店(=大手百貨店)へ服を納品してるA君は「セールに,安い納価で格安品を出せ」と店から頼まれ,どうすべきか考えたが,B係長に相談。B係長は要望をのむ方向でC課長に相談。C課長は納価安く,残った品を返品された経験があり,利益低下をD部長から怒られてたので,気乗りせず。C課長は,D部長に報告。D部長は「利益率が問題だが,のまざるを得ない。ベストの方法を考えろ」と指示。C課長は,D部長はああは言うが,立場が不利になることを考えると,対応するのかどうか,又,するとしても,返品・粗利のことを時間を作り吟味し結論を出そうと思い,当面は目先の仕事に追われた。C課長が問題の羅列ばかりで,具現化しないので,Aは翌週,B係長に,どうすべきか再確認。B係長は「C課長は自分で抱え込むタイプだから,少し待て」と告げた。店へ回答せねばならないAは,長期化は困るので,経験はないが「一度自分で企画書を作成したい」とB係長に提案したが,「重要案件なので,C課長が企画・検討することになってる」と,任せてくれない。Aは訪店するたびに気まずく、B係長やC課長の対応は問題の先送りとしか思えず。。①この職場の課題、②この職場でのあるべき姿(望ましい状態)、③具体的解決策を全て教えて下さい

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/02/01 00:49:05
  • 終了:2009/02/08 00:50:02

回答(2件)

id:totsuan No.1

totsuan回答回数331ベストアンサー獲得回数582009/02/01 06:49:43

ポイント35pt

http://q.hatena.ne.jp/1233416942

アドレスはダミーです。

自分の職場がこういった環境と著しく異なるので場違い発言かもしれませんが。

①この職場の課題

・顧客に対する要望を受ける立場の人間に何一つ決定権が存在しない

・最終判断を求めるべき人物が誰なのかわかりづらい(指揮系統が明確になっていない)

②この職場でのあるべき姿(望ましい状態)

・顧客と直接対応する人間に選択権+責任を与える代わりに、基本的方針は特定の上司によって直ぐに下されるべき

・交渉の効率性を重視するのであれば、直接の担当者に一定の裁量権を与える代わりに責任も与えるべき

・優良顧客と不良顧客の見極めを定期的に行って、情に流されないビジネス関係を築くべき

③具体的解決策

・まず本人が最終的に誰の発言に従って動くのかを決定する。

・各選択肢を想定し、方針決定後の状況変化について慎重に検討する。

 →各方針決定後による経済的損失の算出や、その後の社会的立場の変化の推測等をまとめて書類化。

・明らかに顧客側に問題があるのであれば、その対策を早急に会議で話し合う必要がある。

 (=契約関係の継続か、契約破棄か)

・各上司に対し、具体的な期限を決めて以下の行動予定も含めて打診する。

 (※回答が得られない場合の対策も提示して、決定内容の緊急性および重要性を強調する)。

・同時に顧客側にも期限付き回答で結果を示すことを連絡する。

・具体的な指示が得られない場合は、

 最終決定権と責任(※最悪担当者でも良いが、”わからない”のは非常に問題)の所在を必ず明らかにする。

 →”勝手にしろ!”というのであれば、会社の利益を最優先に勝手にすればよい。

・期限近くになっても「一存では決められない(=指示を待て)」という内容の返答であれば、

 直接最高クラスの上司(=社長など)に直談判し、事態の緊急性と経緯を説明した上で”その場”で指示を仰ぐ。

・最高クラスからの上司から受けた指示内容については以下の上司にも直接きちんと連絡する。

・その後、一部の上司との関係がこじれる可能性が高いが、それは”無能な上司を持った不運”として諦める。

まずは今回の問題が会社にとって(※担当者にとってではなく)どれだけの重要性を占めているのかをきちんと把握する必要があるのではないでしょうか?あるいは担当者は単に自分の居心地だけを気にしていませんか?担当の前任者がいるのであれば、その方からも経験談を聞くのが良いでしょう。会社の規模が大きくなるほど指揮系統の明確さが求められます。完全にトップダウン方式であるのもかかわらずその指示に明らかな遅延や怠慢が認められるのであれば、それは上司の責任であり、会社の体質としては機能不全状態にあるといえるでしょう。そんな上司達を上司として任命する会社にも責任があります。そんな会社のスタイルがストレスになるのであれば、早急に辞めるべきです。

そもそもAさん自身の意見が見えません(※単に決断の責任を誰かに任せたいのか?誰のための決断をしたいのか?)。私達回答者もその会社やAさんの事情を知らずに回答する以上、これらの意見について責任は持てません。そもそも会社内の人がこれらを”重要案件”と理解しているのですから、まずはそれをきちんと話し合える環境作りが先決かと思います。会社を内側から変えたい意識があるのであれば、多少煙たがられてもきちんと問題を整理して立ち回る事をお勧めします。

Aさんのお仕事が今後も順調に行くことを期待します。

お粗末さまでした。

id:sibazyun No.2

sibazyun回答回数1751ベストアンサー獲得回数2362009/02/01 09:27:26

ポイント35pt

何か、ビジネス研修の例題のように思えます。

長期的にはNo.1の方のいうように思えますが、

具体的事案についてみるには、まず、過去の経緯やどう思うは除いた事実関係を整理します。

  1. 大手百貨店
  2. →A君(担当者)に依頼。
  3. →B係長に相談
  4. →C課長に相談
  5. →D部長に報告。
  6. →C課長へと指示
  7. →(B係長へ指示なし)
  8. B係長→A君へ「少し待て」と指示、A君の提案をC課長案件として拒否

で、これで見ると、C課長が決断・指示を下さないのが問題と思うので、

A君としては、B係長を味方につけて、B係長からC課長に決断を下し、

1日くらいの余裕を見て決断がないなら、(A君でなく)B係長から

D部長に言ってもらうのが現実的でしょう。もしB係長が動かないなら、

B係長の了解を得て、A君が直接動くしかないでしょう。

(ダミー)http://q.hatena.ne.jp/answer

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません