弁護士が社会に及ぼしている悪い影響について説明をお願いします。

(今回は『弁護士の功罪』のうちの『罪』の面についての質問です)

ただ単に「弁護士がこういう悪い事をした」という説明だけでなく、
「こういう(悪い事をする)弁護士がいるので、社会にこういう
悪い影響を及ぼしている」という説明をお願いします。

【例1】
「企業からの相談では1時間3万円もらっている」と平気で言って、
暗に「安い費用で相談に乗ってやっているのだから(弁護士費用が
高いとか、良い結果が出なかったからと文句を言うな!)」と言う
弁護士がいるので、結局、「お金を持っている者が有利」「お金の
ない者は不利」という社会を作る一因となっている。

【例2】
企業に「弁護士に払うお金は『必要経費』『保険』と考えるべき」
と言って、企業から多くのお金を取っているので「高経費社会」の
一因となっている。

などです。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/03/20 10:22:35
  • 終了:2009/03/27 10:25:02

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません