2か月後くらいに株式会社を立ち上げる予定です。

それに伴い、今から色々と必要なものを買い揃えていくのですが
手持ちも少なく、ほとんどを個人ローンで買うつもりです。
会社設立前に買ってしまったPCやソフト、その他を登記後に「開業準備費」扱いで経費として計上することは可能でしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/02/20 13:21:58
  • 終了:2009/02/21 09:59:46

ベストアンサー

id:Sauna_wear No.4

Sauna_wear回答回数149ベストアンサー獲得回数92009/02/20 16:28:15

ポイント22pt

領収書などがそろっていれば問題ないと思います。

個人名の領収書でよかったとおもいます。

クレジットで購入された場合は、クレジットの明細書をそのまま上げると

個人名義ですので後で問題になるかもしれませんが(家計費などが混ざっていないか?というところで)

会社用と個人用ときちんと明細に記入しておけば問題なかったと思います。

帳簿だけつけておいて会社のものと分かるように分けるとよいです。

帳簿上で消耗品、雑費扱いの金額のものならまず問題ないと思います。

id:tyo-suke

帳簿分け・・((φ(・д・。)

ありがとうございます。

2009/02/21 09:59:11

その他の回答(3件)

id:BANO No.1

BANO回答回数149ベストアンサー獲得回数102009/02/20 13:30:15

ポイント23pt

経費にできます。

設立の日の前の費用については創立費として、いったん資産に計上してからとりくずして経費とすることができます。

id:tyo-suke

ありがとうございます。

2009/02/21 09:56:53
id:marcelweber No.2

marcelweber回答回数28ベストアンサー獲得回数32009/02/20 13:54:46

ポイント23pt

法人税法上費用とすることは可能です

ただし、30万円以上のものについては資産計上をし、減価償却で費用化することになります

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5408.htm

id:tyo-suke

減価償却と・・・((φ(・д・。)

ありがとうございます。

2009/02/21 09:59:08
id:blueberry77 No.3

blueberry77回答回数122ベストアンサー獲得回数72009/02/20 14:20:53

ポイント22pt

2ヵ月後でしたら問題ありません。

http://www.occn.zaq.ne.jp/cuaqf703/kaigyouzyunbi.htm

通常、半年から1年以内のもので、確実に会社設立に必要とされているものが認められます。

例えば、会社の備品や、福利厚生など・・・。お茶などを2ヶ月も前から用意しているとおかしいですよね?その時点で購入しても問題のないものにかんして認められます。

PCは今からいろんな表を作成するのに必要ですし、何かの契約書などを作るのにも必要となってきますから今購入して経費にあげても問題はありません。

id:tyo-suke

半年~1年内・・・φ(・ェ・o)

ありがとうございます。

2009/02/21 09:59:10
id:Sauna_wear No.4

Sauna_wear回答回数149ベストアンサー獲得回数92009/02/20 16:28:15ここでベストアンサー

ポイント22pt

領収書などがそろっていれば問題ないと思います。

個人名の領収書でよかったとおもいます。

クレジットで購入された場合は、クレジットの明細書をそのまま上げると

個人名義ですので後で問題になるかもしれませんが(家計費などが混ざっていないか?というところで)

会社用と個人用ときちんと明細に記入しておけば問題なかったと思います。

帳簿だけつけておいて会社のものと分かるように分けるとよいです。

帳簿上で消耗品、雑費扱いの金額のものならまず問題ないと思います。

id:tyo-suke

帳簿分け・・((φ(・д・。)

ありがとうございます。

2009/02/21 09:59:11
  • id:Sauna_wear
    ひとつ気になったことがあるので少しフォロー

    私も昨年なんの準備もせずに法人設立したので(2008.08.08設立←というのがしたかった)
    これからちまちまと仕分けが待ってます。(作ってみたけどメインが親の会社なので使ってないのもイタイのですが)
    親の会社を廃業するため、後の業務の受け入れ会社がここ数年で必要なためとりあえず設立だけしておきました。

    乱暴ですが会計士なり税理士にまるなげしてしまえば、まあよろしくやっていただけます。

    どっちが良いのか一概に言えませんが、個人ローンでがっつりそろえるよりも
    先に起業しておいて口座開いたあとに法人名義のクレジットつくったり、公庫で借り入れの方が
    後々の支払いがスムーズなのではないかと思います。分割とかリボ使うと個人で金利負担することになりませんか?
    すべてが一括払いなら問題ないですが、個人のローンの金利支払い分を起業後に会社の支払いに
    充当することが可能なのかは確認してないので分からないです。

    また事務所の賃料など一部、後からでは設立経費と認められないモノもあるみたいなので
    あれもこれもってわけじゃないようです。(まあ高額じゃなければ大丈夫そうな雰囲気もありますが。。)

    また公庫の創業者借り入れは、借りたい金額分に近い額が口座にないと相手をしてくれません(泣)
    のでなんとなくやっぱり手持ち現金が銀行に必要です。

    雇用保険で資格があれば助成金ももらえるようですが、
    http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/b02-2.html

    ↑これを使った場合の経費の計上とかに関しては知識が無いです。申し訳ない。

    起業の相談は商工会などでもやってくれるそうなので一度相談に行ってみるといいと思います。
    公庫の借り入れも商工会経由の方がラクという話もあるし。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません