとも考えています。

長期にわたって状況が改善されないようであれば、医療機関への相談も本格的に考えたいと思いますが、父自身がもしかしたら自分から異常を訴えてくるかもしれないし、そのときはもちろんすぐによい対応ができるように、常に心のどこかで準備をしておきたいと思います。

本当にありがとうございました。

2009/01/22 23:13:57
  • id:seasonable_flavor
    父はもともと自分の家族と折り合いが悪かったのですが、唯一、弟である叔父のことだけは信頼して心を許していました。
    ですが先日、その叔父から大変ひどい形でその信頼を裏切られる出来事があり、父はひどくショックを受けています。金銭的な問題も絡んでおり、巻き込まれるのを避けるためにも叔父のことにはもう関わらないでいたい、とのことで連絡も一切取らずにいます。
    しかし、その出来事を契機のようにして、最近、ちょっと理解に苦しむようなことを言い出しました。
    「雑誌が叔父の件で取材に来て記事を買収しろと言うのではないか」「もう四国のお遍路参りにでも放り出して、定期的に金を送ってやるか」など、なにか被害妄想のような強迫観念のような、現実的でないことを真顔で言い出したりします。また、叔父や祖父母など自分の家族のことを、これでもかと言わんばかりに口汚く罵倒するような話を一日中わたしたちの前で繰り返します。本当に、こちらがあいづちを打つ間もないほどのハイペースで、何かに追い立てられるかのようにあることないこと混ぜこぜにしてずーっとしゃべり続けているのです。
    少しでもその話の内容に疑問を呈したり、口を挟んだりすると、本気で怒鳴り散らします。
    もともとこだわりとか執着心の強い人ではあるのですが、それにしてもここしばらくの様子は異常だと思います。
    そのような調子で毎日家にいる間中話を聞かされている母が精神的にかなり疲弊しており、わたしも正直、疲れと戸惑いでちょっと余裕をなくしています。
    本当は心療内科にでも連れて行きたいのですが、父本人が悪いことに精神疾患に強い偏見のある人で、家族が勧めても絶対にそのようなことに合意はしないと思います。
    「気晴らしをすれば」とやんわりと勧めると、趣味の登山や料理にこれからは精を出して自分の人生を楽しむつもりだ、と口では言いながらも行動には移せないようで同じことの繰り返しです。

    口では「切った」と言っても内心では叔父への心配とか悲しみとか怒りとか、いろんな感情が混沌としているのだろうというのは理解できますし、自分の弟のせいで家族に何かあったら、ということを案じてくれているのも痛いほどわかります。
    しかし、このまま父の話に付き合っていれば、こちらまでおかしくなってしまいそうです。

    今のところ、母とも話して、適度に家から離れて気晴らしをしてバランスを取りながら生活していますが、いつまでもそうやって父からただ逃げるのもかわいそうですし、できる限り父の力になってあげたいと思っています。
    漠然としていて申し訳ありませんが、このような現状を打開するのに有益なアドバイスをいただけると幸いです。
  • id:Mathusala
    サディア・ラボン 2009/01/22 06:36:59
    教会の尼さんに愚痴を聞いてもらったらどうかと思います。
    信者じゃなくても大丈夫です。

    暴れていた兄ちゃんが素直になったのを見た事があります。
  • id:adlib
     
     記憶のリハビリ ~ わたしなら試みたいこと ~
     
     はじめての経験なので、母上ともども狼狽されていませんか。
     もし、父上の認知症が確定したら、どうされるつもりですか?
     嘘をついて、精神科へ連れて行くのは、誰のアイデアですか?
     
     あなたの話を聞いた医師が、占い師のように自信たっぷりの治療法を
    開陳するとは思えません。ましてや見ず知らずのネット・ユーザーが、
    (わたしを含めて)信頼できる情報を持っているはずがありません。
     
     世間には、もっと重症の患者が、潜在的に待機しているはずです。
     すぐに入院させるにも空きはなく、経済的にも負担できますか?
     つまり、最悪の場合、家族だけで現状を維持する覚悟が必要です。
     
     老人の不満は、過去の事情よりも、しばしば現状の不安が原因です。
     家族の気持が離れていることに、とくに敏感です。
     話題をそらさず、つねに関心を寄せることが、家族のつとめなのです。
     
     なるべく一緒に居る時間を増やし、誕生日や命日を思いだしましょう。
     直近の記憶よりも、古い記憶のほうが思いだしやすいのです。
     食事やテレビの他、古いアルバムなどを、みんなで覗きこみましょう。
     
     認知症患者の記憶や感情が、いつも同じように見えるのは、介護者の
    観察力が乏しいからだそうです。健常者と同じく、日によってゆらいで
    います。介護者の心情も、ほとんど伝わっているわけです。
     
     いますぐ結論を出す前に、まずは症状の記録をおすすめします。
     録音テープを採り、繰りかえしの箇処・内容をチェックしましょう。
     愚痴を繰りかえす原因が、誤解か、記憶の欠損によるか判別します。
     
     尊厳ある晩年を送ったゲーテやカザルスは、対話録を残しています。
     福沢諭吉も、晩年(64歳)に、ある外国人からインタビューを受け、
    口述筆記という方法を採用しています。
     
     毎月四回ずつ、一回およそ四時間ぐらい、一回分の原稿が出来ると、
    自分で綿密に訂正加筆して、更に次の一節に進むというやり方です。
     ありふれた年表のようなものを手に、すべて記憶によったそうです。
     
     みずから語った過去を読みかえす作業は、介護者にとっても重要です。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19540310
     福翁自伝の変遷
     
  • id:seasonable_flavor
    >>Mathusalaさま
    ありがとうございます。
    友人からも「悩んでたとき、教会のシスターに話を聞いてもらって気持ちが楽になった」と聞いたことがあります。他人の話をそんなに親身になって聞いてくれるなんて、本当にすごい人たちだと思った記憶があります。
    今回の件では思いつかなかったので、参考になりました。


    >>adlibさま
    ありがとうございます。
    時間が許しさえするのなら、そういうことをいっしょにやっていきたいと思います。
    鬱屈した過去を過ごしてきた人なので、対話によってそれを解放してあげることができればどんなに楽になるだろう、と思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  •  福翁自伝の変遷   http://d.hatena.ne.jp/adlib/19540310   ── 西洋学者が自叙伝を記すことがあることから、慶應義塾関係者は 福澤に自伝を書くよう勧めていたが、多忙を極め一向に執筆でき
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません