不静定のラーメンで、接地面向かって左からABCDとして、幅L、高さhとします。で、それぞれ1/3Lのところに荷重Pがかかっているとして(2点荷重)、ところで柱部の曲げモーメント(柱中央部)のみが仮に10KNと分かっているとすると、このラーメンのB点(もしくはC点)のモーメントの数字は10KNでよいのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/03/15 09:51:45
  • 終了:2009/03/22 09:55:02

回答(2件)

id:shambles No.1

shambles回答回数51ベストアンサー獲得回数42009/03/15 16:57:50

ポイント35pt

柱に加わる軸力方向の力が、加重Pが加わっている部材にはせん断力として加わるので、B点やC点では柱部の曲げモーメント以外のモーメントが発生します。そのため10kNmではダメです。

id:Platini

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただいております。

お話は分かるような気がするのですが・・・具体的な公式等でそのあたりの数字は出せるのでしょうか?

そのあたりの考え方とか多少お教えいただけるようであればありがたいです。

よろしくお願いいたします。

2009/03/15 17:16:01
id:shambles No.2

shambles回答回数51ベストアンサー獲得回数42009/03/16 13:22:59

ポイント35pt

上の回答の訂正ですが、柱に加わる軸力方向の力ではなく、水平方向の力(つまりせん断力)でした。

挙げられているラーメンのA点にはおそらく軸力方向の力(Va)、水平方向の力(Ha)そしてモーメント(M)が荷重Pの反力として加わっています。

B点のモーメントは(他に荷重が加わっていないとすれば)Ha×(A点からB点までの距離)とMの合計です。

柱中央部のみのモーメントが10kNだとしても、これはHa×(A点から柱中央部までの距離)とMの合計なのでB点のモーメントにはならないのです。


数字を出すだけなら不静定ラーメンの解法を用いれば良いです。

しかし今回の様にB点のモーメントは10kNmで良いのか悪いのかというのは、簡単な静定ラーメンの解き方や構造力学を理解していればぼんやりとわかるようになります。


構造力学はこのページに沿っていけば、少しは理解できると思います。

http://kozo.milkcafe.to/rikigaku/rikigaku.html

しかしインターネットから全てを理解するのは難しいので参考書を読むことをオススメします。

ちなみに私はこれを使ってました。

http://item.rakuten.co.jp/book/1791240/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません