メルマガを配信し、戻ってきたエラーメールを解析して、DBに記録したいと考えています。


/etc/aliases に以下の様な記述をする事で解析プログラムに渡す予定です。
mailer-daemon: postmaster, |/home/hoge/bin/fuga.rb

この考えで大丈夫でしょうか?

◎質問1:
エラーメールの宛先は上記では mailer-daemon になっています。
この部分って、どうなるんでしょうか?
これで良い!? それとも、メルマガのメールヘッダーに Errors-To をセットすれば、
hogehoge: postmaster, |/home/hoge/bin/fuga.rb
とか何でもアリ!?

◎質問2:
解析するプログラム自体はテキスト(標準入力)内は文字列解析になると思っています。
例えば、「User unknown: foo@example.jp」とか。
この考えで当たっていますか?

「エラーメールのヘッダーにエラーコードがあるので、それを見た方が良い」
とかあれば、アドバイス欲しいです。

◎質問3:
エラーメールでの内容って、どの程度、区別できますか?
私の今の理解だと、
・User unknown
・Host unknown
・相手の mailbox が満杯
です。他に種類ってどのくらいありますか?


質問ばかりでスミマセン。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/02/18 16:27:31
  • 終了:2009/02/25 16:30:03

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません