戦国時代、江戸で軍事上の理由から、塩の確保が重要とされた事情について詳しく教えて下さい。


生活必需品の塩が、当時は今以上に重要だったということは聞いていますが、
日本の戦国時代で出てくる塩の話は、江戸~行徳の運河建設以外には、武田上杉の敵に塩を送る逸話ぐらいです、

当時寒村だった江戸で、他の都市開発事業より優先して運河まで作って塩の確保に努めた理由は、
今まで調べた中では、「軍事上重要だから」程度の説明しか見つからず、いまいちピンときません。

運河を作れば、天候の影響が強い海上を避け、陸路より輸送効率を高められるメリットがありますが、
運河建設コストに見合うかというと疑問です。
他の都市で、そこまでして安定確保に努めたという話も聞いたことがありません。
内陸都市であれば近くで入手できませんから、籠城用に大量備蓄する戦略で間に合っていたのではないでしょうか?

大金を投じて運河まで作ったほどの理由を、より詳しく知りたいです。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/02/18 03:47:51
  • 終了:2009/02/25 03:50:02

回答(4件)

id:powdersnow No.1

powdersnow回答回数1301ベストアンサー獲得回数652009/02/18 07:37:47

ポイント23pt

日本の戦国時代で、塩に関する話が、武田と上杉(最もこれも後世の逸話に過ぎませんが)にしか聞かれないというのは、

単純に日本列島は横長ですから、武田の規模の大名で、海を有していなかったのは、武田くらいなものだからでしょう。

一国を収める規模でしたら、甲斐、信濃、美濃、上野といった辺りしか、海に面さない場所はありません。

さらに自力で塩を取れなくても、まず四面楚歌になり、どこからも塩の購入ができないという状況には陥りません。

大抵、敵の敵は味方といった形になりますし、品薄になれば高く売れるわけですから、購入の道が完全に閉ざされるといった状況にはなりえません。

実際に、武田にせよ、痛手になったのは確かなようですが、完全に供給がストップされたわけではありませんし。


また、当時の徳川ですが、豊臣と一戦を交えた場合、四面楚歌になる可能性も考えたでしょう。

その場合は、塩を自力でどうにかしなければなりません。豊臣が迫ってくる場合、主に西からでしょうから、東側からの兵糧の供給は必須です。

自らも参加している小田原攻めからも、兵糧の重要さとその供給路の安定性の確保の重要性は、痛いほどわかっていたに違いありません。

武田が塩に困ったという話も、武田軍の軍政を取り入れるなどしている家康にとっては、インパクトが強かった面もあったかもしれませんね。

水路に関しては、密かに集めたい軍事物資等や、出入りを見とがめられたくない人物のため、城下まで水路だけで行ける形を作りたかったのもあるでしょうし、

街を構成する際に、道や水路を先に造るのは、定石です。また、火事の問題においても、水路は火消し用の水の確保としても入り用ですしね。


また、ほかの都市で安定供給に努めたという話ですが「塩の道」のように、やはり塩の供給ルートにまつわるものは、それなりにありますよ。

id:yanmaani

なるほどー参考になります。

2009/02/18 22:14:01
id:australiagc No.2

australiagc回答回数467ベストアンサー獲得回数902009/02/18 15:43:29

ポイント23pt

先に運河の建設についての意見ですが、拡張予定の都市のインフラ設備をするというのは長期的に見るとコストが合わないという事は無いでしょう。

では、何故陸路のインフラではなく水路のインフラ設備を優先したかと言う事ですが、いくつか理由は考えられると思います。

  • 輸送機関: 陸路では当時だと馬車や牛車、もしくは人力で荷物を運ぶ事になります。速度ももちろんですが、船だと大きさもあるので一艘で運べる量が格段上がります。また、輸送できる物資の量に対する輸送機関のランニングコスト(馬車だと馬車のメンテナンス費と馬の飼育費、船なら船のメンテナンス費)も馬鹿にならないでしょう。
  • 開拓範囲: 当時の旧道を見ると、五街道ですらとても狭いのが分かります。これら全てを(仮に関東平野の徳川領だけでも)馬車が最低両面3台通れるような6車線道路にしようとすると、非常なコストが掛かってしまいます。また、広域にわたっての開発になるので、メンテナンスも大変です。それに対して、水路であれば都市内とそこから海路への運河さえ整えれば良いだけです。海上を航行する分には土地は取りませんし、インフラのメンテナンスも都市の周辺だけで済みます。
  • 地形: 関東平野の中ならまだましですが、遠方に行こうとすると険しい山を越えていかなくてはいきません。今の自動車道路のような道はなく、もちろん山を貫くトンネルもないので険しい峠道を超えて大きな荷物を輸送するのはほとんど無理でしたでしょう。関東だと伊豆の辺りが良い例です。そうすると、結局はどこかで船に荷物を載せ換えなくてはいけませんから、都市機能を分散させなくてはいけなくなります。
  • 地質: 元々、関東平野自体が湿地帯だったというのも大きな理由でしょう。水害が酷かった様ですので、治水は必須だった筈です。そうなると、川を埋め立てて陸路を整えるよりは、水路を整備して水を意図的に流す方が有効だっのではないかと思います。

水路の開発は、大きな統一組織が多く出た中国や西洋では昔から盛んで、中国の京杭大運河やヴェネツィアのカナル・グランデなどは有名です。


塩の軍事利用についてですが、これは塩そのものを食用にするというよりも、食料を長く保存する為に必要だったと考えた方が良いと思います。

例えば糒だけだとお米が不作だと兵糧不足に陥りますが、塩があれば野菜や魚介類、肉類でも塩漬けにして長期保存できます。

逆に野菜や魚の長期保存が効かないとなると、漁や狩、畑の耕地をしても収穫から一月もしないうちに食料が腐ってしまったでしょう。

となると、それ以外の期間は穀物のみに依存しなくてはいけなくなるのですが、それでは人口を保つことはできなかったと思います。

id:yanmaani

そういえば調理より保存用には大量に塩を使うものですよね、納得です。

2009/02/18 22:14:49
id:australiagc No.3

australiagc回答回数467ベストアンサー獲得回数902009/02/18 15:50:36

ポイント22pt

先に運河の建設についての意見ですが、拡張予定の都市のインフラ設備をするというのは長期的に見るとコストが合わないという事は無いでしょう。

では、何故陸路のインフラではなく水路のインフラ設備を優先したかと言う事ですが、いくつか理由は考えられると思います。

  • 輸送機関: 陸路では当時だと馬車や牛車、もしくは人力で荷物を運ぶ事になります。速度ももちろんですが、船だと大きさもあるので一艘で運べる量が格段上がります。また、輸送できる物資の量に対する輸送機関のランニングコスト(馬車だと馬車のメンテナンス費と馬の飼育費、船なら船のメンテナンス費)も馬鹿にならないでしょう。
  • 開拓範囲: 当時の旧道を見ると、五街道ですらとても狭いのが分かります。これら全てを(仮に関東平野の中だけでも)馬車が最低両面3台通れるような6車線道路にしようとすると、非常なコストが掛かってしまいます。また、広域にわたっての開発になるので、メンテナンスも大変です。それに対して、水路であれば都市内とそこから海路への運河さえ整えれば良いだけです。海上を航行する分には土地は取りませんし、インフラのメンテナンスも都市の周辺だけで済みます。
  • 地形: 関東平野の中ならまだましですが、遠方に行こうとすると険しい山を越えていかなくてはいきません。今の自動車道路のような道はなく、もちろん山を貫くトンネルもないので険しい峠道を超えて大きな荷物を輸送するのはほとんど無理でしたでしょう。関東だと伊豆の辺りが良い例です。そうすると、結局はどこかで船に荷物を載せ換えなくてはいけませんから、都市機能を分散させなくてはいけなくなります。
  • 地質: 元々、関東平野自体が湿地帯だったというのも大きな理由でしょう。水害が酷かった様ですので、治水は必須だったでしょう。そうなると、川を埋め立てて陸路を整えるよりは、水路を整備して水を意図的に流す方が有効だっのではないかと思います。

水路の開発は、大きな統一組織が出た中国や西洋では昔から盛んで、中国の京杭大運河やヴェネツィアのカナル・グランデなどは有名です。


塩の軍事利用についてですが、これは塩そのものを食用にするというよりも、食料を長く保存する為に必要だったと考えた方が良いと思います。

例えば糒だけだと米が不作だと兵糧不足に陥りますが、塩があれば野菜でも魚でも塩漬けにして長期保存できます。

逆に塩がないと、魚も肉も野菜も、とってから一月もしないうちに腐ってしまいます。

その場合穀物だけに依存する事になりますが、当時の稲作技術では人口を補うだけのお米はとれませんでした。となると、必然的に兵糧に当てられる食料も少なくなってしまいます(じゃないと一般人の方々も飢え死にしちゃいますので)。

id:taka27a No.4

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642009/02/18 16:49:38

id:yanmaani

なるるー

2009/02/18 22:31:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません