森ビルの「ヒルズ」計画に関する理念や思想や経緯についての詳しい説明を知りたいと思っています。よい資料をご教示ください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 登録:2009/03/30 16:39:50
  • 終了:2009/04/04 10:56:06

ベストアンサー

id:dusk95 No.3

黄昏九十五回答回数195ベストアンサー獲得回数432009/03/31 17:02:56

ポイント20pt

六本木ヒルズ・Roppngi Hills:ル・コルビュジエって、どんな人!?

http://www.roppongihills.com/jp/feature/vol067/index.html

ル・コルビュジェの本質とは?(PDFです。注意してください。)

http://www.itailab.se.shibaura-it.ac.jp/works/2003/arc_history20...

表参道ヒルズ見学会報告

http://www.tokorosawa-ag.co.jp/hpReport02/Report02.html

生誕120周年 「ル・コルビュジエ 建築とアート、その創造の軌跡」 - プレスリリース - Remixpoint

ル・コルビュジエの思想は、六本木ヒルズをつくりあげた森ビルの森稔社長にとって、都市観の原型ともなっており、今回の展覧会開催を記念して森氏の特別インタヴューも掲載しています。

http://www.remixpoint.co.jp/corporate/press/20070611-98.html

「ルネサンス型クリエイター」、ル・コルビュジエのすべて:日経ビジネスオンライン

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20070605/126430/

こんなところでしょうか。あまり多く挙げるのもどうかと思うので。

id:matsunaga

これはよい資料をありがとうございます。

特に「ル・コルビュジエ 建築とアート、その創造の軌跡」は見逃せませんね。早速購入します。

→4/3に到着。少々高い本ですが、内容は充実しまくりです。森ビル&ル・コルビュジエ問題についての基礎資料ですね。

2009/04/04 10:54:47

その他の回答(6件)

id:hijk05 No.1

hijk05回答回数1307ベストアンサー獲得回数232009/03/30 16:46:48

ポイント20pt

中古本で手に入ると思いますが、この本が詳しいです。

新建築 2006年 05月号 [雑誌]
B000FEBRH6

id:matsunaga

ありがとうございます。早速注文してみます。

2009/03/30 19:08:27
id:afurokun No.2

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/03/30 16:52:51

ポイント20pt

開発経緯

http://www.mori.co.jp/projects/roppongi/background03_7.html

いかがでしょうか。

id:matsunaga

ありがとうございます。特に、同じサイトの

Vertical Garden City とは|森ビルの都市づくり|森ビル株式会社 - MORI Building

森ビルの都市づくり|森ビルの都市づくり|森ビル株式会社 - MORI Building

あたりが参考になります(理念・思想的な部分に特に興味があります)。

他のところで、「ル・コルビュジエの思想」がヒルズ建設に大きな影響を与えているともいいます。具体的にどのようにどんなところにル・コルビュジエの思想が受け継がれているのか、ということを知りたいと思っています。

2009/03/30 19:13:42
id:dusk95 No.3

黄昏九十五回答回数195ベストアンサー獲得回数432009/03/31 17:02:56ここでベストアンサー

ポイント20pt

六本木ヒルズ・Roppngi Hills:ル・コルビュジエって、どんな人!?

http://www.roppongihills.com/jp/feature/vol067/index.html

ル・コルビュジェの本質とは?(PDFです。注意してください。)

http://www.itailab.se.shibaura-it.ac.jp/works/2003/arc_history20...

表参道ヒルズ見学会報告

http://www.tokorosawa-ag.co.jp/hpReport02/Report02.html

生誕120周年 「ル・コルビュジエ 建築とアート、その創造の軌跡」 - プレスリリース - Remixpoint

ル・コルビュジエの思想は、六本木ヒルズをつくりあげた森ビルの森稔社長にとって、都市観の原型ともなっており、今回の展覧会開催を記念して森氏の特別インタヴューも掲載しています。

http://www.remixpoint.co.jp/corporate/press/20070611-98.html

「ルネサンス型クリエイター」、ル・コルビュジエのすべて:日経ビジネスオンライン

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20070605/126430/

こんなところでしょうか。あまり多く挙げるのもどうかと思うので。

id:matsunaga

これはよい資料をありがとうございます。

特に「ル・コルビュジエ 建築とアート、その創造の軌跡」は見逃せませんね。早速購入します。

→4/3に到着。少々高い本ですが、内容は充実しまくりです。森ビル&ル・コルビュジエ問題についての基礎資料ですね。

2009/04/04 10:54:47
id:dusk95 No.4

黄昏九十五回答回数195ベストアンサー獲得回数432009/03/31 17:15:59

ポイント20pt

自滅する地方 ~森稔の夢、ル・コルビュジエの幻~ - シートン俗物記

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20080129/1201596049

in 『ル・コルビュジエ』展 @森美術館 - MORITA in Cyberland - 楽天ブログ(Blog)

コルビュジエの絵画作品は、日本に結構あり、

新宿にあるギャルリー・タイセイ(大成建設)や、

アークヒルズクラブ(というか森ビル社長)が所有されている、とのこと。

前述の「Casa」は、ヒルズ完成前の発刊なので、森美術館の開館を見据え、

「(森アートセンターで)いつか大規模なコルビュジエ展が開かれる可能性に期待したい」

とあります。この「予言」が実現したわけですね。

http://plaza.rakuten.co.jp/mrtk5blog/diary/200707260000/

Amazon.co.jp: ル・コルビュジェ DVD-BOX: ル・コルビュジェ: DVD

※先頃、表参道ヒルズを完成させた現代日本を代表する建築家・安藤忠雄氏もコルビュジエを<心の師>と仰ぎ、『ル・コルビュジエの勇気ある住宅』(新潮社 とんぼの本)を出版!!

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%...

asahi.com(朝日新聞社):就職・転職ニュース

その頃、心惹かれた建築家がル・コルビュジエです。彼の建築を一目観ようと欧州を訪ねましたが、彼の思想も建築も全く評価されておらず、失望して戻りました。しかし、次に訪ねた米国では、コルビュジエの提唱する近代的で合理的なビルが主流になっており、大いに勇気づけられました。

http://www.asakyu.com/column/?id=429

以上です。よい資料があればいいのですが。

id:matsunaga

最初のブログの記事も示唆的ですね。等身大の街と、ル・コルビュジェ/ヒルズ的な輝く都市思想の対比は参考になります。

2009/03/31 20:08:04
id:dusk95 No.5

黄昏九十五回答回数195ベストアンサー獲得回数432009/03/31 20:35:26

ポイント20pt

Ryu2Republic -小山龍介 ブログ-: 安藤忠雄講演会「美しい風景をつくる」

渋谷区民会館は前川國男先生がつくられたわけですが、卒業後すぐに、コルビジュエの事務所を目指してヨーロッパに渡られます。

http://www.ryu2republic.jp/ryu2republic/2005/11/post-fe07.html

安藤忠雄 - Wikipedia

安藤に保護され、事務所で飼っていた迷子の子犬を、ル・コルビュジエにあやかりコルと名づけたことがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E5%BF%A0%E9%9B%8...

株式会社マガジンハウス : コルビュジエを知らない人、友だちにできますか? 祝生誕120年。「ル・コルビュジエ」は、この夏の宿題です。世界の建築・デザイン界に最大の影響を与えた、ル・コルビュジエの教科書。 そして、なんと!東国原知事がカーサに登場!諸国名産ガイドも! 雑誌『カーサ ブルータス』7月10日発売の内容です。 : News2u.net

建築家の「安藤忠雄」「青木淳」現代美術作家の「杉本博司」、森ビル社長の「森稔」、デザイナーの「パトリシア・ウルキオラ」、コルビュジエ財団理事長などなど。世界中の著名人が、巨匠への想い、MYベスト建築など、「私のル・コルビュジエ」を語ります。また、パリを拠点に、コルビュジエ生誕地スイス~最期の地、南仏カップ・マルタンまで、コルビュジエ建築24スポットを巡る「旅ガイド」も掲載。今年のヴァカンスのお供に最適です。

http://www.news2u.net/NRR200719883.html

「ライター」のかたに、たいして、検索して、回答するというのは、なんだかおこがましいと思いますが。

id:matsunaga

いろいろと参考になります。ありがとうございます。

2009/03/31 20:53:37
id:dusk95 No.6

黄昏九十五回答回数195ベストアンサー獲得回数432009/03/31 20:48:17

ポイント20pt

ニッポンの社長 汐留リーダーズEYE: 森ビル・森稔社長に聞く

それだけでも、もちろんすごいんですが、私・タカミンスキーとしては、むしろ森社長の経営理念に、より深く共鳴しました。それは、「建物はなるべく高層化して、その分、地面をグリーンに返そう」という考え方です。これはトータルな意味で、環境に配慮する概念で、日本のような国土狭隘(きょうあい)な国では、より一層、説得力を持ちますよね。近代建築の祖「ル・コルビュジェ」の理念でもあるそうですが、狭い平屋住宅だけあっても、どうにもならないわけです。「空間の究極の効率化」です。

http://www1.news24.jp/blog/eye/2007/10/post_70.html

森アートコレクションについて(PDFです。注意してください。)

また、森 稔により収集されたル・コルビュジェ. のコレクションも本コレクションの一部となります。

http://www.moriart.org/contents/press/collection_060927_j.pdf

人力検索のシステムが、長い回答の入力をあまり想定していないと思うので、このへんで。

コメントがつけられないので、次で最後になります。

検索の結果、わたし自身が、森稔と安藤忠雄とル・コルビュジェについて、なにか書けるかもしれない、と思うようになってきました。

id:matsunaga

「森稔と安藤忠雄とル・コルビュジェ」の考え方は一つの解決だとは思いますが、すべての街にそれを当てはめてほしくはないと思います。たとえば下北沢や高円寺や阿佐ヶ谷には、ル・コルビュジェもヒルズも必要ないのではないかと思います。

2009/03/31 20:55:24
id:dusk95 No.7

黄昏九十五回答回数195ベストアンサー獲得回数432009/03/31 21:00:53

ポイント20pt

建築基準法の集団規定をめぐる新たな問題

―性能規定の導入論について

                   片方信也(日本福祉大学教授・関西支所理事長)

また、超高層建築物による複合的な市街地で都市機能を再編することを企図している。審議会などのこの発想はオリジナルではなく、かつてル・コルビュジエが提唱した「輝く都市」に端を発する。この構想は、床版を積み重ねてできる高層住宅をメガストラクチャーとして配置することを特徴とするが、森ビルのプロジェクトはその焼き直しにすぎない。

 いまその発想が頭をもたげてきたのはなぜか。それは、かつてル・コルビュジエが「太陽・空間・緑」を取り入れる複合的メガストラクチャ-の構想で都市構造再編の「旗手」のような役割をまとっていたように、首都圏などでの超高層ビル街の出現が都市再生のイメージをふりまくのに好都合と考えられているからである。どちらも巨大建築物による空間づくりを権威化しようとするところは昔も今も変わらない。

 森氏は、高層ビル群を「空を利用した自由時間都市」の実現と標榜しているが、これがあらたなメガストラクチャ-構想の装いとなっている。

http://homepage3.nifty.com/kenseiken-kansai/syutyou02-07.html

就活ダイヤモンド-今週のClose Up to the『週刊ダイヤモンド』

――人類の歴史は都市づくりの歴史でもあります。古今東西の都市のなかで関心のあるものはありますか。

森 スイスのル・コルビュジエ(1887~1965)が、建物を高層化し、一方で大地は緑に返すといった街づくりを提案したことに、私はある種の共感を持ってきました。原理原則だけの都市づくりでは生きた街になりませんが、日本はあまりに行当りばったりで、都市環境を悪化させた典型です。まずはグランドデザインを描き、計画を作っていく必要がありますが、結局それはわれわれ自身がやらないといけない。日本の既成市街地では、都市計画自体を変えなければできませんから。

http://www.arukikata.ne.jp/daigaku-net/news_50.html

コメントがつけられないので、以上になります。

「森稔と安藤忠雄とル・コルビュジエ」について、興味がわいてきたので、ネット上に存在する情報のみで、なにか書くかもしれませんが、

どんなものでも「ライター」さんにかないやしない、と思っております。

どのようなかたちで発表なされるのか、そもそも発表なされるのか、わかりませんが、成果を期待しております。それでは。

id:matsunaga

メガストラクチャー構想は非常に興味深いですね。

dusk95さんがまとめられたら、ぜひお読みしたいと思います。

ちなみに、メルマガにてこのような話題を扱うと思います。今のところ、記事や書籍になる予定はありませんが。

http://www.kotono8.com/wiki/MMGL

2009/03/31 21:41:18

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません