荷重のかかった鋼材(正確には鋼材を部材とする支持架台)で、梁部のせん断力が753kgFで鋼材の許容せん断応力度1402kgF/cm2のときに必要な断面積と鋼材の断面積を比較して強度の検討をしようと思うのですが、その際、断面積A=(1.5(係数)×せん断力Q 753kgF)/1402kgF/cm2という式で断面積を出したのですが、ところで、この式でよいのかというところと、係数1.5は鋼材断面が長方形のときと聞いたのですが、正方形(たとえばH175×175とか)の場合もこの係数でよいのでしょうか?教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/03/07 00:37:53
  • 終了:2009/03/14 00:40:02

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません