「一般に公開されているアフィリエイトのスキーム」を利用して運営されているポイントサイトがある、と広告主側に聞いたことがあります。サイト運営者は、アフィリエイト報酬を受け取り、その一部に相当するポイントをサイト利用ユーザーに還元するという仕組みです。


アフィリエイトは利用ユーザーのキャンセル等によって、報酬が承認されないことがあります。一方、サイト運営者は、少なくとも一般に公開されているスキームでは、リンクをクリックされた以降の追跡はできないと認識しています。

すると、サイト利用者が実際に購買(や申込)に結びついたか否かを検出し、ポイントの付与およびキャンセルをする手段がないように思えます。

質問は
(1)ポイントを付与するために、ユーザーの購買(や申込)行動を追跡するような仕組みを構築することは可能でしょうか?
(2)それともポイントサイトは、個別に提携することにより成果報酬データと購入ユーザの突合せが可能な情報を入手しているのであり、前出の私が聞いた「一般のアフィリエイトスキームでポイントを付与している」という情報がデマなのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/02/12 01:11:46
  • 終了:2009/02/19 01:15:03

回答(1件)

id:standard_one No.1

standard_one回答回数252ベストアンサー獲得回数232009/02/12 09:45:28

ポイント60pt

そういうサイトはログインが必要なところが大部分ですよね。

「ユーザーを識別する情報(例:ログインID)」を広告のURLに追加する

 ↓

実際に購買(や申込)に結びついたらアフィリエイト業者が「ユーザーを識別する情報」をサイトに送信する

これなら誰にポイントを付与すればいいのか明確です。

もちろん、利用者を識別する情報をサイトに返してくれるという約束がなければ成り立たない方法ですが、私の知る限りの業者はこの方法を採用しています。

id:okenji

なるほど。

アフィリエイト業者と提携しているわけですね。それならわかります。

私が聞いた話は、広告主の方からなので、アフィリエイト業者がそういったサービスをやっていることまで把握していなかったのでしょうね。

一応、補強証拠がないか、質問は続けておきます。

また、他の方法でやってるところもあるよ、という情報がありましたらそれも募集します。

2009/02/12 22:16:55

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません