切妻壁とはどんなものですか。定義に写真もあわせてお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/03/05 11:48:45
  • 終了:2009/03/07 09:51:37

ベストアンサー

id:Gelsy No.6

Gelsy回答回数39ベストアンサー獲得回数22009/03/07 09:19:18

ポイント18pt

おそらく、切妻壁というのは誤訳です。

長方形の建物において、棟(屋根の稜線)と平行な面を「平(ひら)」、直行する面を「妻(つま)」といいます。「切妻」というのは屋根の形状を表す言葉で、妻側が切られているので切妻という、というのは先の方がおっしゃっているとおりです。屋根の形を現す言葉に「壁」をつけるというのは不自然です。どこのことを指すのかと、疑問に思われるのも当然かと思います。

では、どうしてこのような不自然な日本語が発生したのかを考えると、やはり外国語に無理やり訳語を当てたと考えるのがもっとも納得のいく説明だと思います。外国語には、この周辺の部位を指す言葉が豊富にあるからです。

このあたりが、発生源である可能性が高いですが、各国、各様式において、似たような部位を表す語が存在することと思います。上記は英語のWikipediaからの引用ですが、英語においてはそれぞれの風土、様式を背景に持った言葉を無理に自国語に置き換えてはいないため、さまざまな語が並存することになっている、と考えればよいと思います。

かといって、日本語でペディメントはともかく、ゲーブルやバージボードなどといっても通じないので訳語をつくったのでしょう。しかし、日本の建築用語(その起源のほとんどが大工用語ですが)に照らせば、

あたりが適当でしょう。それぞれが指す部位は、リンク先をご参照ください。

id:neyorawa

ありがとうございます。納得です。

2009/03/07 09:50:44

その他の回答(5件)

id:pasoposo No.1

pasoposo回答回数109ベストアンサー獲得回数22009/03/05 12:45:30

ポイント19pt

「つま」は端の意

建物の端を守るため、設けた壁。



http://www.cbr.mlit.go.jp/chugi/joliet/map/europe/netherlands/am...

写真 海外の例


イラスト 日本の例

独特の赤茶色の土壁と大きな切妻壁、

14間半(約26m)の長い壁面、

そして太鼓楼が印象的な姿を表します。

http://www.izushi-tmo.com/


海外の例ですが、このページに多数掲載されています。

http://www.brickproducts.jp/juutakuyoushiki.htm

id:hk-83 No.2

83回答回数138ベストアンサー獲得回数72009/03/05 13:24:51

ポイント19pt

http://nekosuki.org/landscape/complete/dsc18694.jpg

こういう感じに屋根が三角になっている壁。

id:kinnoji7 No.3

kinnoji7回答回数3060ベストアンサー獲得回数752009/03/05 13:31:39

ポイント18pt

切り妻壁(gable wall);(アーチ型の戸や窓の上の)装飾用切り妻[破風].

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=Gable&enc=UTF-8&stype=0&dtype=1

id:rsc96074 No.4

rsc回答回数4394ベストアンサー獲得回数4022009/03/05 18:06:25

ポイント18pt

 Yahoo!辞書によると、【切妻】とは、次の通り。

・きり‐づま【切妻】

>《「つま」は端の意》1 切妻屋根の両端の、山形部分。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&stype=1&dtype=2&p=%E5%8...

 恐らく、山形の屋根の側面の壁の三角形の部分のことのようです。下記URLで言うところの「一般に窓や出入口の上部に取付けられた三角形の部分。」のことだと思います。もちろん、切妻屋根の側壁(妻の部分)の三角部分も入ると思います。

・ペディメント pediment

>ギリシア・ローマ建築において、水平のコーニス傾斜したレーキング コーニスとによって囲まれた三角形の切妻壁。

>一般に窓や出入口の上部に取付けられた三角形の部分。

その形が円弧形の場合は櫛形(くしがた)ペディメントという。ギリシア語で「テュンバノン」という。

http://www.takenet.or.jp/~ken-sikai/ala/index1.html

 以下のURLで写真を見つけました。

・ニュース和歌山-2008年3月5日1面 ←ここに写真が出ています。

>入り口上部にある石製の切妻壁

http://www.nwn.jp/syouwasannpo/20080305.html

・Armstrong - 正しい施工の順序 ←ここに、取り付ける前の運搬中の写真が出ています。

>切妻壁を設置し、ブレースを取りつける。

http://www.armstrong-homes.com/international2/hfh4.html

・タイトル英語--赤毛のアン

>コラム

 gable」=「切妻屋根」で、

 下記のような形状の屋根です。

 ___

/\  \

>さらに、建築用語としては、「窓の上の装飾用切妻」や、

    「切妻壁」も指しますが、これらも上記写真中に見られます。

http://title-eigo.com/Database/AnneOfGreenGables

http://www.gov.pe.ca/photos/original/green_gables.jpg ←写真

●参考URL

・切妻屋根の種類と妻入・平入

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%88%87%E5%A6%BB/%EF%BC%BB%E7%94...

・建築用語小辞典 ←色々な屋根が付いています。

http://www.watanabesato.co.jp/pavements/knowledges/cbuilding.htm...

id:taka27a No.5

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642009/03/05 19:43:16

ポイント18pt

http://www.gov.pe.ca/photos/original/green_gables.jpg

切妻とは、2面で構成された山形の屋根のことをいいます。

住宅の屋根で多く見られる屋根形式です。

屋根面のない壁を妻壁(つまかべ)と呼びます。

id:neyorawa

五角形の部分が切妻壁ってことになるでしょうか。

2009/03/06 00:53:05
id:Gelsy No.6

Gelsy回答回数39ベストアンサー獲得回数22009/03/07 09:19:18ここでベストアンサー

ポイント18pt

おそらく、切妻壁というのは誤訳です。

長方形の建物において、棟(屋根の稜線)と平行な面を「平(ひら)」、直行する面を「妻(つま)」といいます。「切妻」というのは屋根の形状を表す言葉で、妻側が切られているので切妻という、というのは先の方がおっしゃっているとおりです。屋根の形を現す言葉に「壁」をつけるというのは不自然です。どこのことを指すのかと、疑問に思われるのも当然かと思います。

では、どうしてこのような不自然な日本語が発生したのかを考えると、やはり外国語に無理やり訳語を当てたと考えるのがもっとも納得のいく説明だと思います。外国語には、この周辺の部位を指す言葉が豊富にあるからです。

このあたりが、発生源である可能性が高いですが、各国、各様式において、似たような部位を表す語が存在することと思います。上記は英語のWikipediaからの引用ですが、英語においてはそれぞれの風土、様式を背景に持った言葉を無理に自国語に置き換えてはいないため、さまざまな語が並存することになっている、と考えればよいと思います。

かといって、日本語でペディメントはともかく、ゲーブルやバージボードなどといっても通じないので訳語をつくったのでしょう。しかし、日本の建築用語(その起源のほとんどが大工用語ですが)に照らせば、

あたりが適当でしょう。それぞれが指す部位は、リンク先をご参照ください。

id:neyorawa

ありがとうございます。納得です。

2009/03/07 09:50:44

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません