「男はサラリーマン。いつも同じ時間に起き、いつも同じ時刻の電車に乗り、いつも同じ会社に行き、いつも同じ時間に帰宅する。無遅刻、無欠勤。業績も優秀。絵に描いたような真面目な男であったが、傍から見れば詰まらん男であった。しかし、男はそれを退屈とは思わない。むしろ、他の生き方に興味すら覚えなかった。それは寒さ厳しい冬の朝。男はいつもと同じ駅、同じ時刻、同じ電車の扉から乗車しようとした。しかし、・・(中略)・・。そうだ、今日くらい遅刻してもいいじゃないか。そして着いた場所、それは海だった。大海を前に男は感じた。いかに己が小さきものであるか。いかに自分が狭い世界に住んできたか。そして男は会社を辞め、旅に出た。そう、彼はその時ようやく潜在していた誠の己に気付き、誠の強さを手に入れたのだ。」

銀魂での一場面。あなたはこの言葉を聞き、どう思いますか?
 
また、まっとうに生きて行けば波風も立たず平穏に過ごせて行けると思います。ただ時々、それで良いのか迷う時があります。例え善悪問わぬ方向であったとしても変わるべきだと思いますか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:2009/03/06 06:33:14
  • 終了:2009/03/07 10:25:24

回答(26件)

ただいまのポイント : ポイント41 pt / 1000 pt ツリー表示 | 新着順

回答して頂き有り難うございました。 yuki_28s2009/03/07 10:25:13

 

迷いがないということは poidowl2009/03/07 08:56:37

判断に時間を要しないということで、考慮することがらを減らしているということなんだと思います。

特に、流動的な要素を排除しているのでしょうね。


冒頭に描かれている生き方からは、感情が欠落しているような印象を受けます。感情がゼロだから、

不満もゼロ。という具合です。はたから見る分には、ですが。しかし、一途な生き方ですね。

わき目も振らずに歩み続ける生き方、と言えるでしょう。


そこから、ほんの少しだけのつもりで道を外れてみたところ、”思わぬ方向に”心と足が向いて

しまったというわけですね。予期しなかった自分の行動が自分自身を変えてしまい、さらに

予想外の行動につながっていくといった感じでしょうか。


そしてこの変化を通じて、”誠の己”が得られたとあります。限界近くまで極端な生き方を

してみて、その真逆のスタイルにスイッチをすることで、より強固な自己像を得た。

ということでしょうか。自分自身でそう思っているだけの自分と、実質を伴った自分との

よりわけができた、という意味でです。後天的、先天的と言い換えてもいいかもしれません。


”本当に”そんなことがあるのか。実際に人間の精神はそういう構造をしているのか。

そもそも、精神に構造なんてものがあるのか。すべてが思い過ごしであるかもしれません。

単なる思いすごしではない部分があるかもしれません。


確かめてみなければわかりませんし、確かめたところで確かめた範囲でしか、それは確かな

ことではないのです。「それじゃぁ困る」と言わんばかりに確かなものを集めに集めて形成

されたのが現代の科学・都市文明?でもあると思いますが、そうやって築き上げた確かさの

城塞の中で、こともあろうにその正反対の存在ともいえるニンゲンがわんさと集まって、

あるものは冒頭の彼のように常に規則正しく、また別のものは後段の彼のようにフラフラと、

そして大抵のものはその時々に応じて行動のスタイルを調整しながら、群生しています。


引用の文章から私が思い浮かべたのは、以上のようなことです。もう一つの質問は、何を

問われているのかがわかるようなわからないような感じです。私なりの答えとしては、

「笑う門には福来たる。」です。

確かに・・・ TamU2009/03/06 22:23:02

確かに極端すぎると思います。この人は他人と同じようにサラリーマンとして働いていて、その中で優秀な業績を残しているのですから、すでに強いといえるんではないでしょうか。淡々と働いているわけではなく努力しているように思えます。

間違いなどない minonon2009/03/06 19:36:46

他人の人生、自分の人生。

己の人生は己のみ

一度きり minonon2009/03/06 19:35:22

やり残すことのないように

思い切り生きたいものです

鉄道マニアなんてしょっちゅうですよ、こんな事。 Absolute-Return2009/03/06 18:34:43

「いつも同じ時刻の電車に乗り」と言っても、使っている車両は異なります。

同じ電車を使う場合はごくまれで、導入したての電車をテスト的に使うためだけです。

ダイヤも大体狂いますし、同じ列車だと思って乗っても、ダイヤ変更で予定とは異なる

電車を使うこともあります。

(検査が間に合わないからなんていうのもあるし、折返し電車が無いから余った奴

つかうとか)

電車の方がよっぽど遅刻したり、気まぐれにダイヤに乗せられてたり・・・ですね。

鉄道マニアなんて、その電車だけをみて通勤経路変えたり、遅刻したり、はたまた転職したり・・・。

「退屈」が悪と思うなら、人生どんどん変えるべきです。

「変化が悪」と信ずるなら、変えないこと。

もし貴方が「迷っている」ということは、現状に疑問を持っているから。

疑問のまま進むより、疑問を解消するために自ら変化を起こして確かめても良いでしょう。

映画 Shall We Dance ShinRai2009/03/06 13:17:51

たしか映画Shall We Danceもそんな感じで、まじめなお父さんが、ダンス教室に通う話であったと思います。

旅に出て、何かができるようになるためには、おそらく師匠を見つける必要があるでしょう。

旅に出なくても、師匠さえ見つかれば、人生の新しい局面が開けると思います

退屈な日常から旅に出るというのもステレオタイプ fumie152009/03/06 12:54:58

だと思うのですが。

ただどんな生き方がステレオタイプと聞かれると困るのですが。

常に同じと言うことはまず無いと思うのですが。 Sauna_wear2009/03/06 11:30:25

年も取るし。季節も変わるし。

人生は一度きり meizhizi872009/03/06 11:20:18

だから本人が生きたいように生きればいいんでしょうね。

悪はまずいです。 meizhizi872009/03/06 11:16:24

人の道を外れてはいけません。

ステレオタイプ hiko3karasu2009/03/06 11:11:33

サラリーマンが「いつも同じ時間に起き、いつも同じ時刻の電車に乗り、いつも同じ会社に行き、いつも同じ時間に帰宅する。」と言うのがいかにもステレオタイプ。単にその人が隷属気質だってだけでしょう。

「熊」じゃなかったっけ? australiagc2009/03/06 10:37:21

銀魂の場合、肉体的強さらしぃ

逆に強い芯が通っているように感じるんだが・・・ suinger2009/03/06 10:32:49

まっとうに生きて行けば波風も立たず平穏に過ごせて行ける

=強い一本筋が通っている、とは考えられないかなー。

私が波風たてて迷う人間なだけに、上記の例の男の方が強い芯が通っているように感じて私は憧れる。


>傍から見れば詰まらん男であった。

つまらんって思う人が多いのかなー。

>誠の己に気付き、誠の強さ

誠の強さって表現がよくわかんないね。

そうです、悪はまずいです。 standard_one2009/03/06 09:34:35

善方向へ変われるなら考えます。

とはいえ、生活の糧を他人に頼るような宗教チックな生き方が善かというと、それもどうかなと思います。

どう生きても自分の人生 dabloger2009/03/06 09:20:57

平穏に過ごすか、冒険をしたほうがいいのかは、究極他人には判断できません。

なぜなら、他人は自分の人生を肩代わりできないからです。

自分の人生は自分でしか生きることはできません。

まわりの意見に左右されて死ぬとき後悔するよりは、他人からどう思われようとも好きに生きるほうが私はいいと思います。

ただし、人間は社会にいる以上、他人の生活というものも配慮しなければ、それ相応の排除や反発は受け、悪くすると強制的に人生終了させられることもありますし、そのあたりは兼ね合いですね。

ですね powdersnow2009/03/06 08:56:01

誠の強さを手に入れたって、その強さは何?何に繋がったの?としか。

それまでの実績を powdersnow2009/03/06 08:54:56

一切無駄にしたようにしか見えませんねえ。

その後、圧迫から解放されて、何かを成したとかならともかく。

私も同感です。 meichi2009/03/06 08:53:36

わたしも家族がいますので、同感です。 

 若者は、海に向って叫ぶらし「夕日のバカヤロー」。 adlib2009/03/06 08:25:51

── 「稽古行く途中頭が真っ白になって,気がついたら神戸に向かっ

てた……」『心斎橋筋2丁目劇場』の本番が直前に迫ったある日の失踪

事件。7回行われた公演。満員の観客の中で松本も浜田もスタッフも涙

にくれた最終回。

http://bon3.com/downtown/magazine/bart1.html#951113

「ダウンタウンの理由。」19951113 浜田雅功、1日だけの「失踪事件」

 

── 空知 英秋《銀魂(ぎんたま)2006‥‥- 週刊少年ジャンプ》

 

 わたしの後輩も、一人は鳥取の砂丘へ、もう一人は石垣島に向って、

車を走らせたそうです。その後、フツーの中年になっていましたが。

(わたしは、落ちこんだら、ふとんに潜りこむことを推奨します)

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません