インスリン抵抗性と高尿酸血症について

以前からその相関については指摘がありましたが
病態機序について、情報をお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/04/03 15:33:50
  • 終了:2009/04/10 10:16:25

回答(2件)

id:afurokun No.1

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/04/03 16:59:15

ポイント28pt

カロリーの摂取過剰や運動不足により肥満になると一般にインスリンが効きにくい状態になり、血中のインスリン値が上昇し、糖尿病や高脂血症や高血圧症を発症しやすくなり、さらには心臓などに動脈硬化症を起こしやすくなります。このような病態をインスリン抵抗性症候群もしくはメタボリックシンドロームと呼んでいます

http://lipid.umin.ne.jp/

id:MANGAMEGAMONDO No.2

apo回答回数29ベストアンサー獲得回数12009/04/06 02:37:51

ポイント42pt

対象者がわかりませんが、

ワムネット>医療>医療法・制度改革>医療制度改革>資料10:学習教材集(暫定版)に掲載されている

「資料2:自分の体の中で何が起こっているかを知る」のPDFファイル:20060713siryou2-B-9~B-16.pdfにある、

B-10の図が誰でもわかりやすいと思います。ほかに

 

もっと高度な情報をお求めでしたらすみません。

id:puppetmaster2501

ありがとうございます。

参考にさせて頂きます。

2009/04/07 11:38:21
  • id:puppetmaster2501
    メモ

    中島 弘,高尿酸血症:なぜリスクファクターと考えるか,治療,vol86,111-118,2004.
    P116にわかりやすい図

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません