千代田区が、Web物語をYouTube で流しています。

http://chiyodastory.com/
これをつくるにいたったのはどんな意思決定プロセスだったのでしょうか? 
また作成しているところはどこなんでしょうか?

※わかったら回答お願いします。わからないから質問しているのです。
(わかるはずないという回答はご遠慮ください。)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/03/19 08:35:10
  • 終了:2009/03/19 09:55:28

ベストアンサー

id:newmemo No.1

newmemo回答回数1455ベストアンサー獲得回数2602009/03/19 09:34:06

ポイント100pt

千代田区観光協会が発信元です。制作したのはデジタルハリウッド大学です。両者が連携して観光プロモーションコンテンツが完成しました。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000000496.html

デジタルハリウッド大学 千代田区観光協会と連携し観光プロモーションコンテンツを発信

具体的には秋葉原・神保町・丸の内など個性あるエリアを紹介するエリアプロモーションビデオや、観光プロモーションサイトのトップを飾るフラッシュコンテンツ、並びに千代田区のまちの表情を切り取るブログ的なコンテンツなどの作成を予定しています。

http://www.kanko-chiyoda.jp/Portals/0/Press/dhurenkei.pdf

千代田区観光協会の公式サイトからです。内容はほぼ上記と同じです。

http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/service/00100/d0010098.html

千代田区のサイトからです。

観光協会のホームページ作成には、デジタルコンテンツの分野で先進的な教育機関であり、千代田区で特区を活用した株式会社立大学のデジタルハリウッド大学の研究者・学生のノウハウ・スキルを活用します。

予定されている具体的な内容は以下のとおりです。

○秋葉原・神保町・丸の内など個性あるエリアを紹介するエリアプロモーションビデオ

http://www.kanko-chiyoda.jp/

千代田区観光協会

http://www.dhw.co.jp/

デジタルハリウッド

http://www.dhw.co.jp/release/detail.html?id=1318

本学では、今回のプロジェクトを教育活動・地域貢献としてとらえ、学生参加型で取り組むこととなっています。

 今月中にプロジェクトを始動し、来年には観光プロモーションサイトである同協会のホームページのコンテンツとして発信される予定です。

id:isogaya

ばっちりです。ありがとうございます。

2009/03/19 09:55:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません