天文学がもたらした、人類に役に立つ様な恩恵って何かありますか?


天文学という有名な分野があります。
その他のほとんどの学問はいろいろと役に立ってますが、
天文学ってなにか具体的に役に立ちましたでしょうか?
(宇宙のことを知ることができたこと自体以外で)

相対性理論の証明?だかで役に立ったような気がしますが、
これも具体的に役に立ったかは微妙なような。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 登録:2009/03/25 15:30:34
  • 終了:2009/03/31 11:19:17

回答(12件)

id:Gay_Yahng No.1

Gay_Yahng回答回数724ベストアンサー獲得回数262009/03/25 16:15:23

ポイント50pt

天体の観測により、天体の仕組みが分って、

人工衛星を打ち上げることができて、

通信、気象データ取得などの役に立っている。

 

id:nya---nya

うーーん。やっぱり微妙な感じです。

コメントにて歴についても頂きましたが、

(たしかにそうですけれども)

結局、人工衛星も歴も、必要だった知識としては、

「自転している、公転している」ぐらいでしょうか。

この知識が「天文学」という学問かどうかは微妙な・・・。

(たしかに天文学ですけれども)

2009/03/25 16:21:28
id:rsc96074 No.2

rsc回答回数4399ベストアンサー獲得回数4032009/03/25 16:20:31

ポイント50pt

 下記URLによると、どうやら、暦の計算や私たちの生活・心を豊かにし「文化」として楽しむことが出来ることで役に立っているようです。

 たとえば、未だに、日食に恐れおののいていたり、「天動説」を信じていたり、月に兎がいると信じていたら恥ずかしいですよね。これらは、確かに「文化」を高めるのに天文学が役に立っている例だと思います。

 個人的な意見ですが、何かの役に立つから価値があるというように何かに依存のではなく、天文学自体が面白くて価値がある気がします。(汗;

・見知らぬ世界に想いを馳せ : 天文学者はロマンティストか?

>2003年の火星大接近(現在も火星は中接近中。ふたご座のあたりに見えます)や、冥王星の惑星論争、流星群や日食・月食、さらにはブラックホールの謎や宇宙の始まり・果てはどうなっているのか。自分の生活には直接関係しないけれども、宇宙のことを考えるとワクワクする、謎に惹かれる。「宇宙ヤバイ」なんて言葉もある。宇宙・天文の話題が、私たちの生活・心を豊かにしていることは事実。七夕やお月見もそのひとつに数えられるだろう。宇宙・天文…科学そのものを「文化」として楽しむことが出来る。

>暦の計算なんて、地球が宇宙空間にあって、他の星との位置と公転が私たちの生活に関わってくる一番身近で、分かりやすい例だと思う。

http://thurayya65.exblog.jp/7216672/

・2009皆既日食in奄美 - 奄美市皆既日食 Special Site

http://www.city.amami.lg.jp/eclipse/

id:nya---nya

確かにそうですね。「文化」としては、確かにそうだと思います。

宇宙の果てがどうなっているのかは私も知りたいところです。

他惑星とか、小惑星とかも超興味あります。

ただ、ふと思ったんですね。

莫大な労力が投入されたあげく、

どう人類の役に立ったんだろうかなって。

なので、「(宇宙のことを知ることができたこと自体以外で)」なのです。

2009/03/25 16:25:21
id:frkw2004 No.3

ふるるP回答回数192ベストアンサー獲得回数212009/03/25 16:27:38

ポイント50pt

天文の運行を調べることは、季節の移り変わりを知ることであり、暦を作ることでもあります。

暦に関わることは天文学の一分野です。ほかの科学より桁外れに人類の役に立っています。

id:nya---nya

ありがとうございます。

確かに歴についてはそうですね。

2009/03/25 16:42:16
id:bg5551 No.4

bg5551回答回数1184ベストアンサー獲得回数802009/03/25 16:39:33

ポイント14pt

天文学を勉強したい、天文のことを知りたいと思っている人には

天文学というジャンルが成立して、学問と認められていること

がその人たちには役にたっているのでは。

また、たとえ今現在役に立っていなくても、もし、地球外生物(生命体)

が発見(現れたとき)に天文の知識が非常に役にたつのではないでしょうか。

id:nya---nya

はい。確かに将来的には、もしかすると、役に立ちます。

天文学者の役に立っているというのは、ちょっと人類の役に立っているわけではないですよねえ。

2009/03/25 16:43:15
id:meizhizi87 No.5

meizhizi87回答回数781ベストアンサー獲得回数142009/03/25 16:46:07

ポイント14pt

1299年、マルコポーロの航海天文学時代にさかのぼりますが、船旅で大洋のど真ん中で自らの位置と進路を決めるのに重要だったようです。天体観測から船の位置を決める天文航法の研究が始まりましたと載っています。

http://www.geocities.jp/milkyway_amanogawa/history.htm

id:lovespread13 No.6

capelito回答回数141ベストアンサー獲得回数152009/03/25 17:42:05

ポイント14pt

隕石の落下予測などはどうでしょうか。

現在、地球に接近する天体は直径数十メートルものから検出して軌道を確定できるようになっているそうです。

しかし、仮に衝突軌道に直径数km単位の隕石が見つかっても対処法はないそうですが…。

あとは、宇宙開発など将来的に役に立つのではないでしょうか。

id:nya---nya

観測(監視)はされていますね。

でも役に立っているかは、ちょっと微妙かも。

2009/03/25 19:53:45
id:pahoo No.7

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332009/03/25 19:12:03

ポイント50pt

磁気嵐の予報(宇宙天気予報)

太陽風の増減によって地球上には磁気嵐が起き、オーロラが見えたり、短波通信やGPS通信に障害が起きます。これを予測する宇宙天気予報というものがあります。


光速の有限性

レーマーは、木星の衛星を利用して、光速度の測定を行い、光の速度が有限であることが確かめられました。

今日のスーパーコンピュータは、各々のMPUに渡されるデータが遅延することがないよう、配線の長さも計算されています。これは、光を含む電磁波の速度が有限であることが影響しています。

id:nya---nya

ほーーーー。

これは役に立ってますね。ありがとうございます。

私の書いた、相対性理論がどうこうは、この高速の有限性の発見の勘違いかも。

2009/03/25 19:54:30
id:Hyperion64 No.8

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842009/03/25 20:52:16

ポイント50pt

天文学の観測で立証された一般相対性理論、水星の近日点移動なんかがそうですが、GPSの精度保証に今や

不可欠になっています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%9B%B8%E5%AF%B...

特殊相対論ではなくて、一般相対論が生活の役に立つところがスゴイです。

まだ、役に立ってはいませんが、役に立つかも知れず、役に立った時には既に打つ手がないのが、「カタリナ・スカイ・サーベイ」でしょう。地球に近接する小天体を常時観測しています。衝突するかもしれない天体を予測しているプロジェクトです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%8...

近年の地層学的研究によると小天体の地球との衝突は、かなりの頻度で起きているらしいです。

id:Mathusala No.9

サディア・ラボン回答回数259ベストアンサー獲得回数42009/03/25 21:36:32

ポイント14pt

一見星とは関係無さそうですが、

地図や天気予報も、人工衛星によって、

良いのが出来るようになりました。

id:saru7 No.10

saru7回答回数606ベストアンサー獲得回数132009/03/25 22:57:18

ポイント14pt

http://homepage2.nifty.com/nakazawa-yoh/sakusaku/4_1.htm

こちらにもあるように、宇宙の中のかけがえのない地球という視点から地球を見ることで環境問題への関心も高まり解決に繋がっていきます。

id:adlib No.11

adlib回答回数1933ベストアンサー獲得回数1182009/03/26 03:26:44

ポイント14pt

 

 前近代の人々 ~ 船には乗るが、飛行機が怖い ~

 

 地球が丸いことを知らないと、世界一周しても戻れない。

 地球を一周すると一日ずれることを知らないと、時差が計算できない。

 地球の大きさを知らないと、月や太陽との距離が計算できない。

 

 海流は、太陽との距離で、潮流は、月の引力で満ち引きする。

 地球は、遠心力によって太陽の周りを(自転しながら)公転している。

 月は地球の引力に、地球は太陽の遠心力に、しからば太陽は……?

 

── 妻が太陽で、ずっと同じ歩調で草の上を歩く。私は地球で妻の回

りを駆け足でまわる。ウィトゲンシュタインは、いちばんたいへんな月

の役を引き受けて、妻の回りを走ってまわった。ウィトゲンシュタイン

は、この遊びに熱中し、走りながらわれわれに大声で指示を与えた。

 そして、息が切れて目がまわり、くたばってしまった(十川 治江)。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1025186.html?ans_count_asc=2

 

 偉大な人々 ~ 疑問と実測と瞑想 ~

 

 偉い人は、めったに「知らない」と云わないので、信用がおけない。

 孔子が「五十にして、易学を学ぶべし」と述べたのは、天文学の知識

がないことを、みずから認めたとも解釈できる(述而第七 通百六十三)。

 

 伊能 忠敬は「五十にして」隠居している。翌年、江戸幕府天文方の、

高橋至時(当時三十二才)の門下生となる。五十六才(18000611)で、

蝦夷探検(第一次180日間)出立、《大日本沿海輿地全圖》を完成した。

 

── 有限の宇宙は(8つの断片が)連なりあって、無限の宇宙となる。

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20071024

 宇宙は丸いはずだ ~ フィールズ賞を辞退した男 ~

 

id:dusk95 No.12

黄昏九十五回答回数195ベストアンサー獲得回数432009/03/30 18:02:43

ポイント14pt

「天文学的数字」という表現

天文学的数字 - Google 検索

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%AD%...

  • id:SALINGER
    古代エジプト人がナイル川の氾濫時期を避けて種まきをする為に、天文学を使って暦を作ったので、
    天文学の発生は遡ると実用的な理由があったと考えられています。
  • id:rsc96074
     書き忘れていましたが、星座が古代の航海術に役に立ちました。
    ・1・4・3 古代の航海、航海術、そして船員
    >その航海では、すばるの星や牧人座の星をながめ、大熊星座の北斗七星を見張りながらの、18日間の航海となっている。
    http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/koekisi1/page014.html

  • id:nya---nya
    たしかに。方角もありましたね。
    うーん。しかし、天文学が役に立っているのが
    「自転、公転、星座(方角)」の知識というのは、
    あまりにも簡単な知識すぎないかと。
  • id:ele_dir
    これという回答が思いつきませんでしたのでコメントに。

    宇宙SF映画など宇宙に関する事にリアリティをあたえたり
    太陽風などの仕組みを研究することで、気象衛星の不具合を防止したり
    天体(スペースデブリ)の動きを観測することで、ISSでの事故を未然に防いだり
    隕石の衝突をあらかじめ予期し人類絶滅を未然に防ぐ
    黒点の変化とインフルエンザの関連?
    他の星を研究することで、太陽系の寿命を知り、将来を考える
    将来宇宙で活動する際の資源の調査

    まだ、未知の部分が大きいですが、
    ブラックホールの研究が進めば大型加速器の実験回数を減らせたり
    変わった物質が見つかれば新素材や新エネルギーの利用
    新しい粒子の発見など新しい通信方法の開発につながる
    などあるかもしれません

    考えれば考えるほど、これから役に立ちそうな学問という気がします。

    それでも、宇宙開発により培われた科学技術は様々な生活面で役に立っているため間接的にはかなり役に立っていそうです。
  • id:practicalscheme
    「方角の知識」を簡単なものだと思われているようですが、天文学に基づいた航法は「北極星が見えたからあっちが北」みたいなものよりもずっと精密なもので、大海原で自分の緯度と経度を正確に知ることができるものです。
    http://www.nexyzbb.ne.jp/~j_sunami76/fr_ichi_ten.html
    経度が一度ずれたら100km以上差が出ますから、島なら通り過ぎてしまうかもしれません。船にとっては死活問題ですね。
    で、緯度と経度を正確に知るには単に船から正確に星の位置を計測するだけではだめで、「何年何月何日の何時に、その星が正確にどこに見えるか」というのがわかっている必要があります。それは天文学の知識からあらかじめ計算されて表になっています。
  • id:rsc96074
     遠い将来、地球が住めなくなる前に、移住先を確保するために、今のうちから少しずつ準備しておく必要があるのかも。(汗;

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません