動物界のルールの例を教えて下さい。

ただのルールはたくさんあると思いますが、

http://q.hatena.ne.jp/1235646449
この質問で示しているような内容で、「理不尽」にこだわらないものも含めて教えて下さい。

つまり、そのルールのワンシーンを見て次のような言い方が出来るものをお願いします。

①人間界にはこんなことが起きないようにする法律がある と言えること
例:ハイエナが捕まえた獲物をライオンが横取りする
②この動物の世界にはこのようなルールがあるように、人間界にも人間界のルールがある と言えること
例:猿の群れのボスの異常な権力

案外思いつきませんが、実はたくさんあるような気がするので再度。
宜しくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/02/28 17:15:16
  • 終了:2009/03/07 17:20:03

回答(6件)

id:kinnoji7 No.1

kinnoji7回答回数3060ベストアンサー獲得回数752009/02/28 17:21:54

ポイント19pt

犬やオオカミは、相手に腹を見せたら絶対に攻撃しないというルールが、動物界ではペットであろうと野生であろうと、完全に守られていますね。

http://www.magazine9.jp/interv/ykimura/index.html

id:ryota11

あぁ、なるほど!

これは確かにそうですね。身近すぎて忘れていました!

ありがとうございます!

2009/02/28 17:27:19
id:Gilbert083 No.2

Gilbert083回答回数39ベストアンサー獲得回数22009/02/28 18:18:20

ポイント19pt

マントヒヒ

http://homepage2.nifty.com/catus/saudi/animal.html

典型的な一夫多妻性の動物で、強いオスほどたくさんのメスを持つことができるそうだ。

id:ryota11

なるほど。

マントヒヒ以外にも多くの動物に見られることかもしれませんね。

ありがとうございます。

2009/02/28 21:46:21
id:sakaelu No.3

sakaelu回答回数77ベストアンサー獲得回数02009/03/01 01:35:49

ポイント18pt

ミーアキャット

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%A...

群れで一番えらい雌雄のペア出しか繁殖行動をとらないそうです。

id:ryota11

うーん、こういうのは良くあるんですよね。

ありがとうございます。

2009/03/01 09:16:05
id:lqdf No.4

lqdf回答回数58ベストアンサー獲得回数32009/03/01 03:27:03

ポイント18pt

マーキングによる縄張り争いのルールは種によっていろいろありそう。クマとかで、より高い位置にマークをつけられる固体がその縄張りを所有する…というのがあったと思う(シートン動物記「灰色熊の一生」でした)。


なかなか具体例を思いつきませんが、縄張りに限らず、直接対決(互いに労力の無駄)を回避して、一定のルールに則って優劣を決める方法というのは色々あるはず。こういうのは②ですね。


■カバは口の大きさを競う。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/pyun/illust/html/034.html

id:ryota11

的を得てます!

ありがとうございます!

2009/03/01 09:14:52
id:adlib No.5

adlib回答回数1959ベストアンサー獲得回数1212009/03/01 07:38:47

ポイント18pt

 

 迷えるリーダーに導かれる習性

 

── 羊飼いが、二頭の子羊の耳をつかんで歩きだす。

 子羊の、それぞれの母羊が、心配そうについて来る。四頭の母子羊が

移動しはじめたので、ついには二千頭の羊が、一群となって大移動する。

 

── 羊飼いが愕然と見つめる中、リーダー羊の後を追って(略)、

400匹もの羊が高さ約15メートルの崖から次々と飛び降りて死亡した。

当時全部で1,500匹の羊がいたが、残りの1,100匹は無事だった。

 

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19910330

 羊たちの伝説

 

id:ryota11

あぁ~、ストーリーまで考えて下さってありがとうございます!

とても良いです。

2009/03/01 09:15:46
id:sakaelu No.6

sakaelu回答回数77ベストアンサー獲得回数02009/03/02 19:44:40

ポイント18pt

ワオキツネザル

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%8...

動物界では珍しくメスがオスより優位で食事なども優先されるらしいです。またオスは3年半周期で別の群れに移動するようです。

  • id:ryota11
    ちょっと思いついたのは、
    ●長年群れのボスに君臨してきたオスライオンが、若くてたくましい別のオスライオンが群れにやってくると、
    「用ナシだ」ってことで群れから追い出される。

    こんなのもアリなんですが、、なかなかないですね。
  • id:takokuro
    羊で印象的だったのは・・・

    去年、大変見晴らしのいいところで放牧されてる羊が
    大抵は一定以上は近づかないので
    彼らなりに
    飼い主を見分けてるのだろうが、

    鳴き声をマネして丘を登っていくと・・

    彼らなりに・・

    何匹か好奇心の強い羊か
    リーダーとして責任感のある羊なのか
    数匹、様子を見に近づいてきました・・
    「屠所の羊』の諺ですが・・
    子供時分に母親や母親代わりのものについて行くそうです
    もし、母羊が死んでしまっても
    そこでじっとしてるそうで
    連れ帰っても同じ所へもどり、
    死体が朽ちても同じだそうです・・

    代わりに人が育てると
    今度は人の跡をついて歩き、
    群れとは別行動をするようになってしまうそうです・・

    たぶん・・足も遅いし、
    狙われると
    防御する術は
    ただ群れに紛れ込むことだけ・・
    その最初の導入が母親について歩くことなのでしょうか・・??


    数十年前、
    当時はイングランドらしい見渡す限り緑に満たされた中で
    牛が放牧されていて、
    何だか・・
    頭を寄せ合って相談事をしてるようで
    何をしてるんだろう・・??って近づくと、
    急に!振り返って、
    一斉に追いかけてきます!

    たくさんの闘牛に追いかけられたみたいに!!
    大慌てて、
    猛ダッシュしましたが・・

    つまり・・・
    牛たちは、ヘンなヤツらが来たというので
    円陣を組んで
    警戒していた・・??

    それをラグビーなどで作戦を練ってるのを思い浮かべて勘違いしたのですが・・

    ネコや犬は高度な社会性を持っているようで
    屋外の外敵が同じエサを狙ってる環境でまず、
    まず、
    ボスがそのエサに手を出すことで
    このエサの所有権を
    遠巻きに狙っている盗賊?のようなサルたちに
    誇示し、
    その安全を見定めたあとで
    まず、
    妊娠中や授乳中のハンデを負ってるサルが
    食べ
    最後に
    体力に余裕のある(いつでもサッと逃げることが出来る)若者のサルが食べると
    宮崎の日本サルの研究をされてる先生に
    伺ったことがあります・・

    群れには
    ナンバー2もいて、
    ボスが
    ギャングのサルや他の動物と戦得なくなったときの為に
    いつも準備している・・

    ある時・・
    サルの野外調査でうっかり、山奥まで追跡し、
    気がつくと・・
    サルに囲まれてしまったそうです・・

    これは困った!と先生は冷や汗だったようですが・・

    そのうち、
    中の一匹が
    前へ出てきて
    決闘を申し込んできたようですが・・

    先生は、
    背中を見せずに
    (おなかを見せるのは降参の意味とは違い?
     友情や甘えを表現してる??)
    少しずつ後ずさりして
    適当な距離ができてから
    サッと!逃げ去ったそうです・・

    マウンテンは
    人間では
    強いものが
    弱いものを
    組み敷いてる風に見えますが・・

    どうも・・
    四つ足で歩くことが習慣の彼らの場合
    守ってあげたいor可愛いという気持ちが感じられる・・??

    人間社会では
    安全なことが分かってるので
    抱きしめるところを
    マウンテンで抑えてる・・
    うっかり、抱きしめてると
    その隙にギャングが襲ってくるかもしれないので・・??

    ライオンで
    生物の先生からお聞きしたのは・・
    ライオンは滅多に狩りをしないで
    おなかが空ききってから
    やっと!狩りをする・・
    でも・・
    メスの方が上手だそうです・・
    ライオンは実は刈りがヘタだということ・・
    確率が悪いそうで
    草食動物も近くで生活してるそうです・・

    ライオンの雄は
    髪結いの亭主??
    ライオンと猫の大きな違いは
    嗅覚の鋭さなのに
    動物園では
    鼻が短めでたてがみがやさしくなった愛くるしい人相?ライオン相?が増えてる・・??
    狼もノイローゼのようにウロウロし続けてる・・

    子供を谷に落として鍛えるという諺は本当なのかな・・??

    トンボはキラキラ反射光が好きなように??
    カモシカや猫などがビニールを好む・・??

    カモシカや鹿は食べてしまうそうですが・・

    自然の大地で青々として優しい反射光の草を思うのだろうか・・??
    最近、真珠をカットするアクセサリーがあるそうですが・・
    弱くて薄い真珠にカットする必要があるのかな??
    人為性の美しさは
    他の材質の方が表現できるのを敢えて
    真珠に拘る必要性は何なんだろう・・??
    と考えてしまう・・


    興味があるのは・・・
    山羊は
    近親結婚を繰り返しても
    劣勢遺伝などがない・・

    これは・・
    進化の途上だからという解釈をされてる人がいらした・・

    また・・・
    ほ乳類ら不利な動物の多くは
    準夜行性ですが、
    動物園で昼夜逆転させると
    個体ごとの毛並みの色が
    みな同じになるそうです・・・

    人間も、
    夜行性生活が普及したのと
    ヘア/カラーで自己主張するのと同じ時期に起こってる・・??

    ドッグ/フードの歴史は・・
    米フィラデルフィア動物園で栄養補完に作られはじめたのを
    スイスのバーゼル動物園で完成され、
    獣医通じ、
    世界に普及・・

    人間も
    食事なしでサプリだけで済ますと割り切ると
    様々な異常が出てくる・・・
    高等動物も同じ傾向があるという・・

    食べることを究極に効率化させると
    性格が消極的、無関心になる傾向があるそうです・・
    生命力が損なわれて行く・・と言うこと・・??

    スーパーやコンビニでの食料を買ってくるのは
    市場で、
    各店を見比べ、
    交渉したり説明を受けて
    放送されてない生の状態で見定め、
    購入するのとは随分違う・・??

    蛇やワニは
    獲物を狙って食べるところに食欲が起こるそうで・・
    それがない動物園では、
    食欲がわかずに、
    死んでしまったりするそうです・・

    人間と野生動物とが共生してきた日本では・・・

    昔は熊に襲われたという話しは滅多に聞かなかった・・

    人間が地球を独占しすぎた国ではよくある事件かもしれませんが・・??
    日本は国有林のおかげで
    ブナ林が日本の水や食性.生態を守り
    野生動物の生存権も守ってる・・
    新島の国たる所以??

    アイヌは
    犬のように??
    熊と仲良く暮らしてきたようですし・・
    (牧場のような熊牧場は 比較的、最近?)
    人間が野生動物のテリトリーに入って、
    人間の食べ物を置いてきたりするから??

    インディアンがウィスキーの味を知り、
    それを得ようと
    悪事に利用されたり、
    略奪をはじめた・・??

    観光化ブームですが・・
    町の資本主義化であるから
    元々の土着文化を蝕み
    子供達が文化の継承者になることを阻んでる・・??
    大人だけの自己満足を感じる・・

    選挙権を早めて
    徴兵制を早期年齢から適応しようとする・・??
    これも人間の特性を理解せずに
    資本主義的な論理だけで
    生命を定義づけてる・・
    戦争は闘争本能だという定義づけにも
    まやかしを感じる・・
    この定義づけで、
    戦争を自然現象として受け入れてるが・・・


    よ~~く調べると・・
    意図的に資本主義理論で
    地球上の富や利権の征服欲から
    仕掛けられてる・・??

    紀元前から!?

    それに対し、
    毅然と!抵抗してきたのが
    歴史上の英雄達におもう・・

    モンゴルのジンギス・カーンら
    マケドニアのフィリポスⅡと
    息子のアレクサンダー大王らの仲間・・

    ローマ教皇ら・・

    イングランド・・

    米ホワイト・ハウス!!

    そして・・

    実は・・
    倭国の邪馬台国・卑弥呼も・・
    モンゴルの騎馬隊の協力とともに
    魏国とともに
    朝鮮・中国の漢や秦とも戦った!??

    でも・・

    欺されなければ・・
    また・・
    男王が
    美女の色香やアヘンや贅沢、
    女性は贅沢やセクトからくるセレブ制で
    物事の本質を見つめる焦点を
    間違わなければ・・

    実際の戦いまでいって
    激しい殺戮を避けられないだろうか・・??










    ボスが交代するときもあるわけで・・

    というのは・・




この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません