「東南障子」「北壁じきり」、以上幸田文の「こんなこと」に出てくる表現ですが、まずしい住まいの表現として用いられている風です。どういう意味、由来なんでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/01/26 01:08:04
  • 終了:2009/02/02 01:10:02

回答(1件)

id:chika508 No.1

chika508回答回数190ベストアンサー獲得回数252009/01/26 10:17:47

ポイント60pt

あくまで私の考えで申し訳ないのですが、幸田文さんの作品を読まれた方のレビューを見ると、

多くの作品で色鮮やかに情景が浮かんでくるような描写がなされているそうです。

「東南障子」「北壁じきり」という言葉は日本家屋の間取りを分かりやすく伝えるとともに、

「明」と「暗」という光のコントラストを感じさせ、より作品内の人物・生活を生き生きさせる・・・

そんな意図があると感じました。

特に貧しいという意味は無いのではないかと思いました。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencodin...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません